売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コンビニに置いてほしい商品とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「売れているモノとお客が欲しいモノは違う」


私は麻布十番に2年ほど前から住んでいる。
それ以前は東京都渋谷区の恵比寿に住んでいた。


どちらも好きだ。
でも、今の場所は本当に居心地が良い。


自宅は徒歩1分のところに駅がある。
しかも、良いのはコンビニだ。
わずか10秒。いや20秒くらいのところにセブンイレブンがある。


ただ、このコンビニはどうしても好きになれないことがある。
私にとって致命傷だ。


「このコンビニにダメだな。」

そう感じてしまう。


原因は「弁当」


私は忙しい時、コンビニの「弁当」で済ませてしまうこともある。
でも、このセブンイレブンはダメだ。
とにかく品揃えが悪い。昼時なのに充実していない。


一方の麻布十番商店街にある。
自宅から5~6分歩く距離のセブンイレブンは弁当は本当に充実している。
同じセブンイレブンとは思えない。


私の自宅近くのセブンイレブンでは弁当は売れていない。
充実していないし、欲しいと思わせる陳列をしていないからだ。
弁当を買う人も少ない。


だが、もう1つのセブンイレブンは違う。
必ず誰かが弁当の場所にいる。
弁当が売れているのだ。


まずは、次の記事を読んでもらいたい。

「コンビニ商品「さらに魅力を」
自宅近くのコンビニエンスストアに「もっと魅力ある商品を置いてほしい」という声が多いのは男性では弁当、女性ではおつまみ。
コンビニが日常の食生活に浸透する中で、こんなニーズが日経産業地域研究所の調査で浮かび上がった。」
引用:日本経済新聞2009年4月23日「買い手のホンネ」



「コンビニにもっと魅力ある商品を置いてほしい」の男性の1位は弁当
(女性がおつまみというのも興味深いが。。)


私も全く同感だ。
1番の目的は書籍だが、それに対する不満はない。
「もっと魅力ある商品を置いてほしい」と感じるのは「弁当」だろう。


「実際、売れているもの」と「本当は売ってほしいもの」は異なる

ところで、考えてもらいたい。
私の自宅近くのセブンイレブンでは弁当は売れていない。
つまり、彼らが売上を分析をしたとしても、「弁当は売れていない」という売上分析結果になるはずだ。


自分達が機会損失をしているにもかかわらす。
しかも、顧客は欲している。期待しているにも関わらずだ。


間違えないでもらいたい。
「実際、売れているもの」と「本当は売ってほしいもの」は異なる。
それを把握するためにも、顧客ニーズを収集する仕組みが必要だ。


「本当は売ってほしいもの(置いてほしいもの)」を確実におさえてほしい。
あなたのビジネスを成功させるために。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング

スポンサーサイト
[ 2009/04/23 12:20 ] コンビニ | TB(0) | CM(0)

コンビニのタスポ効果?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「分からない」


コンビニについて「コンビニ、タスポ効果一巡 6月の既存店売上高」などという記事があった。
タスポ効果について、何故今も同様のコメントをしているのか、分からなかった。


「タスポ」は08年春から導入


全面導入されたのは08年7月だ。
その影響で、たばこをコンビニで買い求める客が増えたこと。
これはそのとおりだろう。


しかし、今回の09年6月度の話。
その前年同月は08年6月。


詳細に見ると、全面導入されたのは09年7月であるため、全面導入前(08年6月)と導入後(09年6月)を比較しているのだ。
09年6月度の方が若干優位。
いや、大まかに見たとしても、ほぼ同条件なのだ。
要はタスポ効果は少なからずプラス要因だ。


企業の業績を上げるためには、一過性のものではなく、継続的に業績を向上させていく体制を構築する必要がある。その意味においても、「タスポ」などという一過性のものについて、今も話があがるのは理解できない。


問題は別のところにある。


日本フランチャイズチェーン協会の6月の数字はまだ出ていないので、5月のコンビニエンスストア売上高を参考に見ていきたい。


09年5月度の数字はこうだ。(%は前年同月比)
店舗売上高 +3.2%
(既存店  +1.0%)
店舗数   +1.8%
来店客数  +4.6%
(既存店  +2.5%)
平均客単価 -1.4%



「来店客数」のところを見てほしい。
+4.6%。既存店でも+2.5%だ。


6月の傾向もほぼ同様のはずだ。
「タスポ効果」と断定は出来ないが、前年同月比4.6%。既存店でも2.5%だ。
いずれにせよ。来店客数が伸びているのは間違いない。


売上高3.2%に大きく貢献しているのは間違いないのだ。


既存店が2.5%であるのに、来店客数全体が4.6%ということは、新規店が大きく来店客数を伸ばしていることも分るだろう。
その点の効果も非常に大きいのだ。


問題は、唯一のマイナス。
「平均客単価」だ。


最近のコンビニ関連のニュース。
何がリリースされているか?


ほぼ、「PBなどの低価格化」だ。
どんどん、低価格になってきている。
上記5月度以上に平均客単価悪化に進んだはずだ。
(いや、この後さらに悪くなる。)


以前、話をした「イノベーションのジレンマ」の「持続的イノベーション」のように、顧客のニーズ以上に「低価格」に進んでいっているような感もある。


それでは、記事を読んでほしい。
「コンビニ「タスポ効果」一巡 6月の既存店売上高
コンビニエンスストア大手4社の6月の既存店売上高(国内)は、最大手セブン―イレブン・ジャパンを除く3社が前年同月を下回った。
前年割れは2位ローソンが1年4カ月ぶり、3位のファミリーマートが2年ぶりで、減少幅は2.7%と2%。
4位のサークルKサンクスも6.1%減った。たばこ自動販売機用成人識別カード「タスポ」の効果が一巡したうえに、低価格志向に対応しきれずに主力の弁当類の売れ行きも鈍っている。
各社の店舗はほぼ一貫して増えているため、既存店ベースの売り上げ推移が販売動向を示す指標となる。
サークルKサンクスの前年割れは1年2カ月ぶり。
3社が減少に転じた最大の理由は、タスポを持たない人の来店効果が、昨年7月のタスポ全面導入から約1年を経て薄れたため。
割安なスーパーに客が流れ、「カップめんとおにぎりで満腹になればいいという人も増えている」(ローソンの新浪剛史社長)。」
引用:日経新聞 2009年7月11日




タスポ効果


タスポ効果が薄れているというコメントは正しいかもしれない。
だが、6月度は厳密には全面導入前だ。
来店客数にはプラスの影響を与えている。
そのプラス要因があるにも関わらず、業績が悪くなっていること。
そこに問題があるのだ。


問題は「平均客単価」だろう。


確かに顧客はお金を使わなくなってきている。
だが、これはどの業界でも同じ話だ。
その中で勝っている企業もあるのだ。


企業は長期的、もしくは継続的に業績を向上させていく体制を構築する必要がある。
その意味では一過性のタスポ効果などではなく、単なる「低価格」に進むのでもなく、課題である「平均客単価」をアップさせるのか、戦略的に考える必要があるだろう。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/07/11 09:49 ] コンビニ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。