売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大成建設 「野菜工場」参入

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「新しい分野に参入する。」


もし、あなたが新しいビジネス、新しい分野に参入すると考えているのなら。
よく、考えてほしい。


「やってみなければ分からない」


そう思うのだろう。
その通りだ。ただし、やる前に検討することで、失敗する確率は大幅に減らすことができる。


やる前に検討できるところは徹底的に検討してもらいたい。
そんなあなたなら、今回の記事は参考になるはずだ。


大成建設が「野菜工場」に参入する。
まずは記事を読んでもらいたい。




「「野菜工場」参入広がる 大成建設、遊休工場を転用
製造業の生産管理技術を使って野菜を量産する「野菜工場」ビジネスが広がり始めた。
大成建設はメーカー向けに遊休工場を野菜工場に転用する事業を開始。
徹底した生産管理で食の安全性を高められるほか、食料不足に悩む海外でも注目を集めている。
成長分野ととらえて参入する動きが、産業界でさらに拡大しそうだ。
野菜工場はLED照明や養液の供給システムを自動管理し、レタスなどを季節などに関係なく安定生産する設備。
大成建設は食品工場の建設技術に加え、農業ベンチャーのグランパ(横浜市)に資本参加して野菜の栽培ノウハウなどを習得した。」
参考:日経ネット





「大成建設が農業?」


これからスタートする事業だ。
当然、成果が出るかはまだ分からない。


ただし、成功確率は高いだろう。


まず、工場を提供する自動車や電機関連メーカー。
不況により、大規模な減産。


何も生み出さない遊休工場がある。
それであれば、余剰設備の転用を考える可能性は十分にある。


実際、事前調査を実施したところ、既に20社からの引き合いがあったということ。
(ここは重要だ。
実際に新規ビジネスをする前にはテストマーケティングを確実にしてもらいたい)


「農業のノウハウはあるのか?」


私は「全く違う分野をやりたい」という経営者の声にはいつもストップをかける。
基本的には事業はフォーカスするのが重要と考えている。


ただし、自社の事業が成熟期に入っている場合、次の手を早急に模索する必要がある。
その時、考えるのは。現在取り組んでいるビジネスに新しい「成長分野」のビジネスを組み合わせること


大成建設も同様だ。
この「農業参入」は完全に現ビジネスと異なるものではない。


具体的には大成建設の食品工場の建設技術(既存技術)に、成長分野である「農業」を加える。
建設技術は既存技術。自信を持って対応できる分野だ。
そして、「農業」分野。これについては、農業ベンチャーのグランパに資本参加した実績があり、野菜栽培ノウハウを習得してきている。


現在、農業人口は高齢化。
農業人口は減少が一層加速するはずだろう。


さらに、野菜工場で扱える生産物が多くなっている。要はチャンスがあるということだ。
従来は工場生産はモヤシやキノコ類などに限られていた。
それが生産技術改善により、トマト、イチゴ、レタスも生産できるらしい。
さらに通常の農地で2期作が限界の中、野菜工場は品質を落とさず、連続生産が可能になる。


消費者の食の安全への意識が高まる中、遊休工場を使ってのビジネス。
成功確率は高い。
ただし、それでもビジネスが成功しない場合の撤退するリスクは検討すべきだ


ファーストリテイリングの柳井氏ではないが、ビジネスは1勝9敗。
何が起こるか分らないのだから。


ぜひ、参考にしてもらいたい。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/04/03 23:42 ] 大成建設 | TB(0) | CM(0)

大成建や竹中工務店、ビル全面改修を開拓!?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「顧客は誰か?」


私が見てきた業界。
その中には2つの顧客が存在するようなところも珍しくない。
今日はそれについて話をしたい。


例えば、ある業界では、目の前の「顧客」の販売代理店。
さらにその先にある実際に商品を購入する「顧客」。
このように2種類の顧客が存在するのだ。


そうした業界の企業のミーティングでは「顧客ニーズ」という言葉自体が「誰」のニーズを表すものなのかが議論になったりする。


誰かが「顧客ニーズが高いので」と言う。
すると、「それは誰のこと?販売代理店?それとも、実際に商品を購入する人のこと?」という意見が出てくる。


しまいには。


「販売代理店の方を重視すべきだ。」
「いや、実際に商品を購入する顧客の方を重視すべきだ」
と、優先順位さえ明確ではない。



特に目の前の顧客が販売店の場合、販売店の方にばかり意識が向かいがちだ。
理由は目の前の顧客だからだ。


結果的には販売店の先にある顧客こそがお金を払うのに、販売店が目の前の顧客であるため、そこに集中しまうのだ。


広告代理店なども似たようなものだ。


クライアントと言われる広告主。
いわゆる顧客だ。


そして、その先にいるもう1つの顧客。
それがクライアントの顧客だ。


広告を見て、反応するのはクライアントの顧客。
しかし、目の前にいる顧客で広告費を支払ってくれるのはクライアントであるため、彼らの言葉を最重視してしまう。


まあ、この場合は広告という商品にお金を払ってくれるのは広告主であるので、まだ広告主を重視してしまうことがあるのは理解できるが、広告を見る人のことも同じように重視すべきだ。


絶対にやめてほしいのは2つの顧客が存在する場合、目の前の顧客を見るだけではダメだ。
顧客の顧客を満足させることが、最終的には目の前の顧客を満足させることにもつながるからだ。


オフィスビル(テナントビル)。


これもある意味では同じような問題がある。
ビルの所有者と、それを借りる使用者。それぞれのニーズがある。
この場合、2つのニーズを考えてほしい。


ビル所有者の最大の目的は賃料を得ること。


但し、問題がある。
年々ビルは古くなる。
老朽化していくビルは、空室になる確率が高まってくる。


そのため、何らかの手を打つ必要がある。
その時、重要なのが使用者ニーズだ。


一方の使用者のニーズは何だろうか?


目的は低い賃料ももちろんだが、ランニングコストとしての省エネ。
安全性としての耐震、今後の高齢化や障害者の方のためのバリアフリー、そしてIT化が進む中でそれに対応可能なビルであることなど。
そのようなニーズも高まってくるだろう。


使用者のニーズに合致したものでなければ、単に老朽化していくビルは空室になる確率が高まる。


ビルの所有者と使用者の2つのニーズを満足させるものを提供することは商品価値を高めることにつながる。
その意味では、今回の記事は面白い。
(ただし、初期投資がどれほどになるのかが問題だ。)
「大成建や竹中工務店、ビル全面改修を開拓 省エネ・耐震など一括
大成建設や竹中工務店など大手ゼネコン(総合建設会社)が省エネルギー化、耐震補強などを含む全面的なビル改修事業に取り組む。
専門の営業部隊を組織し、年内にも相次ぎ受注活動を始める。
日本の建設業界は従来、新築を重視し、売上高に占める改修の割合は25%で欧州の4割強に比べ低い。
公共工事の見直しや景気低迷で新築需要が減り、顧客の環境意識も高まる中、改修事業に生き残りの道を探る。」
引用:日経ネット 2009年10月13日



あなたの顧客は誰だろうか?


もし、複数存在するのであれば、それぞれのニーズを考えてほしい。


そして、それらを満たすことでより商品価値を高めることにつながる可能性が高い。


※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/10/13 13:51 ] 大成建設 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。