売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ディズニー日本法人、キャラクター使用権と広告枠を一括販売

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「経営を安定させたい」


もし、あなたがそう思うのなら、
次の記事が役に立つはずだ。


本日3月16日の日経新聞からあなたのビジネスの売上、
利益増大につながる記事を見てみたい。


「ディズニー日本法人、キャラクター使用権と広告枠を一括販売

米ウォルト・ディズニーの日本法人は、自社で運営するCSの
専門チャンネルやインターネット媒体の広告枠とキャラクター
使用権を複数年契約で一括販売する。
国内で一業種1社を原則に広告・宣伝パートナーを募集する。
広告市場が冷え込む中、長期安定のスポンサーを確保する狙いだ。

ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京・目黒)が月内に専門の
営業組織「プロモーショナル・ライセンス&アド・スポンサーシ
ップ部(PLAS)」を新設、提案活動を始める。

広告パートナーは自動車、金融など一業種に1社とし大手企業10社
程度との契約を目指す。」
参考:NIKKEI NET



本日の朝刊1面に掲載されていた記事だ。


それではいつものように記事を理解しやすく、
まとめたい。


●企業:米ウォルト・ディズニーの日本法人

●製品/サービス:自社で運営するCS専門チャンネルやインターネット媒体
の広告枠とキャラクター使用権を複数年契約

●販売チャネル:専門の営業組織「プロモーショナル・ライセンス&アド・
スポンサーシップ部(PLAS)」を新設、提案活動

●顧客:一業種に1社


現在、広告市場は冷え込んでいる。
現在、6兆円規模と言われている広告市場。


その市場は、現在の不況の影響を受け、冷え込んでいるのだ。


ただ、この状況はあなたの業界も同様かもしれない。


市場は成熟。さらにその市場は不況の影響を受けている。
そのような市場ばかりだ。


この状況下で、有効な手段の1つが定期契約だ。
今回の記事で言う、複数年契約だ。


あなたのビジネスで、
顧客に定期契約を提案しているだろうか?


1回販売して、終了。
このようなビジネスでは、安定することはない。
その後、顧客に購入していただくために再度販売活動が必要になる。


取引回数を多くすることで経営は安定するのだ。
だからこそ、ビジネスを安定させるためにも、顧客に1度の販売機会で
長期の取引回数、つまり定期契約を提案するのだ。


顧客との接点の中で定期契約を提案する。
それによって、売上が落ちることはない。
顧客があなたの商品を購入しようという時であれば、それに対する怒りを
感じる顧客はいないはずだ。


それによって、驚異的に安定してくる。
ぜひ、スタートしていないのであれば、実施してもらいたい。


本ブログでは日経新聞の記事などから、あなたのビジネスの売上、利益が
上がるヒントを提供している。
記事だけを読むのも良いし、コメントを読むだけでも良い。
あなたのビジネスが反映することを願っています。


★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/03/16 13:31 ] ディズニー | TB(0) | CM(0)

最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話の広告分析

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング

「読んだ人の96%が泣いた」

2009年4月18日の日経朝刊2面に広告が掲載されている。
(新聞があれば、それを見ながら読んでもらいたい)
50万部売れている書籍の広告だ。


「本が良いから、売れているのだろう。」


そう簡単に物事を捉えないでもらいたい。
書籍は発売された瞬間。その瞬間は多くの人は読んでいないのだ。


あなたがこの本を買う場合。
あなたはこの本を買わない限り、この本が良いかどうかは分からない。


多くは他人の評価。広告、記事。本の表紙や目次での判断だ。
要は実体とは違うところで判断する。その意味で広告は重要な要素だ。


さすがに50万部突破した書籍の広告。
完成度は高い。


「読んだ人の96%が泣いた」

このコピーで始まる。
以前、書いたが「数字」を活用している。
しかも、90%などではなく、96%と具体的な数字を出している。
数字の活用により、信頼性を向上させている。


さらに、第3者の評価の活用だ。
顧客の声を活用している企業は少しは増えてきている。
だが、使い方が今イチだ。


この広告は人々が信頼するであろう立場の人。
信頼のおける人を選んでいる。
まずは、東京ディズニーランドの元キャスト。
彼を出すことにより、実体と書籍の中身が食い違っていないと暗に示しているのだろう。
さらに、書籍に関するベテランだ。本屋や書店の仕入れ担当の2人の声を掲載している。
(要は専門家でさえ、泣くということを書いているのだ。)

私なら、専門性の高い「キャスト」「本屋の店員」に加え、さらに読者と同じ立場の人の声を掲載するだろうが。。良い人選だとは思う。


さらに声の中身も厳選されている。
声は3つ掲載されている。


「一気に読み終わり、涙が止まりませんでした」
「絶対に泣いてしまうので、立ち読みをしないでください」
「書籍案内を受けている時から泣けてきた」



ここに共通するのは何か?


「泣く」ということだ。


一番上の声は「涙」としているが、「泣く」という意味の言葉が全ての声に含まれている。
この3人の証言(評価)が、冒頭の「96%が泣いた」というコピーをガッチリと支えているのだ。


そして、ダメ押しが、左側にある本の抜粋。
この内容は事実泣ける内容。
経済不況やストレスの中で疲れている人々に確実に訴える広告だ。


計算されたように、広告が出来ている。
レスポンスがとれる広告としての要素を比較的おさえている広告。


あなたが広告を展開しているのであれば、ぜひ参考にしてもらいたい。
(こう分析をしていると、私のことを非人間的だと思われるかもしれない。だが、私は泣き上戸だと思う。こんな分析はせず、通常は泣きながら読むのだと思う。)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング

[ 2009/04/18 15:51 ] ディズニー | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。