売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳が冴える集中力を高める方法

売上、利益を増大したいあなたへ
ビジネスを数値で徹底検証するダイレクトマーケティングの視点から、売上、利益を増大させる情報を提供する。
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)


「脳が冴える集中力を高める方法」


あなたの目の前にやらなければならない仕事があるとしよう。


「集中して仕上げなければ」
そう思い、机の上の書類を前に集中しようと思うが、なかなか仕事が進まない。


「なんか、やる気が出ない。集中できない。」
やらなければならない仕事があるのにぼんやりしてしまう。
集中できないのだ。


あなたにはこのようなことがないだろうか?


ビジネスをする者にとって、「集中力」が重要なのは言うまでもない。


私が会ってきた多くのビジネスマン
その中で「できる人」と言われている人は、この集中力が高い人が多い。


そもそも、
仕事のスピードが圧倒的に変わる。
普通の人がダラダラと1日かけても出来ないことが、集中力が高い人であれば1時間で出来てしまうことだってある。
仕事ができないのは能力がないのではなく、この「集中力」がないことによる、生産性の悪さが引き起こしている可能性だってある。


この集中力を高める方法
それについて、NHKの「ためしてガッテン」で2007年8月29日放送していたらしい。
放送された内容は私自身が「確かに集中力が高まった経験があるな」と思うものだったので、ここでご紹介したい。


あるゴム成形メーカーの工場での仕事


生産されるゴム製品を厳しく検査をする仕事だ。
そこでは、1時間に800個を検査しなくてはならない。


だが、集中力が途切れると、その800個という目標は達成できない。
集中しないと、800個も検査できないのだ。
その状況で、集中力を高めるのに有効な2つの方法を使った。


その1つが「環境音」を使用すること


まずは「環境音」を使用して、作業をするテストを行った。
環境音とは自然の音のこと
環境音を聞くことで、その他の気になる雑音を覆い隠してしまう。
音によって、周りの音を制するのだ。


しかも、完全に静かな状況よりも集中力は高まる。
(電車の中など適度な環境の音が聞こえる状況。適度にうるさい方が集中できたことはあるだろう。あれのことだ)
この「環境音」によって、集中力は高まる。


しかし、それでもまだ集中が途切れてしまうことがある。


そこで2つ目の方法を使う。


実際、この2つ目の方法を使うことで、1時間で目標の800個をはるかに上回る個数を検査し、1.5倍の成果になった。


1.5倍だ。
その生産性は半端ではない。


その方法
紙に書くことだ。
内容は、


「10分間に130個以上検査する」


つまり、1時間800個の目標を小刻みな目標に書き換える。
これは私も頻繁に使うが、非常に有効だ。
私はそれを「エレファント・テクニック」と呼んでいる。
(名前は覚える必要はない)


小刻みな目標に書き換え、自分のやる気を高める「集中ワード」を書く。
「集中ワード」とは「にんじん」のようなものだ。
それを達成することによって、何が手に入るかを書く。
今回の場合であれば、「クリアできたら定時に帰ることができる」とかだった。


ここまでで2つの方法の説明はほぼ終わりだ。


しかし、私が注目したのはここからだった。


実は2つ目の方法の小刻みな目標
それについて実験したのだ。
脳の反応の違いを調べる実験結果


その結果は「ワープロ印刷をするよりも、手書きの方が効果的」なのだ。


目標をワープロ印刷した紙を見た場合と、
それを手書きで書いた紙を見た場合では、
手書きで書いた紙を見た方が脳が反応しやすいのだ。
(脳は「自分で決めた目標を実行しようとする、強い意識の現れ」と考えるのだ)


手書きが脳に影響を与える


これは非常に有効だ。
集中力を高めるだけではない。


あなたのビジネスの目標、プライベートの目標
それらは手で目標を書くのが良いと言われてきた。


実際、それは脳から考えても正しいことだったのだ。
つまり、あなたの目標をPCで設定してはいけない。
手書きで目標を設定してほしい。
手で書くことによって、あなたの脳をコントロールし、目標達成する確率を高めてほしい。


あなたの脳を効果的に活用するのだ。


追伸:その他の集中する方法は次のものがあるらしい。
・自分が興味や関心のあるものは身近に置かない。
・好きな音楽を聴いたり、深呼吸をするなど、リラックスして「集中エネルギー」を高める。
・集中ワードを口にしたり、あるいは自分が集中出来た時の直前にやっていたこと(コーヒーを飲む、入浴する、など)をするなど、「集中儀式」によって、脳の集中スイッチを入れる。
・集中している間は、休憩を定期的に入れ、消費された「集中エネルギー」を再び補充する。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。内容について不明な点、ご意見などがあれば、メールフォームから連絡をいただきたい。
ブログにて、説明をさせていただきたい。
参考になったら、クリック


現在の当ブログのランキングをご確認ください。
(過去最高順位は下記のとおり)
コンサルタントブログランキング1位(最高順位)
マーケティングブログランキング3位(最高順位)
経営ブログランキング5位(最高順位)
スポンサーサイト
[ 2010/04/10 12:58 ] 自己啓発 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。