売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新商品に必要な発想の1つは?

文字色「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「平凡なのはダメだ。」


商品開発の際、私がよく口にするのがこの言葉だ。


魅力的なものは平凡なものではない。
必ず特徴がある。
(超平凡というものも1つの特徴ではあるが、ややこしいのでここでは割愛する。)


通常、平凡ではエッジが効かず、訴求力が欠けるのがその原因の一つ。


特化しているもの。


それは印象に残りやすい。
もちろん、どう感じるかは人それぞれであるが、印象が残っているものは特徴が明確だ。


私の好きなアップル製品。
それらは「美しいデザイン」が私にとっての特徴だ。
「iPhone」「MacBookAir」など、圧倒的な美しさで、他のメーカーには真似できない領域にある。
(あくまで、私の感想だ)


保険なども同様だ。


・最も入院給付金額が高い医療保険、
・圧倒的低価格の医療保険、
・誰でも入れる医療保険など(アリコ社の「はいれます」など)



極端なものはそれだけで目を引き、心に残る。


「目を引き、心に残る程度?」


そう思うかもしれない。
しかし、あなたが生活する上であなたの目を引き、心に残っている商品がどれほどあるだろうか?


多くの商品は見られないし、心にも残らない。
※「V字カーブの法則」などからも、この傾向を見ることはできる。
(V字カーブの法則は説明しないが、ある程度、特徴があるものが売れると思ってもらえれば良い。)


ここでご紹介したい方法がある。


特徴をもたせるように特化させるだけではなく、対極にあるものを結びつけることだ。


例えば、先の例であれば、「めちゃくちゃ高い保障額なのに、安い保険料」などだ。
本来実現不可能と思われているものであるほど、成功する可能性は高い。
しかも、それが「新しい」組み合わせであればなおさらだ。
(組み合わせる2つの特徴自体は既存のものが理想だろう。
新しい要素を新しい組み合わせにした新商品の場合、それらを浸透させるのに膨大な費用、労力がかかることになる。)


次の記事は対極にあるものを結びつけるパターンだ。
これは「売れる」商品の典型的パターン。


「一眼のデジカメ、小型・軽量機種がけん引
レンズ交換可能な「一眼」タイプのデジタルカメラ市場で、新規格の小型・軽量機種の売れ行きが伸びている。
従来の一眼レフから反射鏡をなくし、一眼レフより3~5割軽いのが特徴だ。
調査会社BCN(東京・文京)によると今年6月以降、3カ月連続で一眼タイプの販売台数全体の1割以上を占め、伸び悩むデジカメ市場を活気づけている。
新規格のデジタル一眼は本体重量300グラム前後と軽い。
中心価格は本体・レンズのセットで7万~13万円。家電量販店の店頭ではオリンパスイメージングの「ペン E―P1」が好調で、発売されたばかりのパナソニック「ルミックス」シリーズも期待を集める。」
引用:日経ネット 2009年9月21日



一眼は従来重かった。


反射鏡が内部にあったからだ。
その反射鏡をなくし、一眼レフより3~5割軽い。


本来重い「一眼レフ」に「軽量」を結びつけている。
非常に魅力的な商品だ。


「一眼レフ」も「軽量デジカメ」も既存商品であり、成熟はしているが十分普及している人気商品だ。
ここに新しい組合せをする。
これが浸透させやすい新商品のパターンだ。


この組み合わせ「超軽量一眼レフ」は今後も伸びていくと考えられる。


あなたのビジネスの商品でもぜひ活かしてほしい。
これはめちゃくちゃ使える方法だ。


※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/09/22 14:09 ] 商品開発 | TB(0) | CM(0)

最も簡単な商品開発の事例

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


「最も簡単な商品開発の事例」


数ヶ月前に「最も簡単な商品開発」という記事をこのブログで書いた。
読者の方から、その話をされたこともあり、比較的好評の記事だった。
そのため、その話をしつつ、事例を説明していきたい。


「商品開発」


そう聞くと、普通は「新しく商品を開発すること」をイメージするかもしれない。


私の経験でも、そのような方が多い。
「新商品を開発しよう」というと、全く新しい商品を開発しようとする人が多い。
もちろん、これを否定するわけではない。
完全に新しい商品を開発する方法もある。


しかし、何から何まで新しい商品
その商品は失敗する確率が高いのだ。



完全に新しい商品は、
そもそも、
知られていない。
買われていない。
普及していないのだ。
何もかもが分からない状況なのだ。
(もちろん、リサーチをしたとしてもだ)


前回の記事では、
Jay Abrahamの「Getting Everything You Can Out of All You've Got」


この書籍の一部を引用させてもらった。


「アイスクリームが発明されたのは紀元前2000年。
しかし、アイスクリームコーンを考えだしたのは、
それから3900年も経ってからのこと。

さらに、パンは紀元前2600年にはすでに焼かれていた。
しかも、そのはるか以前に肉は食べられていた。
それにもかかわらず、それを合体させてハンバーガーを作ったのは、
それから4300年も後のことだった。

どれも、結びつければ「それは当然だろう」というものばかりなのだ。
しかし、世の中にはまだ結び付けられていないものが無数に存在する。」



既にある商品を結びつけること


これが最も簡単な商品開発法の1つだ。
以前、説明した成熟商品を少し改良し、新商品を作るのに似ている。



成熟商品


その成熟している商品で特に普及している商品は以前は成長し、普及した商品だ。
市場にはある一定の規模があるのだ。
顧客数が多い。


一定の市場規模があるからこそ、成熟商品を少し改良し、新しい商品を作る方法は何もかもが新しい商品を開発するより、よほど成功しやすい。
完全に新しい商品とは違う。
成熟商品は既に知られている。
しかも、一定の市場規模があるのだ。
その既存商品と既存商品を組み合わせて、「新しさ」「ニュース性」を加えていく。


ハンバーガーで考えてほしい


この方法はその市場の観点から考えてほしい。


パンを食べている人は膨大にいる。
そして、肉を食べている人も膨大にいる。
そのどちらも市場が大きい。


だからこそ、それらを組み合わせた時、その市場が見込み客となる。
既存商品を絡めているため、成功確率が高く、市場も大きいのだ。
その「新しさ」「ニュース性」が注意喚起にもつながる。
新しい商品をゼロから開発するより、よほど容易なのだ。


既にある商品と既にある商品。
両者とも何も新しくない。
そこから、非常に強烈なヒット商品が過去も生まれている。
ある意味では世界的なヒット商品iPhoneだって、この方法で生まれたと考えられる。


次のニュースも同じだ。


「カラムーチョと焼きそばU.F.O.がコラボ商品発売へ
 日清食品ホールディングスと湖池屋は、「カラムーチョ ホットチリ味」の焼きそばU.F.O.と、「焼そばU.F.O.濃厚ソース焼そば味」のポテトチップスをそれぞれ7月5日から順次発売する。
互いの定番商品の味を生かして共同開発した。
価格は焼きそばが税別170円、ポテトチップスは近畿、中四国限定で58g入りが税込み120円前後。」
引用:asahi.com 2010年6月21日



カラムーチョと焼きそばU.F.O


あなたはどちらも食べたことがあるだろう。
これも同じだ。
既にある商品と既にある商品を組み合わせ、新商品を開発したのだ。


「1回目は食べてみたいけど、何回も食べるかな?」


そう思う方もいると思うが、そこが既に違う。
完全に新しい商品とは違うのだ。


完全に新商品ではその初めの1回さえ、食べてもらうことができない。
しかし、既存商品を組み合わせることで「新しさ」「ニュース性」を生み、しかも、カラムーチョとU.F.Oの顧客が見込み客となる。
カラムーチョとU.F.Oを今も食べている方はもちろん、しばらく食べていない方も購入する可能性はある。
後は実際の味の勝負となるだろう。


ぜひ、あなたのビジネスの商品開発の時にもこの考え方を生かしてほしい。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)
[ 2010/06/22 08:19 ] 商品開発 | TB(0) | CM(0)

新商品を考える上での1つの切り口 2

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


「新商品を考える上での1つの切り口 2」


次回、お話しすると話していた「新商品を考える上での1つの切り口」の続きを書いて行きたい。
土日は休みの方が多く、このブログもそれほど読まれていないため、土日は別の話題とさせていただいた。
今回、その続きを説明していきたい。


その前に2日間あいたので、前回のことを少しだけ説明したい。
前回、あなたが電子書籍を出版するケースを考えてきた。


電子書籍のライフサイクルは成長期にある。
しかし、成長期にも当然成功するものと失敗するものがある。
安易に成長期だからと言って、あまり考えずに展開してはいけない。
深堀りをして考えてほしいという説明をした。


特に考えてほしいのが「理由」だ。
「なぜ、顧客はあなたの商品を買わなければいけないのか?」


ここで重要なのは2つの切り口だ。
商品カテゴリーとしての理由(既存の本を競合として考えた場合の理由)と、
商品としての理由の2つだ。


商品カテゴリーとしての理由


既存の本を競合として考えた場合の理由をまず考えてきた。
(既存の本と比べ、なぜあなたの電子書籍を買わなくてはならないかということ)
その一例として「重さ」をあげた。


電子書籍自体は重くはない。
でも、ハードが重い。
iPadはWiFiモデルで680g
キンドルが250g弱。
文庫本のようなものを読むのであれば、1冊150gくらいだ。
iPadを持ち歩くよりは、慣れている文庫本の方が良い。


すると、あなたが販売すべき電子書籍はある程度、重い本になるのだ。


でも、写真集などは難しい。
重いものは1kgを超えるが、写真集の魅力はそのサイズにある。
画面が写真集より小さいiPadやキンドルではその魅力が半減する。
ここは注意が必要だと説明してきた。
少し長くなったが、ここまでが前回までの要点だ。


ここで事例をあげたい。


先日2010年7月23日の紀伊国屋書店のリリース


これは的を得ている。
次のものだ。


「紀伊國屋書店 医学生向け電子書籍の販売開始
株式会社紀伊國屋書店と株式会社ジェイマックシステムは、2010年7月より紀伊國屋書店 医学系大学ブックセンター、及び新宿医書センターにて、『今日の治療薬2010』等のiPhone・iPad対応ダウンロード限定版『iPod touch & iPhoneで使えるセット06-’10 for 医学生』を“紀伊國屋書店特別バージョン”として販売を開始いたしました。
[製品の特長]
・『今日の治療薬2010』等、医学部学生がよく使う医学書や辞典など11種類のコンテン
 ツを「紀伊國屋書店特別バージョン」として、86,100円相当を59,800円(税込)にて
 提供いたします。
・医療向け計算機能、電子医療辞典等の各コンテンツは串刺し検索が可能となっており
 ます。
・外出時に医学書、辞典等を持ち歩くことなく、国家試験対策に取り組むことができま
 す。」



専門書は重い


私も学生時代は法学部だった。
確かに小さめの六法全書はあったが、一般的には重いものばかりだ。
それに、経営を学んでいた頃は鞄がはちきれるほど、分厚い本を大量に持ち歩いていた。


上記リリースの医学書
これも重い。
「今日の治療薬2010」1冊で1360ページだ。
その他の本を持ち歩くとなると、重労働をしているようなものだ。
ところが、これが電子書籍になることにより、専門書を持つ必要がなくなる。
しかも、「医学部学生がよく使う医学書や辞典など」を電子書籍としている。
必要性の高い書籍ばかりだろう。
また、既存の書籍ではできなかった計算機能や検索機能があり、それを国家試験対策で使ってくれと説明している。
狙いは正しいと思う。


余談だが、
紀伊国屋書店は、そもそも、医学書に注力している。
新宿には日本最大級の医学書コーナーなどがある「新宿医書センター」も7月16日にオープンしている。
ここには医学書・看護書の品揃えが7万冊だ。
この強みに合致した方向でもあり、今回のリリースはそれを支えてもいる。


話を戻そう。


もう1つの理由が商品としての理由だ


他の既存の本や他の電子書籍がある中で、なぜあなたの商品を買わなくてはならないのか?
これをクリアした商品が賢明だ。


今回のような電子書籍などの場合は新しいことをやる必要はない。
新しい試みという風にメディアで取り上げられることはあったとしても、それが成功するとは限らない。


あなたの企業が中小企業であれば、まずは既存の書籍の世界で絶対に必要とされるものからスタートすべきだ。
既存の書籍には当然のように必要とされているが、電子書籍にはないもの。
これからだ。


ネットが現れた時も同じだった


サイトを電話帳のように調べる「検索」
テレビや新聞などの「ニュース」などに変わるネット上の「ニュース」
こうしたものは絶対に必要だったし、今も残っている。
だからこそ、既に過去成功し、長期的に必要とされているものから狙うべきだ。
ここは長期的に成功が見込める。


それを、先ほどの商品カテゴリーの理由と組み合わせて考える。
あくまでも一例だが、次のような式になる。


「重いもの」×「既存市場で確実に存在するもの」


すると、「辞書」などの必要性が高いことが分かるだろう。
簡単なところでは「英和、和英、英英」などの辞書だ。
そして、電子書籍の成長だけでなく、中国の成長を考えると、中国語関係の辞書。
こうしたものは分かりやすい。
シンプルだ。


重い。
それに、既に既存の書籍の世界で必要性があったもの。
そして、今後の長期的成長も期待できるもの。
そう考えると、中国語関係の辞書は良いだろう。
ただ、機能性を考えるとアプリの方が賢明かもしれない。


実際、


物書堂のiphoneアプリの販売が成功しているのも同じ理由だと思う


彼らは中国語関係の辞典はやっていないと思うが、ウィズダム英和・和英辞典で成功を納め、
さらに「大辞林」を2008年12月にリリースをした。
物書堂のアプリの販売は累計で27万本という成功をおさめたのだ。


話を戻そう。
電子書籍というと完全に新しい世界だ。
だから、それに合ったものを販売しようなどと斬新なことを考えてしまう。
しかし、目の前に過去の成功事例は無数にある。
長期的に成功をおさめたものがあるのだ。
まず押さえるべきは既存の書籍で絶対に必要とされているもの。
これから押さえるべきだ。


既存の本から電子書籍に変わっても、人間が必要とするものが突然変わるとは思えない。
既存の世界に成功するためのヒントがいくつも存在する。
新市場で完全に新商品という切り口は非常に厳しいのだ。
ぜひ、今回の内容を新商品を考える際の1つの参考にしてほしい。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)

[ 2010/08/23 14:46 ] 商品開発 | TB(0) | CM(0)

起業家、個人事業主の1番困っていること

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


「ネットビジネスで
 起業家、個人事業主の1番困っていること」



前回、
2010年10月1日0時から24時までの1日限りの受付で
1社(個人事業主の場合、1人)限定で
「ネットビジネスで1番困っていること」について、
無料でコンサルティングさせていただくとご連絡した。


これは何1つ狙ってはいない。
顧客データを集めるためでもなく、
あくまで、これまでの感謝の気持ちからのプレゼントだ。


確かに今後、応募をいただいた方に何らかのことをご案内させていただく場合もあるかもしれない。
そのため、入力フォームの箇所に利用目的として「頂戴したお客様の情報は、売上増大、利益増大に役立つサービス、情報を提供させていただくために、取り扱いをさせていただきます。」とは書かせていただいた。
でも、特にそれが主な目的ではない。


ただ、サイトにも書かせていただいたとおり、
無料コンサルティングは1回であるため、
あなたの1番お困りのことに絞らせてほしい。
(時間は60分~120分と限りがあることから、解決できないこともあると思うが、可能な限り、解決するよう、ご協力させてほしい)


コンサルティング内容は下記のとおりだ


■課題:あなたがネットビジネスで1番困っている問題(最も困っている内容だ)
■時間:60~120分を予定
■場所:東京都内(港区もしくは中央区の某所を予定)
■料金:無料*場所によっては1,000円前後の飲食代はご負担いただく場合もあります。
■コンサルタント:橋本哲児(イノベーションコンサルティング代表)



そして、応募条件は次のとおりだ


■対象条件1:独立/起業してから3年以内の個人事業主・企業(経営者)
■対象条件2:独立している方であれば、年収2千万円以下
起業されている場合であれば、ネットで年商が1億円以下
■対象条件3:やる気、モチベーション、意欲の高い方
やる気や意欲は高いけれども、ネットビジネスがなかなかうまく行かないという個人事業主や企業を対象とさせていただきます。
■対象条件4:問題解決に必要な情報についてはご提出いただく場合があります。
■対象条件5:今回の応募期間である10月1日0時より24時までに申込いただいた方



ご興味がある方はぜひ、応募いただきたい。
10月1日0時より受付期間がスタートする。その期間にご入力いただければと思う。


今回の内容は対象条件に該当する方には確実にお知らせしていきたい。
そのため、繰り返し、ご連絡をさせていただく。
しばらくの間、ご容赦いただきたい。


→プレゼントのサイトはコチラ


売れるサイトを書く方法


また、もう1つ確実にお知らせさせていただきたいことがある。
こちらは前日も「良かった」と評価を頂戴しているプログラムだ。
(昨日段階のビジネス・情報ランキングでも3位)


数十億円の売上を実際に上げたネットビジネスノウハウの中から
あなたに特に知ってほしい売れるサイトを書く方法
「売れるサイトを書く方法」


これはネットビジネスをやる方には確実に押さえてほしい知識だ。
ぜひサイトをご確認いただき、検討していただきたい。
「検討する時、サイト中央の各章の説明が役に立った」という声も頂戴している。
そちらも合わせて、ご確認いただきたい。

→「売れるサイトを書く方法」のプログラムはコチラ

また、この内容の考え方を用いたサイトで実際に年商2億円を上げた経営者の方へのヒアリング
→ヒアリング内容についてコチラ


こちらもご検討されている方に確実にお知らせしていきたい。
そのため、繰り返し、ご連絡をさせていただくと思う。
ご容赦いただきたい。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)
[ 2010/09/28 17:15 ] 商品開発 | TB(0) | CM(0)

商品を生み出す体制 1

blogcopy4


商品を生み出す体制 1


前回、予告をさせていただいたとおり、
今回から「商品」を生み出す体制についてお話しして行きたい。


最近、何人かの経営者とお話ししている中、
「商品」の話がなることがある。


共通して出る話は


「売れる商品はすぐに分かる」というものだ。


新商品を販売し、売れるものは一瞬にして反響が違う。
そのような話だった。


もちろん、これは注意が必要だ。


売れるには顧客に「買う」行動をしてもらう必要があり、
行動してもらうためには顧客に信じてもらう必要があり、
信じてもらうためには顧客に「商品」を見てもらう必要がある。


その最初の段階の「商品」を見てもらっていないのであれば、優れた新商品であっても売れない。


それは当然のことだが、ここは勘違いしないでいただきたい。


「売れない商品なのか?」
「売れる商品だが、売っていないのか?」


この2つは結果は同じだが、全く違うことを意味する。


話を戻そう。


その経営者連中は次のように話した。


「ただ、その優れた新商品はそう見つからない」


これは「間違いだ」と言いたいが、
「見つかりづらくなっている」のは事実だ。


理由は簡単だ。


お客の「お金」と「意識」に問題があるのだ。


まず「お金」の問題


年収は極端に下がっている。


どのようなデータの数値を見ても同じようなことを示しているが、例えば「民間給与実態統計調査」では、平均年収は平成9年度の467万円をピークに平成21年度の406万円に急降下。
平成22年に412万円と若干上昇したが、基本的には下がってきている。


世帯年収も同じだ。
基本的には減少している。


さらに、「意識」も同じだ。


「国民生活基礎調査ー生活意識の状況」でも、生活は「大変苦しい」「やや苦しい」が非常に多く、全世帯中、「苦しい」と答えたのは50%を超える。


「ゆとりがある人もいるだろう?」


確かにいる。
世の中、どのような時も稼ぐ人は稼ぐ。


年収だって、1億円を超えるような連中もいる。
月収で1千万円を超えるような人もいる。


でも、そのような連中も含め、「ゆとりがある」と答えたのは全体の5%にも満たない。


前回のシリーズの「少数」を「多数」が支えているという話同様の結果だ。
(もちろん、相続などで莫大な資産がある方もいるだろうが。。)


「普通」と答えている方もいるが、それも「ゆとりがある」というレベルではない。


意識も多少の上下はあるが、基本的には下がっている。
「買わない」のだ。


時間がある方はフォーブスの世界長者番付などを見てほしい。
それを見れば、気がつくと思うが、億万長者のランキングにいるビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどトップ3の常連の連中は、以前から存在する億万長者のタイプだ。


でも、24位にランクインしているグーグルの創業者ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリン。
35位にランクインしているフェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ。


彼らのように最近ランクインした連中の中で目立つのは、
いわゆる直接的なユーザーにはお金を払わせないビジネスをやっていることだ。
「フリー」の題材で出てくるように、全く払わせないのだ。


まさに「お金」もなく、「生活は苦しい」という人々に合致しているサービスだ。
日本だけでなく、不況が続く先進国はもちろん、途上国にとっても。
いずれにせよ。それに適しているサービスだ。


厳しくなればなるほど、
人々はお金を使わないサービスに「お金を使わずに楽しめて、ありがたい」と使う。
それに対して、多くの企業はこの不況の中、「少しでも集客をしなければ」とネット広告にお金を使う。


(アップルのジョブズは亡くなったので、先ほどのランキングには掲載されていなかったが、アップルは有料だが、低価格で芸術品のような商品だ。無料のアプリだって使える。「フリー」までは行かないが、この不況に合致している)


つまり、


「お金がない」
「生活は苦しい」



そのような人が多い中で、ビジネスをしなければならない。


おそらく、このブログを読んでいる方の中にも


「最近、以前売れていた商品が売れなくなった」と悩んでいる方もいるだろうし、


「売れる商品を考えたい」と思っている方もいるだろう。


だからこそ、どのように「商品」を考える体制を構築するのか?
それをお話しして行きたい。


ただし、新商品を生み出す「考え方」という話ではない。
「考え方」ではなく、「体制」の問題にフォーカスしてお話しして行きたい。


それでは次回を楽しみにしていただきたい。


blogcopy2
[ 2012/03/22 20:30 ] 商品開発 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。