売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

資生堂 1万円のメーク指南の成功確率

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「無料は有料より優れているのか?」


「低価格」などの言葉が新聞には氾濫している。
とすると、最終的には無料が優れているということになるが、そうだろうか?


もう、随分と以前に。
「生命保険の証券診断サービス」を有料で展開していた企業があった。
(確か、オリックス生命だったと思う。)


このサービス、非常に評判が良かった。
周囲の人間でも「このサービス申し込んだ」とその反響の大きさに驚いた記憶が残っている。


驚いたのは、オリックス生命以外の保険会社ではそのサービスが無料だからだ。


「証券診断サービス」はもともと無料のものなのだ。
ほぼ全ての保険会社で無料で展開していた。
成長期から成熟期に入ってくると、その商品の認知が高まり、無料のサービスの質を高めることで有料化できるという鉄則どおりの展開だった。


オリックス生命は3,000円という価格で、新聞紙面上に広告を展開。
このサービスを告知していった。
結果は。。大成功だったはずだ。


その意味で、
次の記事は非常に興味深い記事だ。
展開後の結果に注目したい。


「1万円のメーク指南
資生堂は東京・銀座に16日開く化粧品店「ザ・ギンザ」で、肌の手入れやメークの仕方を有料で教える。
最新の美容機器で顔立ちと肌の状態を分析。従業員が最適な色づかいなどを提案する。有料のカウンセリングサービスは珍しい。」
引用:日本経済新聞 2009年4月7日



有料のカウンセリングサービス


不思議なものだ。
この記事はまさしくオリックス生命が展開していた証券診断サービスとかぶる。


その診断サービスが良い理由を顧客に聞いたことがある。
シンプルに言うと、「有料だから良い感じがする」ということだ。


バカらしいが、本当だ。


人は料金に見合ったものだと感じるのだろう。
例え、同じものであっても、無料のものよりは有料のものの方が優れていると感じるのだ。


それでも、懸念点がある。
現在は厳しい不況。消費者はシビアに商品を見極める。不要なものは可能な限り、出費をおさえている。


それでも今回の策は結果を検証するに値するプランだ。
特に、サービス後に注目したい。
有料サービスで勧められた化粧品などを継続的にリピートする確率が高い。
出費して受けたサービスだ。無料で気楽に受けたサービスよりリピート率は高いと考えられる。


「やってみなくては分からない。」

そのとおりだ。
だが、展開の仕方によっては効果的な方法だと考えられる。
効果をきちんと検証していくことで、今後の展開に活かせるノウハウも築けるだろう。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/04/07 20:00 ] 資生堂 | TB(0) | CM(1)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。