売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アリコジャパンのクレジットカード番号などの顧客情報流出?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「アリコ、最大11万件の顧客情報流出」


もう既に知っていると思う。
まずは、記事を読んでほしい。


「米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ傘下の生命保険会社アリコジャパン(東京)は23日、クレジットカード番号などの顧客情報が最大11万件流出した可能性があると発表した。
同日までに複数のカード会社から不正利用に関する照会を1千件以上受けたという。
被害が今後さらに拡大する恐れがあるため、同社は警察や金融庁に状況を報告。
流出した情報や経路などの特定を急いでいる。
アリコの保有契約件数は約640万件(2009年3月末時点)。
今回流出したとみられるのは、02年7月から08年5月に申し込んだ保険契約の一部。
保険証券の下1けたの数字が「2」か「3」で、保険料をクレジットカードで支払っている契約者の情報だという。
同社は24日以降、情報流出の可能性がある契約者に対し、書面で連絡して注意喚起するとともに、不正利用を防ぐためにクレジットカードの再発行などを求める。」
引用:日経ネット 2009年7月23日



今回の顧客情報漏えいは半端なものではない。


単なる個人情報ではないのだ。


クレジットカード番号などの顧客情報が最大11万件漏えいしたということ。


記事の中には「クレジットカード番号などの顧客情報」とぼかして書かれているが、重要なのはその「クレジットカード番号」だ。
クレジットカード会社から不正使用の可能性が高い約1000件が既にアリコジャパンに照会されている。
(今回の記事には掲載されていないが、不正使用額はクレジットカードの持ち主に請求される前にカード会社側が把握。カードの持ち主には実害はほとんで出ていないということだ。本当に良かった。もちろん、この「ほとんで出ていない」というのが曖昧であるが)


不正利用に関する照会が1千件以上


しかし、当事者は不安だと思う。
不正利用される可能性はあるのだ。


まず、あなたは大丈夫だろうか?
もし、あなたがアリコジャパンの契約者であれば、即座に確認してほしい。
記事の中では保険証券の(証券番号)の下1桁の数字が「2」か「3」。
さらに保険料をクレジットカード払いにしている契約者ということだ。
詳細はアリコジャパンに確認をしてほしい。
(とにかく分らないことがあれば、アリコ生命もしくはクレジットカード会社に連絡してほしい。)


それでは、ビジネスの話をしたい。
この話を聞いて、「なんだ。アリコジャパンはなんてだらしない。カード番号を漏えいするなんて。」とあなたは思っているかもしれない。
しかし、少し考えてほしい。
仮にあなたの会社でこの漏えいが起きていたら、どうなっただろうか?


今回特にお伝えしたい相手は中小企業の経営者の方。


そのような方に特にお伝えしたい。
大手企業であれば漏えいによって評判が落ち、売上減になったとしても、評判が消えるまで企業を存続させる体力があるかもしれない。
しかし、中小企業の場合、どうだろうか?
このようなことが発生したら倒産する可能性も出てくるだろう。
評判が消えるまで体力が持たない可能性もあるのだ。


大手企業も確かに厳しいだろう。
今回のアリコジャパンも大きなダメージを受けるはずだ。
金融庁も行政処分を検討するということだ。
下手をすると、生命保険業界全体、いや保険業界全体に及ぶ可能性がある。
個人情報漏えいは非常にインパクトが大きいものなのだ。


だからこそ、彼らの失敗をぜひ自分のものとして、意識してほしい。
アリコジャパンのことを悪く言う前にあなたの企業を良くしてほしい。


個人情報漏えい。特にクレジットカード情報の漏えいは危険だ。


経営者にとって大切な企業やビジネス。
それをこのようなことで壊されるのは耐え難いと思う。
個人情報漏えいが起こらないように、徹底してもらいたい。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/07/24 07:00 ] アリコジャパン | TB(0) | CM(0)

アリコ情報流出の影響とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「業界に影響を及ぼしている」


先般のアリコジャパンの顧客情報流出問題。
先般予想したとおり、やはり業界に影響を及ぼしているようだ。


先般のブログでは次のように書いた。
「今回のアリコジャパンも大きなダメージを受けるはずだ。
金融庁も行政処分を検討するということだ。
下手をすると、生命保険業界全体、いや保険業界全体に及ぶ可能性がある。
個人情報漏えいは非常にインパクトが大きいものなのだ。」

※先般のブログはコチラ


まずは、記事を読んでほしい。
「アリコ情報流出、「直販損保モデル」に影 信用低下避けられず
アリコジャパンの顧客情報流出が代理店を通さずにインターネットや電話で自動車保険を販売する「直販損保」に影を落としている
クレジットカード情報の流出件数は最大で13万件に拡大。
低価格や手続きの手軽さで急成長した直販損保は契約者の半数以上がカード払いで、信頼低下は避けられない。
各社は情報管理体制の強化に一斉に着手。カード各社も被害を食い止める対策に乗り出した。
「現時点で止める手立てはない」。
27日のアリコジャパンの記者会見。高橋和之代表は苦渋の表情を見せた。
カードの不正利用に関するカード会社からの照会はさらに増えており、今も対応に苦慮する状況が続く。」
引用:2009年7月28日 日本経済新聞&日経ネット



「インターネットや電話で自動車保険を販売する「直販損保」に影を落としている。」


そう書いてある。
予想したとおりのことが起きつつある。


しかし、恐らくこの影響はさらに悪化する可能性がある。
この内容を連日マスコミで取り上げることでより一層深刻化する可能性が高い。


今回、顧客が最も恐れていること。


それは「カードの不正利用」だ。


そのことは「カード情報を第3者に提供したくない」という気持ちにつながる。
最終的には、クレジットカードでの購入を避けることにつながる。
だからこそ、各クレジットカード会社は今回の件の再発行を無料で対応し、可能な限り穏便に済ませようとしているのだろう。


このカードの不正利用。


別に「直販損保」に限ったことではない。
ネット上でのクレジットカード購入全てに関係する話だ。
「直販損保」だけではないのだ。


カード番号の提供をリスクと感じた顧客が多くなった場合、ネット通販全般に影響は及ぶはずだ。
直販損保の例ではクレジットカード払いの希望者は50%超。
そのうちの10%がクレジットカード番号入力ができないことにより、申込をしなくなるだけでも売上は5%超の低下になる。


あくまで、私の予想だ。


しかし、だからこそ、安全性を訴えることが重要になってくる。
ただし、顧客を恐れさせてはならない。
全面に出していくことは現段階では必要ないと思われるが、個人情報漏えい防止などの安全性を今まで以上にきちんと訴えていくことが重要になってくると考えられる。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/07/29 11:00 ] アリコジャパン | TB(0) | CM(0)

アリコ 13万人に謝罪金?その合計は?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「アリコ 13万人に謝罪金」


以前、このブログでご紹介しているアリコ社の顧客情報流出。
やはり謝罪金を出す方針を表明した。


金融機関は信頼が命。
ここで謝罪金を支払わないことは後々の大きなダメージになると考えたのだろう。


謝罪金は一体いくらになるのか?


通常、個人情報漏えいの場合、500円相当の金券(市場流通性のある金券)を送付するなどが一般的。
(ちなみに今回の負担すべき費用はその他に全国紙への謝罪広告掲載。おわび状作成及び郵送。
上記金券の費用などが負担額となるのだろう。中小企業でこのような負担が一気に発生したら、命とりだ。
そのことについては以前のブログ記事でも書いた。)


ただし、アリコ社の場合、通常の個人情報漏えいというよりは、カード番号が漏れたことが大きい。
(保険契約者は不正利用の不安の中にいるのだ。)
そのため、損害賠償的な意味を持たせるなら、1人あたり数千円を超える可能性も高い。
すると、13万人への謝罪金として、仮に千円でも1億3千万円。
数千円を超えるとなると、総計で数億円を超える可能性も高い。


何度も申し上げているが、
個人情報については注意して扱ってほしい。


それでは、記事を読んでほしい。


「アリコ、13万人に謝罪金 顧客情報流出で
アリコジャパンは19日、顧客情報の流出によるクレジットカードの不正利用問題で、データが抜き出された時期を2008年3月に特定したと発表した。
カード番号など個人情報が漏れた13万人の契約者には謝罪金を出す方針も表明。
今後、数週間でパソコンの使用履歴など残りの調査を終え、最終結果を公表する。」
引用:2009年8月20日 日本経済新聞&日経ネット



上記の記事に加え、次の記事をご紹介したい。
こちらも、個人情報の点から考えると、顧客は不安に感じるはずだ。


「AIGエジソン生命、在宅型コールセンター導入 保険業界で初
AIGエジソン生命保険は20日から、社員が自宅でコールセンター業務ができるシステムを導入する。
まず、2人の社員の自宅に同社の顧客情報などが保管されているサーバーに接続できる専用パソコンなどを用意し、在宅でコールセンター業務に就いてもらう。
今後は希望者を募り、在宅勤務者を数十人に増やしたい考えだ。
在宅型コールセンターシステムは保険業界で初めて。
育児や親の介護などを抱える職員に働きやすい環境を提供する。
新型インフルエンザの流行や災害などで既存のコールセンターが閉鎖された場合にも事業を継続できる利点がある。」
引用:2009年8月20日 日経ネット



在宅型コールセンター導入


要は自宅でコールセンター業務をするというもの。


企業側にとっては大きなメリットがある。
オペーレーターの確保。特に結婚や出産などを機会に退社した経験豊富な旧社員などに在宅勤務者になっていただくことも可能。
また、育児などを抱えているオペレーターも採用することが可能になる。
さらに、コールセンターの課題の1つであるシフト。
その調整なども非常に融通の効くものになるだろう。
(仕事がある時には自宅にいる方を見つけ、働いていただくことも可能になるのかもしれない。)


オペレーターにとっても同様だ。
通勤時間はなく、自宅で働けるのだ、
非常に働きやすい環境だろう。


ただし、問題は顧客。


今回、システム導入に当たって、専用端末からの印刷やデータのコピーを制限し、個人情報の流出を防ぐということだが、そう簡単ではないだろう。
通常、大手企業のコールセンターの出入口は厳重な管理がされていて、しかも携帯でさえ持ち込み禁止になっているところも多い。
そう考えると、印刷やデータのコピー制限程度では徹底していることにならないだろう。


今回の対応は顧客に与える不安も大きいだろう。
それをどのように払しょくしていくのか?
アリコ社の個人情報漏えい問題がある中、AIGエジソン生命がどのように運用していくかは見ものだ。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/08/20 12:17 ] アリコジャパン | TB(0) | CM(0)

アリコジャパン 商品券●億円!?

文字色「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「今回、1番お伝えしたいこと」


例の「松たか子 結婚3年目のダメ出しは?」という見出しの解説は今回休ませていただきたい。
というのも、それ以上にお伝えしたいことがあるからだ。


今回、お伝えすること。
それは「売上が上がる」とか、「プロモーション効率が上がる」といったものではない。


事務的でつまらないことだ。


でも、これを知らないと危険だ。
何より、あなたが思いもかけない不測の事態があった場合、「売上が上がる」どころではない。
売上は激減。
最悪の場合、倒産ということもありうる。


お伝えしたい内容。
それは以前お伝えした「アリコ」の個人情報漏えいの件だ。


以前、書いた内容の概略はこんな感じだ。
「謝罪金は一体いくらになるのか?

通常、個人情報漏えいの場合、500円相当の金券(市場流通性のある金券)を送付するのが一般的。
(中略)
ただし、アリコ社の場合、通常の個人情報漏えいというよりは、カード番号が漏れたことが大きい。
(保険契約者は不正利用の不安の中にいるのだ。)

そのため、損害賠償的な意味を持たせるなら、1人あたり数千円を超える可能性も高い。
すると、13万人への謝罪金として、仮に千円でも1億3千万円。
数千円となると、総計で数億円となる可能性も高い。」



もし、あなたの企業で同様のことが発生した場合の目安。
それをお伝えしたい。


「俺の企業でこんなことは起きない。バカにしているのか?」


いや、そのとおりだ。
あなたの企業でこのような最悪のことは起きてほしくない。
できれば、全く起きないようにしてほしい。


でも。。


何が起こるか分からない。


現在、大手企業では情報を外出先に持ち運ぶ際もGPS付きのジュラルミンケースで運んでいることもある。
そこまでする必要はないが、それでも起きてしまった場合のリスクを知っていることは非常に重要なことなのだ。


このアリコ社の謝罪金が決定したらしい。
読売新聞で取り上げていた。


「商品券5億円、情報流出のおわび…アリコジャパン
アリコジャパンは6日、契約者のクレジットカード情報が外部に流出した問題で、約13万人の契約者におわびとして総額約5億円分の商品券を郵送したことを明らかにした。
情報流出が確認された1万8184人には1万円分、当初は流出の可能性があると説明していた約11万人には3000円分の商品券をそれぞれ送った。
一方、自粛していたテレビ広告について「契約者へのおわびと再発防止策に一区切りついた」として5日から再開した。」
引用:読売新聞 2009年10月7日


情報流出が確認された1万8184人には1万円。
当初流出の可能性があると説明していた約11万人には3000円分の商品券。
総計で5億円。



予想が当たっているとか、はずれているとかはどうでも良い。
つまらないことだ。


重要なこと。
それは、一般的な謝罪金の額の500円ではなかったということ。
情報流出が確認された1万8184人には1万円だ。


仮にあなたの企業の個人情報10万人が流出したら、どうなるか?
10億円の謝罪金となる。


謝罪金はあくまでも目安ではあり、当然額を落とすことも可能だ。
それでも、謝罪金も大きいものだし、漏えいが起きた後のビジネスにも大きな致命傷となるはずだ。


個人情報漏えい。
本当に注意してほしい。
あなたのビジネスを継続的に成功させていくためにも。
注意を払う必要がある。


※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/10/07 11:51 ] アリコジャパン | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。