売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユニー・イズミヤ・フジが共通PB

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


今回、お伝えすることは企業の規模は関係ない。
ビジネスのスタートをしたばかりの方にも、
もちろん、企業が順調に成長している方にも役立つはずだ。


まずは、本日の日経の記事を読んでもらいたい。


『ユニー・イズミヤ・フジが共通PB

ユニーとイズミヤは16日、四国を地盤とするスーパーのフジを
合わせた3社で共通プライベートブランド(PB=自主企画)商品
を開発すると発表した。

ユニーとイズミヤは商品の共同仕入れで提携しており、フジも
巻き込んでメーカー品より割安なPBを広い地域で供給。

イオン、セブン&アイ・ホールディングスの二強に対抗する。

共通PBは9月から順次、食品90品目、日用雑貨10品目の計100品目
を開発する。割安感を重視し、3社合わせた全約400店で販売する。
原則、各社の独自PBは残したまま、商品によって共通PBと使い
分ける。包装資材なども共同調達する。

3社はメーカー品の共同仕入れでも協力する。』
参考:日経ネット



いつものように要点をまとめてみよう。


企業:ユニー・イズミヤ・フジ
商品:共通PB。食品90品目、日用雑貨10品目の計100品目
各社の独自PBは残したまま、商品によって共通PBと使い分ける
店舗:3社合わせた全約400店
コスト:包装資材なども共同調達し、低コストを図る。


今回のポイントは何か?
ご存知のとおり、ジョイントベンチャーだ。
複数の企業で、それぞれの強みを活かし、互いにプラスの結果を生みだすという
もの



小さな規模のものであれば、メルマガの相互紹介なども同様だ。
AさんのメルマガでBさんを紹介する。
BさんのメルマガでAさんを紹介する。
こうして、読者を増大させていくのだ。


ジョイントベンチャーというと、
規模の大きいものばかりでないことを理解していただけただろう。
個人レベルの世界でも急成長するものには、頻繁に活用されている。


特に小規模のビジネスを急成長させるためには、
ジョイントベンチャーは非常に有効だ。


話を記事に戻そう。
低価格戦略は「規模」が前提だ。
そのため、イオンやセブン&アイなど大手が有利なのだ。
圧倒的な規模、そして低コストで購買していく。
膨大な規模で購買するからこそ、低コストが実現するのだ。


今回の話では、それぞれの企業でその規模を購買することは
不可能だ。


そこでのアクションが上記の記事だ。
それぞれの強みを活かしつつ、
業界トップクラスの低コストを実現させる。


単に提携し、
マーケットがかぶるわけではない。


ユニーは中部。
イズミヤは関西。
フジは四国。


地域での差別化、強みは活かしている。
大手企業の強みも実現させる。


これにより、購買力・商品力・コストを実現させていく。


さらに良い点は、
この3社が成功すれば、その後、他の企業も本提携に参加するだろう。
提携する企業数が増えることで、規模は拡大していく。
もちろん、各参画企業の差別化を同時に実現させる必要はあるが。。


あなたのビジネスがどれほど小規模であっても、
ジョイントベンチャーは選択肢の1つとして考えてもらいたい。


あなたのビジネスが成功するための1つのアクションプランとして、
何ができるかを考えてもらいたい。


本ブログでは日経新聞の記事などから、あなたのビジネスの売上、利益が
上がるヒントを提供している。
記事だけを読むのも良いし、コメントを読むだけでも良い。
あなたのビジネスが反映することを願っています。


★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/03/17 11:44 ] ユニー・イズミヤ・フジ | TB(0) | CM(2)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。