売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

激戦を生き残るヤマグチの「厚利長売」とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「値引きするより高く売りたい」


私の実家は横浜にある。
今、両親は液晶テレビを欲しがっている。


価格が安いので、ネットで購入することを勧めるのだが。。
決まって、返ってくる言葉がある。


「接続はしてもらえるのか?」


「テレビの接続なんて」とあなたは思うかもしれない。
私も正直そう思う。
もちろん、サイズによっては重い。
それで大変だということなら分るが、接続など大したものではない。


だが、私の両親をかばうわけではないが、実際にはまだまだ、セッティングが出来ない人は多い。


もちろん、パソコンも同じだ。
例えば、ノートブックパソコンだとしても難しいらしい。
基本的にはコンセントに接続するだけのものだが、それをスタートするのだが難しいらしい。


もちろん、ソフトをインストールしたりすることはさらに難易度が高いだろう。


私の両親のような人々。
その人達は膨大な人数になるはずだ。


このような人々にとって、「価格コム」が必ずしも良いわけではない。
圧倒的な低価格のみが高い訴求力を持つわけではないのだ。


まずは、記事を読んでほしい。

「家電激戦区で生き残る零細小売店の『厚利長売』商法(ヤマグチ)
価格は高い。立地も降り。競合は超大手と来れば、白旗の1つも揚げたくなる。
だが、こんな状況で連戦連勝を続けるのが、東京・町田市のヤマグチだ。
同社はパナソニック製品を扱う販売店である。
約42万人が暮らす町田市は、JR町田駅前のヨドバシカメラをはじめ、ヤマダ電機、コジマなどの大手家電チェーンがひしめき合う。
この超激戦区でヤマグチは生き残ってきた。
年商は約12億円。2008年3月期まで3期連続の増益だった。」
引用:日経トップリーダー2009年6月号



『厚利長売』


薄利多売の対局だ。
利は厚く、長く売るということだ。


ヤマグチのファンは、大型量販店なら9万8000円で買えるテレビを、ヤマグチから12万8000円で買ってくれる。
「ヤマグチさんなら、その値段でいい」と価格差を気にする様子はないと言う。
これが、利を厚くという意味の「厚利」だ。


そして、「長売」というのは、売った後が商売の始まりと考え、リピート販売をしていくことだ。
要は長く売るということ。


「なぜ、そのようなことができるのだろう?」


あなたはそう考えるはずだ。
その理由こそが、私の両親にある。


ヤマグチのキャッチフレーズ
「ヤマグチはトンデ行きます!」にある。


商品を購入した顧客の要望には、電球1個の交換でも迅速対応を心がけているということ。


「あなたは電球交換してもらったことはあるだろうか?」


それさえも、ヤマグチであればやってもらえるのだ。
これが特に高齢層に支持された。


先ほどのテレビの接続など当然。
何か、少しでも問題があれば、飛んできてくれる。


デジタル家電がややこしい人にとっては大きな味方だ。
冷蔵庫が壊れたら、修理の話をする前に、氷を持ってお客の元に飛んでいくのは当たり前らしい。


「そんなサービスをやっていたら、顧客対応できなくなる」


そのとおり。
ヤマグチがそうした手厚いサービスをするために実施したこと。


それは「顧客を捨てる」ことだった。
十分なサービスができる範囲に顧客を選別。約3万5000世帯あった顧客リストを重点対応顧客1万1000世帯まで削減。


「良く買ってくれる顧客」を育て、期待以上のサービスをし、売ってからさらに販売するためのリピート販売が実施されている。
その後に確実にリピート販売をし、顧客単価を高める努力をすることだ。


そのためには「期待値を超えるサービス」「リピート販売」などが重要だ。


単なる安売りだと、大手社の体力には勝てない。
だからこそ、大手社ができないサービスを提供することでヤマグチは勝っている。
このヤマグチの記事は非常に参考になる部分が多いと思う。
参考にしてほしい。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/06/19 20:27 ] ヤマグチ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。