売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファミマ、お得意様を優待 大手コンビニで初

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「あなたの新規客獲得コストはいくらか?」

きっと、高いはずだ。
新規客獲得コストがどのくらい高いのか、
ご存知だろうか?


あなたの新規客獲得コストと既存客への販売コスト。
1つの商品を販売するのに、どのくらい開きがあるのか?
あなたは知っているだろうか?


知らない方は、
それを試算してもらいたい。


おそらく、
7~10倍の開きはあるはずだ。


私が携わってきた案件では10倍のケースが多かった。
特にDMなどではそのくらいの開きがあった。


だからこそ、まず解決すべきは既存顧客だ。
新規顧客獲得以上に低コストで対応が可能だからだ。
しかも、既存顧客への体制が整うと、企業が安定してくる。


本日は、その既存客へのアプローチ。それに関する記事だ。


「ファミマ、お得意様を優待 大手コンビニで初
ファミリーマートは今秋から得意客を優遇するサービスを始める。
月間の購買金額が多い顧客らに対して、買い物に使えるポイントを多く付与。

事実上、商品の提供価格に差を付けるほか、発売前の商品を優先的に販売するといった特典も設ける。
一部顧客に特別なサービスを実施するのは大手のコンビニエンスストアでは初めて。

消費不振が深まるなか、小売企業で収益への貢献度が高い顧客を囲い込む動きが顕著になりそうだ。」
参考:日経ネット



この記事、戦略としては正しい。
パレートの法則では、2割前後の得意客が8割の売上を上げている。つまり、既存客の中の得意客2割が8割の売上を上げている。


2割のお客を対応するコスト、労力と8割のお客を対応するコスト、労力。
どちらが大変だろうか?


当然、2割だ。
対応するのは2割の得意客だけで良い。(8割の売上を占める2割の得意客だ)
その顧客の売上が10%増えた場合、8%売上が上がることになる。


2割の得意客の対応だけでだ。
これは私の経験でもほぼ同様の結果となる。


そのため、記事の内容は的を得た対応と言える。


ただ、問題はある。
今回の問題は「ファミマTカード」の買い物履歴から判断するということ。
この「ファミマTカード」が得意客に行き渡っていることが鍵となる。


そこが課題だ。


課題はあるが、狙いは素晴らしい。
コンビニに付加価値と戦略的な要素を取り入れたものと言える。


あなたのビジネスでも得意客を優遇することにより、
売上を増大させる余地があるか
、考えてもらいたい。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/03/25 12:40 ] ファミマ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。