売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エコバッグはブランド

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「あなたの商品を低価格にする前に」


世の中のニュースは、消費者の「節約」ニーズに合致したものが多くなっている。


代表的な例が「低価格」「割引」などというキーワードだ。


「●●が低価格になりました」という記事だ。


そのような状況で、珍しいニュースだ。
「低価格」の商品がある中で「高価格」のものに人気が集中している。


今回のニュースはそのようなニュースだ。


「エコバッグはブランド印
種類豊富におしゃれで実用的

若い女性の間でブランドロゴの入ったエコバッグが人気を集めている。
買い物時のレジ袋や紙袋の代わりに持参してごみの量を減らそうと利用が
広がったエコバッグ。
衣料品ブランドや有名店の商品が増えたことで、「おしゃれなうえに実用的、
しかも安い」と日常的に手提げかばんとして使う消費者が増えている。」
参考:日経朝刊



エコバッグ。
金額は本来、数百円のものだった。


それが今。
1,000円以上。
いや、1万円以上などという商品までも出てきている。


この記事に例として挙げられていたのは、次の3つだ。


人気の衣料品ブランド
「シェル」(東京・目黒)の全国約40店
2007年8月発売のエコバッグ 
大サイズ 1,260円 中サイズ840円
月に2000-3000枚のペースで売れている。


都内中心に9店を構える高級食料品店
「ディーンアンドデルーカ」(東京・渋谷)
2月までの1年間 前年比2倍
Lサイズ 2,310円 Sサイズ 1,890円


高級スーパーの紀ノ国屋(東京都国立市)
昨年11月にイタリアのかばんブランド「オロビアンコ」と共同で企画
特に、オロビアンコのロゴ入りで革の持ち手のついたタイプ
Lサイズ 15,750円 Mサイズ 12,600円が人気


私も海外のスーパーでエコバッグを見るが、100円から500円前後だ。


今回の商品。
単なる「節約」であれば、海外同様、数百円の低価格だったはずだ。
そこに日常でおしゃれができるという大きな「ベネフィット」を提供している。



エコバッグはライフサイクル的には「成長期」


その状況下、単に低価格であるエコバッグと異なり、
ターゲットである女性に「おしゃれ」という「ベネフィット」を提供しているバッグが出てきている。


しかも、通常の10万円前後するようなブランドバッグと比べると圧倒的に低価格だ。
ブランドと言っても、ルイ・ヴィトンやコーチなどとは違う。
現代の消費者にマッチしていると言える。


単なる「節約」「低価格」ではなく、
今回の事例のように、あなたの顧客に何らかのベネフィット(利益)を与えることで単価を上げることを考えてもらいたい。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/03/25 16:59 ] エコバッグ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。