売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コンビニ 最大の店舗再編と競合の動き?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「成長マーケットと競合の動き」


もう10年ほど前。
ある企業A社は非常に成長しているあるマーケットに進出した。


「めちゃくちゃ伸びていますよね」


競合他社の担当者も同様の意見を持っているほど。
そのマーケットは伸びていた。
当然、企業Aは驚異的に売上を伸ばした。


ところが、売上は伸びなくなった。


競合他社が参入してきたのだ。
参入社数は10社を超えていた。


いや、実は売上が伸びなくなったどころではなかった。
数字は明らかにできない。
しかし、大ざっぱに言うと10分の1になった。


イメージとしては、売上を100だとしたら、今まではA社が100取っていた。
しかし、マーケットに10社が参入し、1社あたり10を取ることになったイメージだ。
もちろん、マーケットとしては伸びていたのだ。
10が少しづつ伸びるような感じだ。


このブログで頻繁に話をしている製品ライフサイクル、事業ライフサイクル。
そこから、成長しているマーケットに進出すること。
それは正しい。
だが、競合の展開については注意する必要があるのだ。


消費不振に加え、少子高齢化。しかも、人口減。
厳しい状況の中、人口が大きく伸びているのが都心部。


だからこそ、今回の記事のような話が出てくる。
まずは、読んでほしい。


「コンビニ 最大の店舗再編
消費不振で好立地へ
コンビニエンスストアではセブン-イレブン・ジャパンなど大手4社が今年度に約1800店閉鎖し、約2400店を出店する過去最大規模の店舗再編に乗り出す。
大手専門店・外食チェーンは出店の軸足を郊外から都心部に移し始める。」
引用:日本経済新聞2009年5月30日



ちなみに、記事は次のように続く。
「ユニクロ」が好調なファーストリテイリングは10年8月期から新規出店の半分以上を人口百万人以上の大都市へ振り向ける方針。


都心部に向かう。


これは成長期に近いマーケット。
考え方としては正しい。
また、ファーストリテイリングの「人口百万人以上」という規模も重要だ。


成長と規模


それを意識し、展開していく。
その意味では上記の記事の展開は間違っていない。


ただ、競合の動きだ。
大手4社が1800店閉鎖し、約2400店を都心部中心に新規開店するということは、郊外は競合が少なくなるということ。
マーケットとしては、規模があり成長している都心部が良い。
これは間違いではない。


しかし、冒頭に話をしたように、競合が増えると成長マーケットでも、売上は減少するのだ。
参入企業が10社になった時、10分の1の売上になるように。


縮小したマーケットでも、1800店閉鎖した時には勝てるマーケットが生まれてくる。
逆に成長し、規模があるマーケットでも参入企業(上記記事の場合、店舗)が多くなれば、競争は厳しくなる。
それを意識することが重要だ。


だからこそ、漠然とした考えではなく、常に全体の分析が重要になってくる。
あなたが、広告展開をしているとしても同様だ。


「あの広告が良い」などという一般的な意見に流されないでほしい。
郊外の中にも魅力的な市場があるように、広告を展開するマーケットも詳細に分析することで魅力的な市場が生まれる。
そのためには常に情報収集し、検証していくことが重要になる。


成長、規模、競合。
それらを意識するだけで、見えてくる景色は変わる。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/05/30 16:06 ] セブン‐イレブン | TB(0) | CM(0)

セブン-イレブンとダイレクトマーケティング

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


「セブン-イレブンとダイレクトマーケティング」



数週間前のこと。
私は横浜方面に向かうため、京浜急行の品川駅にいた。


横浜の先にある上大岡に向かう快速特急
それに乗る為、電車が来るのを待っていた。
電車が品川駅に到着するまで15分ほどある。


「こんな時、コンビニでもあればな」


そう思った時、同じ京浜急行の向かいのプラットホームの「セブン-イレブン」が見えた。
日経に記事として取り上げられていた「セブン-イレブン」の京浜急行での駅構内での出店だった。


でも、これはあまり良くないなあ。
そう感じた。
数日後、私の知人も「あの場所の出店は使いづらい」と話していた。


なぜ、使いづらいのか?


その理由はダイレクトマーケティングのベテランの方であれば、分かると思う。
押さえるべき基本が押さえられていないのだ。


もちろん、様々な事情はあると思う。
ここでお話したことを理解し、それで展開に踏み切った可能性も高い。
しかし、問題なのはそれを知らずに展開すること。
特にダイレクトマーケティングやネットビジネスを展開される方はその基本を押さえてほしい。


京浜急行


通称、京急。
この電車のことをご存じない方も多いと思う。


この電車は横須賀、横浜、川崎方面から品川まで通っている電車


品川駅
ここには早朝、通勤、通学で使う多くの人が横須賀、横浜、川崎方面からやってくる。
ここ品川駅でJRに乗り換えるのだ。
(その先に向かう人もいるが、多くはそのパターンだ。私も学生時代によく使っていた)


その時に到着する品川駅のホームにセブン-イレブンがある。
あくまでも、到着する場所だ。
到着し、人々は急いでJRに乗り換える。
なかなか、使う余裕がない場所なのだ。


では、横須賀、横浜、川崎への帰り道はどうか?
帰宅する際は品川駅から横須賀、横浜、川崎方面に向かう。
その帰宅する時に電車に乗るホームにはセブン-イレブンはない。


場所が悪いのだ


セブン-イレブンの今後の展開は過去最多の1000店の出店を目指す。
その際、強化するのが駅構内だ。


駅構内の展開は非常に費用対効果が高いのだろう。
私も駅構内への出店は成功確率が高いと思う。


しかし、品川駅での立地は良くない。


駅構内は膨大な人がいる


それは重要なことだ。
人が多いことは絶対条件なのだ。


最近の小売りの出店が都市部に集中している。
それも人口が多い場所を狙ってのことだ。
一定の需要が見込める都市部への集中だ。


だからこそ、人が溢れかえっている駅構内。
その場所での展開は有効なのだ。
しかも、競合は駅の売店など。
セブン-イレブンくらい完成度の高い店舗が入ったら、競争優位性は非常に高いだろう。


しかし、京急の品川駅のセブン-イレブンはあまり混雑していない。
問題があるのだ。
それはもう1つの条件が満たされていないからだ。


そのもう1つの条件を次回お話ししたいと思う。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。読者のあなたの応援(クリック)が嬉しい。
参考になったら、クリック

現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)
人気情報ランキング
[ 2010/02/21 14:39 ] セブン‐イレブン | TB(0) | CM(0)

セブン-イレブンとダイレクトマーケティング(2)

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


「もう1つの条件は人が立ち止まるところですか?」


前回のブログ記事に対して、ご連絡をいただいた。
もう1つの条件はそのとおりだ。


そもそも、「ヒントが多すぎた」らしい。


品川駅の説明の中に多くのヒントがあったということだ。
私としても後々説明をさせていただくため、より強調して説明したところはあった。


しかし、これでは話が終わってしまう。
そのため、今回はその補足をさせていただきたい。


「人が立ち止まるところ」


これは厳密には


「人が行動をしていない、停止している場所」


品川駅のセブン-イレブン
その目的は多くの人に店に入ってもらい、商品を購入していただく。
簡単に言うと、買ってもらいたい。


ところが、ある行動をとっている人に「買う」という行動をとっていただくことはそう簡単ではない。
目の前にやっていることがあるのに、別の行動をしてもらうのだ。
当然、難しい。


人はやっていることがあると、別のことはすぐにできない。
あなただってそうだろう。
何かに取り掛かっている時に、声をかけられるとイライラしたことはあるはずだ。


声をかける方だってそうだ。


日常生活で考えてほしい


例えば、上司への報告などをイメージしてほしい。


あなたが報告するのであれば、上司が忙しくない時を狙うはずだ。


「今なら、大丈夫かな」


そう思いながら、声をかけるはずだ。
さらに、「今、よろしいでしょうか?」などと声をかけさせていただき、何かを報告する。
それが通常のパターンだろう。


上司が行動していない。上司が停止している。
その状況を狙い、報告をする。


日常生活では当然のようにやっていることだ。
ビジネスも同様だ。
上記のような日常生活を多くの人が送っているのだ。
その日常生活の一般的ルールを活用してほしい。


これはセブン-イレブンの店舗だけの話ではない


広告全般
ネットビジネスのプロモーションだって同様だ。


人が行動していない。
人が止まっている。



その視点から、広告メニューを選択する。
それだけで、レスポンスの高い広告を選定する1つの重要な条件となる。
(もちろん、広告メニューの価格とのバランスは考えてほしい)


レスポンスが高い理由
その理由の1つとして、この条件が満たされていることも多いのだ。
それを応用するだけで、他社が気がつかないプロモーションも可能になるのだ。
ぜひ、応用してほしい。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。読者のあなたの応援(クリック)が嬉しい。
参考になったら、クリック

現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)
人気情報ランキング
[ 2010/02/22 15:56 ] セブン‐イレブン | TB(0) | CM(0)

セブンイレブンの異常な現象

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


セブンイレブンの異常な現象


数日前
私と同じく麻布十番に住む知人と会った。
しばらく、他愛もない話をした後、次のようなことを言ってきた。


「この間、セブンイレブンのお弁当なんかが全てなくなっていたことがあったよね」


そのようなことを言っていた。
実は麻布十番にはセブンイレブンが2つある。
そのうちの1つは私の家の近く。
その店も全く同じようなことがあった。
それは不思議と記憶に残っていた。その理由は


異常な光景だったからだ


お弁当、麺類などが一つもなかったのだ。


それらの売り場だけは震災直後のようだった。
「また、何かが起きたのか?」と少し不安になったことも記憶している。


でも


それには理由があった。


実は2011年5月31日にある番組が放送されたらしい。


テレビ朝日の「お試しかっ!」という番組


そこで紹介されたのが


セブンイレブンの人気商品TOP10だった


それにより、一瞬にして
人気のお弁当などが売り切れたのだ。


でも、売れたのはその10商品だけではなかった。


人気ランキング以外のお弁当も売れ、何一つなくなってしまったのだ。


人気ランキングのお弁当がなくなったことにより、お弁当自体の数が減り、他のお弁当なども売れた。そこに稀少性が高まり、加速したものと思われる。


ちなみにそのTOP10とは次のものだ。


■1位 冷やし中華 価格:450円
■2位 3つのヒミツ!極上ロール 価格:150円
■3位 幕の内弁当398 価格:398円
■4位 コトコト煮込んだビーフカレー 価格:430円
■5位 石臼挽き蕎麦粉のざる蕎麦 価格:305円
■6位 ミルクたっぷりとろりんシュー 価格:105円
■7位 お肉たっぷりごちそうミートソース 価格:398円
■8位 炭火焼牛カルビ弁当 価格:498円
■9位 生チョコ仕立てのクリームエクレア 価格:135円
■10位 ねぎ塩豚カルビ弁当 価格:398円



おそらく、「今度、食べてみようかな」と思った方もいるはずだ。
ここで考えてほしい。


広告でこれらの商品が紹介されていたとしてもそういう気にならないだろう。
他の広告に埋もれ、特に行動を起こしはしない。
少なくとも、コンビニの商品が全て売り切れるようなことはない。


その理由はどこにあるのか?


それを考え、生かしてほしい。
純粋な広告では訴求力がない。
でも、上記のように番組の中で紹介されると視聴者は行動を起こす。
その違いは何なのか?
それをぜひ考えてほしい。
「番組の中で紹介されると信頼感が高まる」などというもっともらしいことではない。


それをあなたのビジネスに生かすにはどうすれば良いのか?
それを考えてほしいのだ。
いくらでも思いつくはずだ。
(実は、このブログの中でもこれに関連することをかなりお伝えしている)


また、参考までお伝えすると
この番組の動画をセブンイレブン店内で流し
紹介している店舗もあるらしい。
単にメディアに取り上げられているだけではなく、その効果を放送後も生かす意味で非常に有効な方法だ。


セブンイレブンのサイトにもすでに掲載されている。
サイトはコチラ


一見、当然のことなのだが
このような地味なことを着実に行動に移せる企業は強い。


あなたのビジネスにもぜひ生かせる部分があると思う。
様々な形で応用していただきたい。


※今回のような記事だけでなく
ネット起業塾ではネットビジネス及び起業に関する内容を動画(ビデオ)で説明している。
「ネット起業塾」の申込みはコチラ(無料)
この起業塾の登録は今なら無料
しかも、全回ビデオがついているので、お勧めだ。



 ネットビジネスでの集客、売上に困っているあなたへ
ネットで起業、ネットで販売、ネットで集客を成功させるマーケティングをマスターする「起業塾」
100億円超の売上を上げてきたネットビジネスの中で特に重要な基礎知識を動画で解説(無料)する「起業塾」

banner5



■ 確実に押さえてほしい知識「売れるサイトを作る方法」

「ビジネス・情報」ランキング1位。高い評価を頂戴しているプログラムです。
サイトだけではなく、メルマガなどにも使えるプログラムです。
(infocart 2010/10/28付「ビジネス・情報」ランキング)

20101028ranking1

この内容を用いたサイトで実際に年商2億円の売上を上げた経営者の方にヒアリングをさせていただく機会があった。そちらも読んでほしい。

→ヒアリング内容についてコチラ
→「売れるサイトを作る方法」はコチラ



■ コンサルティングを体験

イノベーションコンサルティングのコンサルティングを体験したい方は
まずはこちらから、ご連絡をお願いします。

「体験コンサルティング」はコチラ




※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)
[ 2011/06/04 13:56 ] セブン‐イレブン | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。