売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花畑牧場カフェ 原宿店オープン?

「ここなんですよ」

昨日、ある企業の社長と銀座を歩いていたら、突然、社長がしゃべり始めた。
何かと思い、その示す方を見ると、どうやら花畑牧場のショップらしい。


少し様子を見ていると、次から次へと人が入っていく。
「まだまだ、人気があるんですね」
そう、その社長は言っていた。


そうしたら、今日。
その花畑牧場の田中義剛社長が、テレビに出ていた。
どうやら、原宿に新店舗がオープンするらしい。


まずは、記事を読んでほしい。
「花畑牧場カフェ原宿店オープン! 同社初の生コラーゲンラーメンも提供
花畑牧場は7月1日、東京・原宿に新店舗「花畑牧場カフェ 生キャラメルアイスクリーム&生コラーゲンラーメン 原宿店」をオープンする。
同店はカフェメニューのほか、同社ブランド初となる「生コラーゲンラーメン」3種類が提供される。
ラーメンの価格は各480円、カフェの座席数は34席。
同社初提供となるラーメンのメニューは、生の生姜をアクセントに使用した「生コラーゲンラーメン」、何種類もの味噌をブレンドしたスープに同社のトムチーズをかけた「生コラーゲンラーメン チーズみそ」、スープにホエー豚肉のミンチを使用し、多種のスパイスと北海道産牛乳を加えた「生コラーゲンラーメン スープカレー」の3種類。
国産豚と同社ホエー豚から抽出された生コラーゲンを、来店者の目の前でラーメンスープに注ぐ演出が楽しめるという。」



生コラーゲンラーメン


私はトンコツラーメンなどが好きだ。
そのため、コラーゲンラーメンには正直魅力は感じない。


しかし、女性には違うらしい。
テレビで取材を受けていた多くの女性は「美味しい、美味しい」と言いながら、食べていた。
480円という価格で手軽に食べることができ、美容に効く「コラーゲン」。
そうであれば人気が出るのかもしれない。


田中社長は続けて話をしていた。
原宿の店舗。
賃料は月650万円ということだ。


650万円の賃料を支払っている店舗。
失敗するリスクもあるだろう。
「撤退のリスクを考えていなかったら、かなり厳しい状況になるかもしれない」
そう私が考えていたら、田中社長は次のように続けた。


「スクラップ&ビルドですよ。
そもそも、成功することだけではなく、失敗したらすぐに撤退すればいいんですよ。」


そのようなことを言っていた。
「損切り」は投資の世界だけではなく、ビジネスの世界でも重要なこと。


流行が終わったら、ブームが終わったら、そのようなことはとっくに考え、撤退も意識しつつ、攻めているのだろう。ビジネスでは非常に重要なことだ。
あなたも、新規ビジネスの時は必ず撤退リスクのことを意識してほしい。
スポンサーサイト
[ 2009/07/02 17:52 ] 花畑牧場 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。