売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新宿マルイ本館オープンの印象は?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「新宿マルイ本館オープン」


先ほどクライアントとの打合せが終了。
その後、新宿に来ている。


理由は「マルイ」と「ユニクロ」
09年4月24日の今日
「新宿マルイ本館」と「ユニクロ」がオープンした。
私のクライアントへのマーケティングに応用可能な要素があるか見に来ている。


今、私はそのマルイのスタバにいる。
以前、ブログでも書いたように、ブラックエプロンを着ているスタバ。
コーヒーのこだわりを顧客に聞き、それを提供する専門志向の店だ。


私は無脂肪のラテを購入した。
「エスプレッソマシンは他の店舗と少し違います。」という説明を店員から受けた。
しかし、正直、あまり味の違いは分からなかったが。。


今回はマルイに対する私の独り言


新宿はデパートの激戦区
これまでマルイの存在感はあまりなかった。


マルイの目の前。
そこには人気の高い伊勢丹がある。
特に伊勢丹はメンズ館の評判が高い。逆にレディスは今一つ。
「本当、伊勢丹はレディスがダメ」と知人の女性もよく話している。
むしろ、銀座の方が良いらしい。


そのレディスに力を入れたのが今回のマルイ。
さらに、「雑貨」や「食べ物」にも力を入れている。
(今までもマルイは居心地も良いというわけでもなく、「服」だけ。
それが、「服」に加え、「雑貨」「食べ物」にも力を入れている。)


「ホスピタリティ」


100億円の改装費用をかけたと言われるだけあって、デパート自体の機能は優れている。


ニュースなどで最も気になったのが「英国様式の屋上庭園」
ここでは店内で購入したコーヒーやフードを食べながら、リラックスできる。


そして「レストスペース」
要はトイレ。
女性に喜ばれるレストスペースになっているらしい。
(入ることはできないが)
トイレゾーンとパウダーゾーンと分けているのはもちろんだが、
光、間接照明などにもこだわっている。そして、もう1つこだわっているものがある。


「音(音楽)」だ。


レストルームの空間の広がりだけではなく、心理的に安らぎが得られる弦楽合奏などの音楽を流している。

また、店内に入ったところから、天井から優しい音が降り注ぐ。
(東京芸術大学音楽環境創造科の協力のもと作曲されたものらしい。
各フロアやレストルームに合わせた作曲をしているということだ。)

要はデパートの機能としては、「マルイは居心地が良い。」「少し入っていこう」
そういう気持ちにさせる要素を持っている。


「集客」する要素を持っているということだ。


ゆったりと豊かに過ごせる英国式庭園
女性に嬉しいトイレ
居心地の良い空間、音楽



顧客は負担なしの「0円」の機能面のサービスが充実している。
その意味で確かに「デパート自体」は魅力的だ。
あと重要なのは「人」


「あの店、雰囲気は良かったけど、サービスが最悪」
そう言われないようにしていく必要がある。


今回のマルイ。
「人」のサービスがどれだけのものなのかは分からなかった。
(混んでいたこともあるが。。)


継続的なホスピタリティ。
それを提供する「人」
改装した瞬間だけではなく、継続的に顧客を集客できるかどうかは、一過性ではない継続的なサービスを提供できるかどうかが課題だろう。


デパート自体の機能レベルは高い。
ぜひ、お近くの方は見に行ってもらいたい。
あなたのビジネスにも活用できる要素はあると思う。
(私もいくつか見つけた。このブログでもいつか書きたいと思う。)


100億かけた改装が成功するかどうかチェックしていきたい。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/04/24 14:55 ] マルイ | TB(0) | CM(0)

新宿マルイ本館オープンの印象(続き)

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「テスト段階にどれだけ実戦をイメージできるか?」


前の回で「新宿マルイ本館」のことを書いた。
(正直、新宿にオープンした「マルイ」と「ユニクロ」では、「ユニクロ」の方が印象に残った。
プロモーション努力をしている面が見られた。
もちろん、「改善すべきかもしれない」と思われる点もあったが、やはり成功企業だった。)


「マルイ」について続きを書きたい。
前回の記事に書いたとおり。デパートの設備、機能については新宿駅周辺の他のデパートと比べると比較的良い。店内は居心地の良い緑を多くしたデパートだ。

090424 074

緑の多い公園とデパートを融合させたような「居心地の良い」デパートを演出しようとしているのだろう。


新宿のゴミゴミとした雰囲気の中、それを実現させることができれば多くの人を集客できる。
そう考えているのかもしれない。それを狙っているのは感じられる。
その機能は持っているデパートだった。


だが、本日は少し混雑していた。


もう少しすいている状況でないとその「居心地の良さ」は堪能できないだろう。
混雑していると、人々の声や雑音で「居心地の良さ」を演出しているBGMさえもかき消される。
また、緑の多い店内もあまり印象に残らないものとなる。


「少しうるさいな」


そんな印象だ。
心に優しいBGMが流れているのだが、そのBGMが聞こえないのだ。
人ゴミの雑音でBGMはかき消されるのだ。


特にBGMは人ゴミなどの店内の雑音に合わせ、音量を大きくすることはできないのだろうか?


「ザワザワ」とした雰囲気だった。


オープン前に人がいない静かな店内でBGMを流したことはあるのだろうが。
人ゴミがどのくらい雑音を出すのか?
それに対応するBGMはどのように流すべきか?
その対策を考えていたのだろうか?


少なくとも、本日の雑音の中ではBGMは生きていなかった。


テストの時にどれだけ「実戦」をイメージできているか?


それが非常に重要だ。
(対するユニクロはオープン前に「実戦」をイメージしていると感じる点が多い。)


加えて、店員の対応。連携がうまくいっていないようだった。


海外の一流ホテルや、東京リッツカールトンなどもオープン時はそうだった。
新規オープンの時は店員の対応、連携が出来ていない。
その意味でうまくいかないのはやむを得ない。
失敗は別に良い。ただ、PDCAを回し、改善していくべきだろう。


100億の改装したデパート。
「居心地の良さ」を演出しているデパートが今後どのようになっていくのかが見ものだ。


1点、補足したい。


「マルイ」は基本レディスのショップがメイン。
女性集客の策として、イタリアで話題のジェラート屋「GROM」を活用している。
GROMの日本第1号店をマルイデパート入口横に配置している。
(本日も混雑していた)

090424



女性が好きなジェラート(定価格商品)を提供することで、集客を狙っているのだろう。


(ターゲットが最も反応しやすい商品(低価格商品)を第1段階で提供するのは基本原則
イタリアで話題のジェラート屋でターゲットの女性集客を狙っているのだろう

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/04/24 22:00 ] マルイ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。