売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イオン、商品数4割絞り込み

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「明確な戦略が立てられていない」


本日、ご紹介する記事は、そう考えている方に
参考にしていただきたい記事だ。


「イオン、商品数4割絞り込み メーカー品3400品目を値下げ

イオンは18日、最近の消費不振にあわせ、商品・価格政策を抜本的に改めると発表した。衣料品や食品など、取り扱う商品数を4割削減するほか、大手メーカー品3400品目を値下げする。

同社は大型スーパーの不振で2009年2月期の連結最終損益が7期ぶりに赤字となった恐れがあり、売れ筋商品への絞り込みと値下げで業績回復を狙う。」

参考:日経新聞朝刊およびNIKKEI NET
詳細は新聞およびNIKKEI NETをご確認いただきたい。


ご存知のとおり、戦略には4つある。
基本的な戦略だ。


・コスト・リーダーシップ戦略
・差別化戦略
・集中戦略
・差別化集中戦略



詳細は割愛する。
詳しく知りたい方は検索してもらいたい。
いくらでも出てくる。


重要なのは、
コスト・リーダーシップ戦略。
これは業界トップクラスの企業のみが選択しうる戦略だ。


あなたが業界トップクラスの売上を上げることが可能であれば、
圧倒的な販売数量から、仕入れ価格の低減につなげることが可能だ。
同時に膨大な規模があるため、効率(経験曲線)も上がる。


これこそが「規模の経済」。
それを実現させるからこそ、
低コストが実現でき、低価格も実現させることができる。


では、多くの業界トップクラス以外の企業はどうすれば良いのか?


選択すべきは、競合他社との圧倒的な差別化をする「差別化戦略」
もしくは、どこかのマーケットに集中する「集中戦略」
さらに、差別化戦略と集中戦略を合わせた「差別化集中戦略」を選択するという
ことになる。


ランチェスター戦略などで、差別化して絞れと言われているのも。
上記の考え方だ。


差別化する。


集中する。


とにかく、競合他社が展開しづらいニッチな市場を攻める。


本日の記事では、イオン社が商品を選択し、集中させていくということ。
同時に、差別化戦略や集中戦略をとってきた業績好調の専門店の手法も導入していくということ


「業績が厳しい」


もし、あなたが中小企業の経営者もしくは個人事業主であれば、
大手企業以上に「戦略」の再検討をすべきなのかもしれない。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/03/19 11:47 ] イオン | TB(0) | CM(2)

イオンとドコモ、携帯で販促

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「どの媒体でのプロモーションを展開した方が良いか?」


この質問を受けた時、必ずクライアントに検討してもらうのが、「携帯」だ。
もちろん、扱う商品、ターゲットによって異なる。
全てのビジネス、商品で活用できるわけではない。


ただ、最近はPC以上に携帯でのプロモーションが効率が良いという企業が多いことは事実だ。


PCは歴史が長い。
しかも、世界のサイト数はもはや2億を超えている。


本日の日経の朝刊。
その中にある記事はまさに「携帯販促」のことだ。


「イオンとドコモ、携帯で販促 2000店でクーポン
NTTドコモとイオンは携帯電話を活用した販売促進活動で提携する。
「おサイフケータイ」と呼ぶ決済機能を生かし、来店客がいつどんな商品を買ったかなどの情報を収集・分析してマーケティングや商品開発に生かす。
「ジャスコ」など全国約2000店のスーパーで使える会員限定の割引クーポンなどをメールで配信し、顧客の囲い込みも進める。
消費不振のなか、保有率が全人口の8割を超す携帯を、販促の道具として活用する動きが本格化してきた。
今夏にもサービスを始める。」
参考:日本経済新聞&日経NET




あなたのビジネスは成熟期にあるのだろうか?


市場が成熟期にある時。成功する方法の1つが、成長期の媒体で販促すること。


現在、PCの広告費は成長が鈍化。


その状況の中、モバイルの広告費は913億円(08年度)。
前年比は147%と強烈な伸びだ。


まさに成長期媒体。
圧倒的な伸びだ。


イオン社の記事の中で特に重要なのが、「顧客の囲い込み」だ。


「アドレス収集」をし、そこに「サービス」を提供していく。


シンプルだが、それを実現させ、仕組み化するのには時間がかかる。
だからこそ、それを実現させた企業は強烈だ。


後から参入しようとした企業に対し、参入障壁が生まれるからだ。


急いで追いつこうとしても、アドレスの収集には時間がかかり、
仕組みを構築し、プロモーション効率を向上させていくノウハウ構築には時間を要するからだ。


TSUTAYAなどが既にやっていることだ。
だが、これを効果のあるレベルまでやれている企業はまだまだ少ない。


私の知っているある小規模スーパー。


神奈川県にあるスーパーだ。


そこは、それを成功させた。


顧客はモバイルの割引クーポンを持ち店舗に向かう。
しかも、私の親族連中まで使っていて、「便利だ」と言っていた。
「強烈」だ。


検討してみてほしい。
「携帯メールが送られたら、迷惑だ」と言う社長もいるが、それはあなたがそうだというだけだ。


携帯のサービスを提供していないのであれば。。検討してほしい。
ビジネスを成功させる起爆剤になる可能性があるのだから。


追伸:今、六本木の近くのスタバでブログを書いている。
ここはTSUTAYAも入っていて、落ち着いて仕事ができる場所。
結構、気に入っている。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



[ 2009/03/27 23:15 ] イオン | TB(0) | CM(0)

イオンとドコモ、携帯で共同販促発表

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「携帯でのプロモーションを展開しているだろうか?」


仮にあなたが既に携帯でのプロモーションを展開しているのであれば、そのまま継続してもらいたい。
そして、常にプロモーション効率を改善し、徹底的にその精度を高めてもらいたい。


だが、もし実施していないのであれば。。
早急に検討するべきだ。
あなたが私のクライアントであれば、すぐにでも検討を共に進めるだろう。


もちろん、携帯プロモーションに合致しない商品を扱っている場合もあるだろう。
何が何でも携帯というわけではない。
だが、深く検討もせず、実施していないのは論外だ。


事業にはライフサイクルというものがある。
現在、多くの業界が成熟期にある。
要は成長は鈍化しているのだ。そこに、不況だ。
売上が自然に伸びるような状況ではない。


このような状況の中で勝ちパターン。
それは、成熟期の中で「専門化」もしくは「成長期」を見出すことが鉄則だ。


ここでの「専門化」や「成長期」。
特に「成長期」とは、事業、商品のことだけを言っているだけではない。
事業、商品はもちろんのこと。
成長する市場、もしくは媒体が成長していることも含まれるのだ。


携帯市場。
これは市場として明らかに成長期にある。


あなたが展開していない今。
この時間にも、あなたの競合が携帯による顧客の囲い込みを進めている。


次の記事を読んでもらいたい。


「イオンとドコモ、携帯で共同販促発表 新会社設立
イオンとNTTドコモは31日、携帯電話を使った販促を手がける新会社を共同で設立すると正式発表した。
新会社は会員を募り、「ジャスコ」などイオングループの店の購買履歴を生かして、顧客の年齢や家族構成などに合った割引クーポンを配信する。
イオンは顧客の囲い込み効果で年間約400億円の増収、広告チラシ削減などで同約9億円のコスト抑制を見込む。」



私がコンサルをさせていただく中で、大きな増収につながるのが顧客の囲い込みだ
顧客の情報を収集し、顧客にとって最適なアクションプランを展開し、顧客を囲い込んでいく。
そこを徹底することで、既存客からの売上は強烈に伸びていく。


今回のイオンはまさにそれを実施するのだろう。


イオンのPOS(販売時点情報管理)データとクレジットカードや独自の電子マネー「WAON(ワオン)」などの顧客データを結びつける。さらに、クーポンの配信や商品や売り場の改善につなげるのだ。


超大型の広告媒体だ。


目標の会員獲得数は5年間で1000万人だ。
この人数は大手新聞社の購読者数に匹敵する。
超大型の広告媒体を手に入れるのと同じ力を持つに等しいのだ。


巨大な媒体。


これにより自社内で顧客情報が完全に把握できる巨大な広告媒体を手に入れることになる
行動履歴まで把握できる。広告媒体だ。


問題点はないのか?


もちろん、問題点もある。
その行動履歴からの分析。
そして、どのようにアクションプランに落としていくのか?
クーポン配信など。ある程度の計画はあるようだが、詳細なデータから何をすべきかという最適なプランを立てるのには緻密で泥臭い作業が必要だ。
今後、高効率のプロモーション展開をできるかどうかは見ものだ。


「イオンとは業界が違う。あまり、関係がない。」


十分に関係がある。
今回のニュースは反響が高い。


携帯プロモーションについては既に他業界でも実施されつつあるが、今回のことでより加速する。
ただ、もしあなたが中小企業の経営者、もしくは個人事業主であれば、「顧客数はイオンほどではなく、イオンのようにドコモと組んで大規模に展開はできない」と考えるかもしれない。

そんなことはないのだ。
成長媒体である携帯への参入をし、大手以上にしっかりと顧客に向き合えば良い。
それにより、顧客の囲い込みを進めることだ。


まず、第1歩は顧客情報の収集だ。
これには時間がかかる。


だからこそ、早速今から携帯でのプロモーションを検討してもらいたい。


あなたのビジネスが成功するために。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



[ 2009/04/01 13:12 ] イオン | TB(0) | CM(0)

イオン、ネットスーパーの1つの考え

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「ネットは終わりですか?」


時々、このような質問を聞くことがある。
「インターネットはうまくいっていないと聞くのですが。。」と話してくる方もいる。


「何故ですか?」と質問をすると。


多くは「成長が鈍化している」「新聞などで読むから」などという答えが返ってくる。


だが、考えてみてもらいたい。


その「ネット」とは、何を指しているのか?
ネット企業のことか、ネット広告のことか、ネット利用者の普及率のことなのか、それとも御社がネットを使って何かをするということなのか?
ケースによって、全く異なるのだ。
ニュースや新聞記事などを読む時もその点を注意していただきたい。


ところで、「アウトバウンドコール」を知っているだろうか?
ご存知の方には当たり前のことだろうが、「アウトバウンドコール」とは見込み客などに電話をするというもの。
コールセンターなどを活用し、これを実施する企業はけして次のようには言わない。


「電話は終わりですか?」とは言わない。


何故なら、電話は既にツールだからだ。


だが、ネットは何故か、「終わり」とか「終わらない」とか言われる。ネットも既にツールだ。
一般家庭に十分に普及している。
ネット利用者は既に9,000万人超。4人に1人が活用している。


PCを実質的に使えない高齢者の方や子供などを除くとほぼ全ての人が使っている。
「ネット」は終わりではない。むしろ、このネットを使って何をするかが重要だ。


まずは次の記事を読んでもらいたい。



『イオン、ネットスーパー50店超に拡大 10年2月期、本格参入
イオンはインターネットで注文を受け、店舗から自宅に商品を配達する「ネットスーパー」事業を拡大する。
現在20店舗で運営しているが、2010年2月期中に関東地方を中心に50店舗超へ増やす。
先行する西友やセブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂なども同事業を広げており、
スーパー最大手のイオンの本格参入により消費者の利便性が高まりそうだ。』
引用:日経ネット&日本経済新聞
※詳細は日本経済新聞をご確認いただきたい。





「ネットスーパー」事業を拡大だ。


「ネットでなんか、スーパーを使ったことがない。」


そのように思うかもしれない。
だが、それはあなただ。


重要なことはあなたではないのだ。
あなたの顧客が使うか使わないのかだ。



ちなみに、先行しているイトーヨーカ堂のネットスーパー。
80店以上で既に展開しており、09年2月期の売上高は前期比2.3倍の約120億円だ。


現在のターゲットは働く女性に加え、高齢者だ。
女性はスーパーの主役。
その女性が働いていた場合、実質的にスーパーに行くことができないのだ。


また、高齢者も同様だ。
そもそも重い荷物を持って、買い物をしてくること自体が困難だ。


1回活用しさえすれば、利便性を感じ、リピートするだろう。。
だからこそ、ネットスーパー自体の告知、注文の障壁を超えさせること、加えてPCが苦手な高齢者などが注文しやすくすること、それにより一層普及が高まるはずだ。


ネットは既に手放すことはできないツール


消費者は、既に日常生活でメールなしの生活はできない。
天気を調べるのも、インターネット。
電車に乗るのでもインターネットだ。
さらに、携帯でもインターネットを活用している。


「ネットはもう終わり」もしくは「ネットの成長鈍化」などという話題を単純に受け止めないでもらいたい。
(もちろん、私の話についてもそうだ)
重要なのは、あなたのビジネスにとって、ネットが活用できるかどうかだ。


私の考えはこうだ。
ネット広告を展開しているなどという安易な戦略ではなく、普及しているインターネットをうまく活用すれば、あなたのビジネスは確実に前進するはずだ。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



[ 2009/04/05 12:48 ] イオン | TB(0) | CM(0)

イオン、コンビニ型スーパー出店と成功要因?

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング

「あなたのビジネスは何故成功しているのか?」


ビジネスが何故成功しているかを見抜く力は、ビジネスをする者にとって重要なこと。
何故成功しているかを認識し、それを徹底的に高める。それは基本的なことだ。


そのことを表す言葉。それがKSFだ。
キー・サクセス・ファクター。要は成功要因のことだ。


言葉自体は知らなくても構わない。
ただ、あなたのビジネスの成功要因。
それを認識していることは非常に重要なことだ。


コンビニのKSF


私の家から最も近いコンビニ。
自宅から1分のところにあるセブンイレブンだ。


私の自宅付近にはコンビニがめちゃくちゃある。
セブン2店、サンクス3店、ローソン1店、ファミマ1店、AMPM1店、ミニストップ1店。
まだあると思うが、約10店だ。
(個人的にはセブンイレブンが好きだ)


対して、スーパーは4店くらい。
少しスーパーの方が少ない。


私はスーパーの方が基本的には好きだ。


特に六本木ヒルズの近くにあるスーパーは品数が多く、安い。
最も近いスーパーは自宅から5分くらい。
六本木ヒルズの近くのお気に入りのスーパーで10分だ。


スーパーが好き。それなら、コンビニには行かないと思うかもしれない。


だが、逆だ。


基本的にはコンビニで済ませてしまう。
コンビニは1分で行けてしまうのだ。
少し歩くだけでお店に入れてしまう。
(私がなまけ者なのだろう)


それに対し、お気に入りのスーパーまで10分もかかる。
品数が多く、価格も安い。そして清潔感のあるスーパーなのだが、やはりコンビニの近さには負ける。


これがコンビニの重要なKSFだ。


「近い」ということ。


最近のコンビニは「近い」というKSFを活用し、さらに、スーパーのKSFであった「低価格」という領域に入ってきている。


そこでこの記事だ。
「イオン、コンビニ型スーパー500店出店
イオンは売り場面積がコンビニエンスストア規模の超小型スーパーを本格的に出店する。
価格と商品構成はスーパーに近い店舗で、大手小売りがチェーン化するのは初めて。
まず首都圏を対象に2012年2月期までの3年間で500店にする。
消費不振などを背景に投資のかさむ郊外の大型ショッピングセンター(SC)中心の国内小売事業を見直し、低コストで大量出店が可能な超小型スーパーに軸足を移す。
超小型スーパーの店名は「まいばすけっと」。
今後3年間の出店地域は東京23区と横浜市、川崎市など人口増が続く首都圏に限定し、年間売上高は中堅食品スーパー並みの1000億円規模を目指す。
投資額は約150億円で、コンビニの退店跡や商店街の空き店舗など既存の物件を積極的に活用し初期投資や家賃を抑え、早期の黒字化を目指す。」
引用:日本経済新聞&日経ネット2009年4月14日



コンビニのKSFを崩しにかかるのか?


今回の記事。コンビニのKSFの領域に入ってくることを意味する。
KSFである「近い」ということ。
しかも、人口増が続く首都圏に限定し、集中的に展開している。


さらに、コストは徹底的に落とした居抜き物件を狙っている。
これも、不況の中で成功している最近の事例を参考にしてのことだろう。


コンビニのKSFとスーパーのKSFとの戦い。
今後はどのように差別化を図るかが重要になってくる。


あなたのKSF(成功要因)は何か?


あなたのKSFに対し、競合他社のKSFが何であるのか?
今一度、考えてもらいたい。


そこが崩れているのであれば、再度KSFを見直す必要がある。
あなたのビジネスが成功するために。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング

[ 2009/04/14 12:02 ] イオン | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。