売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カーシェアリング 普及加速

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


あなたのビジネスは不況に対応できているか?


最近の新聞はとにかく「不況」一色。


今朝の日経朝刊に掲載されている雑誌広告も、不況のことばかりにフォーカスされている。


ただ、時々「不況こそチャンス」などという記事もある。


個人的には後者の方が好きだ。


「不況だ」と言っていても、何の前進にもならない。


ただ、「不況こそ、ピンチ」と言っても具体的にどのようにすれば良いか分らない方も多いだろう。


今日、ご紹介する記事はその1つの方法だ。
まずは記事を読んでもらいたい。



「カーシェア、普及加速 パーク24、マツダレンタカーを買収

大手企業が相次ぎ、車を複数の会員が共同利用する「カーシェアリング事業」に
乗り出す。駐車場最大手のパーク24はレンタカー大手のマツダレンタカー(広島市)を今月中にも買収。全国約8600カ所に持つ駐車場を活用して同事業に参入する。

三井物産やオリックスなども同事業を大幅に拡充。
5年後には国内で稼働するカーシェア用の車両が1万台規模に膨らむ見通しだ。

新しい都市型の交通システムとして定着することで、「所有」から「利用」へと車の使い方の転換が進みそうだ。」参考:日経ネット



不況になったことは事実だ。


景気悪化であることは避けようのない事実だ。
それ自体は否定すべきものではない。


問題はその中でどうするかということ。


景気悪化により、顧客ニーズは変革する。

あなたは自分のビジネスの顧客がどのように変革したのか、理解しているだろうか?


今回の記事。
景気悪化を受け、個人や企業の節約志向が強まっていること。
加えて、消費者のクルマ離れから検討されたビジネスだ。


既存の「駐車場」にカーシェアリングのサービスを加えることにより、現在の景気悪化にマッチしたビジネスモデルにした。


結果はもちろん分からない。


ただ顧客ニーズの変化に対応し、自社の経営資源を有効に活用したよく検討されたビジネスだと思われる。


あなたも検討してみてもらいたい。
・あなたの顧客ニーズは変わっていないだろうか?
・また、それに対して、自社の経営資源を有効に活用することで対応することはできないだろうか?



まずは、考えてもらいたい。
不況を乗り越えるヒントが見つかるはずだ。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/03/23 18:19 ] パーク24 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。