売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三菱UFJ証券4万9千人の顧客情報の価値?

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「何故それほど安いのか?」


何のことかと思うかもしれない。
三菱UFJ証券で顧客情報が売却されていたニュース。
その顧客情報のことだ。


私は三菱UFJ証券の顧客じゃない。
ただ、このように顧客情報が売却されたなどという話を聞くと。
気持ちの良いものではない。


だが、そのことについて話をしたいわけではない。


話をしたいのは顧客名簿の価値だ。


もう、5年くらい前だろうか?
国内大手のある企業。
そこの名簿なら、相当な金額を出すという企業が多いという、良くない話を聞いたことがある。
私はその手の話に関わりたいとは全く思っていない。
だが、その顧客名簿の価値は強く感じる。


まずは、今回の記事を読んでもらいたい。


「4万9千人分の顧客情報を売却 三菱UFJ証券、告訴へ
 三菱UFJ証券は8日、同社システム部の部長代理(44)が、約4万9000人分の氏名や年収区分などが入った顧客情報を不正に取得し、名簿業者に売却したと発表した。」



安すぎる。。


本件の記事では、名簿業者に32万円で4万9千人の名簿を販売したらしい。
不正に販売したこの部長代理。


名簿の価値が分かっていないのだろう。めちゃくちゃ安すぎる。
現に、この名簿は名簿会社から既に13社に転売されている。
価値は高いのだ。
(実際、課長代理も名簿会社に相当叩かれたのだろう。)


ネット広告で1人の新規顧客を獲得するのにいくらかかるのか?


資料請求ではなく、新規顧客獲得ということであれば、
最低でも1万円。10万円を超える例も多いだろう。


1万円だとしたら、32人で1万円だ。
4万9千人の名簿が32万円で名簿会社に販売するのはおかしい。


名簿は単に顧客情報ではないのだ。


名簿は売上の源泉そのものだ。
プロモーションにも活用できるし、顧客サービスにも活用できる。
あなたのビジネスを拡大させるチャンスが名簿にはあるのだ。


この部長代理のように顧客情報の価値を間違えないでもらいたい。
有効に活用してほしい。


ビジネスを最大限成長させるために。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/04/08 20:40 ] 三菱UFJ証券 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。