売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ユニクロ」中国ネット通販の方法

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「知名度がなくても大丈夫か?」


数年前、ある企業がダイレクトマーケティングを展開した。
まだまだ知名度のない商品を販売しはじめたのだ。


その企業。
新聞広告を展開しても、反応は悪かった。
多額のコストを投下しても、顧客の反応は乏しかった。


ろくにダイレクトマーケティングを知らないまま展開したのだ。
そのため、プロモーション効率は厳しいのも無理はない。
だが、そこからさらに大変だったのだ。


「まだまだ訴求が足りない。認知率が不足していますね。」


誰が言ったのだろうか。
その広告に関わった関係者、担当者、広告代理店など。


皆、その言葉を真に受け、プロモーションを継続した。


結果、失敗に終わった。


だが、もう1社同様の企業があった。
その企業は私のよく知っている企業。


認知されていない商品を扱っているのは同様だ。
現在、その企業の商品はターゲットの間ではある程度の認知がある。
だが、当時は悲惨な状況だったと思う。
(その時の認知率などは覚えていないけど)


そして、その企業はあることをしたことで成功に進んで行った。
私がクライアントにお薦めする方法の中で必ず考えるものだ。


それが今回の記事だ。


「ファストリ、「ユニクロ」中国でネット通販 アリババと連携
カジュアル衣料品専門店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングは中国の電子商取引(EC)大手アリババグループと組み、16日から中国全土でユニクロ衣料のインターネット通販に乗り出す。
中国での知名度不足を現地有力企業との連携で補い、販売の早期拡大とブランド浸透を狙う。
ファストリは2002年に中国に進出したが、知名度不足もあり、店舗数は香港を合わせて33店にとどまる。
同社はネット上で高い集客力があるアリババと組み、早期の販売拡大とブランド浸透が可能になると判断した。」
引用:日本経済新聞2009年4月7日及び日経ネット



何をファーストリテイリングはやろうとしているのか?


この答えは分かるだろうか?
答えを深く理解してもらいたい。


記事の後半にあるように、2002年に中国に進出したのだ。
だが、知名度不足だった。そこで大きな痛みを受けたのだ。


そして、その痛みを受けた後、今回の展開だ。
何が違うかは分かるはずだ。
知名度のある企業。今回の記事では大手アリババグループとの「ジョイントベンチャー」だ。


これにより、高い集客力、早期の販売拡大、ブランド浸透を狙っていく。


これはファーストリテイリングだから可能なのではない。
中小企業の経営者、個人事業主、ビジネスマンのあなたでも可能な方法だ。


ジョイントベンチャーの驚異的効果


この提携のことを「ジョイントベンチャー」と言う。
広告であれば、失敗に終われば、多額の広告費は無駄に終わる。
(もちろん、その失敗から何かをつかむようにしていれば、完全な無駄というわけではないが。)


だが、この「ジョイントベンチャー」は違う。
スタートの段階で資金を必要とはしないのだ。
そして、顧客を持っている提携先企業のブランド、マーケット、販売手段を活用することも可能だ。


あなたの企業が中小企業であっても怯むことはない。
提携先企業のブランド力を活用することができるのだから。


あなたが素晴らしい商品を提供すれば良い。
集客から販売まで何もかもする必要はないのだ。
顧客を持つ企業にその商品を販売してもらう。
当然、顧客はその企業をよく知っている。
そのため、あなたの素晴らしい商品の購入率は極めて高くなるのだ。


さらに、提携の方法を考えれば、成果保証の方式をとることも可能だ。


あなたの企業を成功に導くためにも、ジョイントベンチャーを検討してもらいたい。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/04/07 13:27 ] ファーストリテイリング | TB(0) | CM(0)

ユニクロ、売上高・営業益 最高更新

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「この不況下、売上高、営業利益とも過去最高」


現在、私は六本木の近くに住んでいるが。。


5年ほど前は、東京都内のある街に住んでいた。
(比較的住みやすい街。今でも好きな街だ。)


駅の近くには休日になると人ゴミでいっぱいの店があった。


それが「ユニクロ」。
駅ビルの2階にあったのだが、とにかく混んでいた。
会計を済ませるのに非常に時間がかかったことを覚えている。


あの頃、私は柳井社長は好きではなかった。
私の周りの友人達がファンが多かったからかもしれないが、私自身は好きになれなかった。
(少し、天の邪鬼のところがあるので。。)


だが、やはりスゴい。


まずは、記事を紹介したい。


『ユニクロ、売上高・営業益ともに最高を更新
「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、激しい不況下でも好決算を続けている。
9日発表した09年2月中間決算は、売上高が前年同期比13%増の3574億円、営業利益は28.7%増の698億円で、ともに過去最高を更新した。
アジアを中心に出店攻勢をかける。』
引用:朝日新聞 2009年4月9日



売上高、営業益ともに最高を更新


この厳しい不況下。
売上高、営業益ともに最高を更新した。


この数字。
2001年のフリースブームで躍進した時以上の過去最高の記録らしい。


柳井会長兼社長は静かな口調だが、自信のある様子で、「圧倒的なNO.1を目指す」と語っていた。



何度も言うが。。


ファーストリテイリングのビジネスの中心にあるのは圧倒的な魅力の「商品」だ。


大人気のフリースが売れなくなった時、周囲の人間は言っていた。


「フリースが売れなくなったら、ユニクロも終わりだな。」


そう言っていたのだ。
確かに、途中厳しい状況があった。


だが、「フリース」そして「ヒートテック」、さらに「ジーンズ」と人気商品を創造してきた。


顧客の強いニーズ。
それに合致した低価格の商品を提供する。
その商品を集客商品として活用し、その他の商品も販売する。
結果、顧客単価を上げていくのだ。


あれだけ、大きくなると、その辺りがブレてきてもおかしくないが、決してブレない。


いずれにしても凄い。
これからも、ファーストリテイリングのビジネスをこのブログで取り上げていきたい。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング






[ 2009/04/10 07:00 ] ファーストリテイリング | TB(0) | CM(0)

ユニクロのTシャツを買いますか?

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「あなたはユニクロでデザインTシャツを買いますか?」


このブログでも何度も取り上げているので、おそらくバレてると思う。
私はファーストリテイリングが好きだ。


だが、全てが好きなわけではない。
ユニクロの商品は買う。
だが、Tシャツなど無地のものを選ぶのだ。


デザインTシャツは買うか?


これは今までは「絶対、買わない」と断言していた。


だが、最近少し考えが変わってきた。


佐藤可士和氏のことは知っているだろうか?
アートディレクターだ。
TVなどにもたまに露出しているので、ご存知の方もいるだろう。


彼はユニクロのグローバル・ブランディングの立ち上げに協力している。
特にTシャツの専門ブランド「UT」に注力しているらしい。


今回、ご紹介したいのはそのTシャツ。
彼が何をやるのだろう。どのようなコンセプトで攻めてくるのだろう。そう考えていたが。。
最近の展開は良い方向性だと思う。


ビジネスの基本は自社の「強み」を活かすこと。


今回のTシャツは、自社の強みを活かす以前に、自国の強みを活かしている。
(グローバル・ブランディングを意識しているのだろう。)
日本の強み。つまり、「ゲーム、アニメ、マンガ」だ。


グローバル・ブランディングのためにも、日本の「ゲーム、アニメ、マンガ」などを題材にしたTシャツにデザイン性を加えている。
自国の強みを活かし、ユニクロの強みを活かし、そこに良質のデザインを加えていく。
使える要素を効率的に活用した展開であり、賢明な策だと思う。


ビジネスの話ではないが、個人的には。。
ゲームTシャツは日本の代表的なゲーム。
パックマンやギャラクシアン。マッピー。ボンバーマンなど懐かしいゲームばかりだ。


意外にカッコいい。


下記URLにユニクロのTシャツがある。チェックしてみてほしい。

ユニクロのデザインTシャツ情報はこちらをクリック
きっと、買ってみたいと思うTシャツがあるはずだから。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング


[ 2009/04/11 12:57 ] ファーストリテイリング | TB(0) | CM(0)

ユニクロ 柳井氏の成功の秘密

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング

売上増の企業の数字は違う


コンサルタントとして、多くの企業を訪問させていただく時、いつも気になることがある。
企業によってあまりに違うのだ。企業にある「数字」。それに「活用方法」が。


「売上やコストという数字ならどの企業にもあるんじゃない?」


あなたはそう思うかもしれない。
ただ、それは数字とは言えない。


アクションを検討する上で必要な情報。
それが数字だ。


最適な商品、広告、広告クリエイティブ、コピーなど。
そうしたものを選択する上で根拠となる数字はあるだろうか?


さらに、各々の成功要因、失敗要因を分析するための数字はあるだろうか?


数字をうまく活用している企業はめちゃめちゃ成果が出る。
また、問題点が明確になるので、解決策を考えるのも容易だ。
(だから、何故使っていないか不思議でならない。)


しかし、数字がなければ、問題が見えない。


「どの広告コピーが良い?」


そう聞かれても、どの広告コピーが良いか分からない。
仕方がない。対策を取りようがない。


だが、「Aという広告コピーが平均よりも50%増のレスポンス」だということが分かっていればどうだろうか?Aを活用し、顧客の反応を50%高めようと思うはずだ。


それが勘であれば、あなたが良いと思う広告コピーを選択することになる。
あなたは顧客ではない。
あなたの感覚は重要だ。
だが、あなたと顧客は別の人間だ。顧客の感情が反映されている数字を有効に活用してもらいたい。


次の言葉を読んでもらいたい。
「業績が悪化した時期は、“商売のタッチ”がわかっていなかったと思うんです。
感覚的なセンスだけでなく、数字を分析して現場の意見を聞き、そこから計画をつくって、またそれを見直して修正したり。
そういうことが、現場の人もわかっていなかったから的確な手が打てなかった。」
引用:週刊ダイヤモンド2009年4月18日号「柳井正 編集長インタビュー」より



柳井氏のファーストリテイリングを自己分析している言葉


数字を分析し、その他色々な情報を判断していくのだ。
数字でビジネスができるようになると物事は一層シンプルになるのだ。


暗闇の中、ローソクも持たず、懐中電灯もなしに歩くのはやめた方が良い。
ビジネスはシンプルで簡単なものだ。


失敗を最低限に減らし、失敗を学ぶ。
さらに、成功を最大限伸ばし、成功を学ぶ。



これだけで良いのだ。
失敗も「それをやると」失敗するということを認識させてくれる。
数字があれば、失敗も貴重な情報になるのだ。


そのための基準が数字だ。
ぜひ、最大限活用してもらいたい。


そうすれば、失敗さえもあなたのビジネスの味方になるはずだ。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング

[ 2009/04/14 20:30 ] ファーストリテイリング | TB(0) | CM(0)

ユニクロの感動させる集客方法

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「新宿マルイ本館」と「ユニクロ」

この2つが新宿に4月24日オープンした。
マルイについては先日このブログで紹介したとおりだ。


そして、今回はユニクロについて触れたい。
ユニクロについては話をしたいことが正直多すぎる。


色々な策を打っていた。
その中で特に印象に残ったことを話したい。

その集客方法は感動させるものだった。


特別なことをしているわけではない。


基本的なことを社員一丸となってしているのだ。
ただし、その基本の徹底は簡単なようで難しいことだ。


当日、私は新宿の南口に向かって歩いていた。
すると、私の後ろにいた女性2人が「ユニクロオープンだって、今日行く?」と話をしていた。


当初は行くつもりではなかったようだ。


おそらく、新宿に着いてから行く気になったらしい。


当日はマルイもオープンだった。
しかし、マルイはユニクロと比べ、新宿に着いてから「行こう」という気持ちになった人は少なかったはずだ。一方でユニクロは新宿に来てから行く気になった方もかなりの数の人がいたはずだ。


それは何故か?


JR新宿駅の主要な出口(東口、西口、南口など)や改札口をおさえていた。


ユニクロの多くの社員が大声を出していた。
「ユニクロ、新宿西口店オープンです。」と叫んでいた。


男性店員、女性店員。
彼らはとにかく大きな声を出し、チラシを配っていたのだ。


チラシには「ユニクロ新宿西口店 4月24日[金]AM9:00OPEN」と大きく掲載
モデルは「栗山千明」だった。
狙っている女性ターゲットに合わせ目玉商品は「ブラトップ」。
それが表紙に掲載され、限定価格が載っていた。


新宿駅の改札口。
西口、東口、南口など主要な出口をおさえる。
全ての店員が声を出し、チラシをまく。
多くのお客様に声をかける。


基本的なことだ。


だが、この基本的なことをどれだけの会社がやっているだろう。
泥まみれになって出来る企業がどれだけあるのだろうか?


まさに泥まみれになって、集客に励んでいた。
新宿には配られたチラシを持つ人が多く、だからこそ、ユニクロの店内は大混雑になっていた。


基本的なことをしっかりやる。


それが普通は難しいからこそ、ユニクロは成長するのだろう。

090424uniqlo

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング

[ 2009/04/25 22:17 ] ファーストリテイリング | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。