売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「売上」を上げたいアナタへ

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


「売上を上げたい」

そう考えている経営者、社員、個人事業主。
そして、今後、起業をしたいと考えている起業予備軍のあなたのために


「売上を上げたい」
「将来が不安」
「どうしたらいいんだ」
「新規客の集客がしたい」
「既存客が離れていく」
「顧客単価が下がっていく」
「粗利が低下している」

コンサルとして様々な企業の経営者、社員の方とお会いしていて、
そのような話を聞く機会があまりにも多い。

もし、あなたがこのような方であれば、
そのようなあなたのためにこのブログを書きたいと思う。

私は現在、東京都港区麻布に自宅兼事務所を持つ、
売上最大化DRMコンサルタント。
コスト削減やオペーレーションなどではない。
「売上を上げること」
そのことを専門にしている。
さらに、DRMだ。営業チャネルを持っているクライアントもいるが、
いずれにせよ。主にダイクレトマーケティング。要は通販の仕組みを
構築し、売上を最大限上げていく。

現在、主に大手企業の顧問などをさせていただいている。
これまではネットでの募集はせず、
既存のクライアント様のご紹介のみで、
コンサルティングをさせていただく先を決めていた。
また、現在はこれ以上の顧問をさせていただくことは対応できないため、厳しい。

ただ、ちょうど、ある知人の社長と話をしている時に、
「このような状況だからこそ、あなたの話を聞きたいんです」と言われて、
ハッとした。ネット上などで、顧問をさせていただくほどでなくとも、
少しのヒントでも、多くの方のために提供させていただくことはできないか。

このような状況。この不況の状況下。
もちろん、私のできることは限られている。
売上が最大化するヒントをお伝えすること。

行動はあなただ。

顧問をさせていただいたクライアントの全てが成功しているわけではない。
正直に言うと、全てではない。
ただ、成功する確率は上がるはずだ。

経営大学院などマーケティングなどは徹底的に研究をしてきたことに加え、
とにかく実践をしてきた。
(MBAなどよりは実践の方がはるかに重要だ。)

クライアントの事例はNDA(秘密保持)を結んでいるため、
事例は新聞など一般に公表されているものを活用し、お話をしたい。

成功パターンについてはあえて全ては話をしない。
それを読み取ることで売上を上げる力がつくはずだ。

途中、脱線すると思うが、許してもらいたい。
反響があれば、続けるし、反響がなければ止めたいと思う。

仕事の合間に書くため、不定期での更新になることはご容赦いただきたい。

あなたが勝ち続けることを心より願っている。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



スポンサーサイト
[ 2009/03/12 00:48 ] 売上増大 | TB(0) | CM(2)

セブン&アイ 大衆薬で低価格店

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


『セブン&アイ 大衆薬で低価格店
調剤最大手と共同展開し、コンビニにも供給』


ご存じのとおり、3月12日の朝刊にある記事。
※詳細は日経朝刊を見てもらいたい。


まとめると、こうなる。
・企業:セブン&アイ・ホールディングス
・製品/サービス:低価格ドラッグ
・店舗:低価格ドラッグストアの全国展開
・理由:6月の改正薬事法施行で薬剤師がいなくても大衆薬を
販売できる規制緩和を受けてのこと。
・共同:調剤薬局最大手アインファーマシーズと共同で店舗を
低コスト運営する会社を設立


色々とあるが、鍵は「低価格」
それに重要な要素があるのだが、これは後日書きたい。


12日の日経朝刊には数多くの低価格展開に関する記事が掲載
されていた。


上記セブン&アイの他、


コープネットの食品などPB中心に、
1000品目を最大5割値下げすること、


さらに、イタリアの高級ブランド。
プラダだ。


プラダは3月14日から主力商品を約1割値下げだ。
しかも、主力商品だ。


3月12日のこの朝刊だけでなく、
とにかく、「低価格」での展開についての記事が多い。


それでは、「低価格」にすれば企業は、いやビジネスとして、利益を
伸ばすことはできるのか?いや、勝ち続けることはできるのか?


その続きを後ほど書きたい。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



[ 2009/03/12 16:33 ] セブン&アイ | TB(0) | CM(0)

セブン&アイ 大衆薬で低価格店 ?

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


前回、セブン&アイ・ホールディングスの低価格ドラッグの
展開について書いた。
※詳細は前回のブログを見てもらいたい。


低価格戦略。
もし、あなたが大手企業の経営者であり、
業界のリーダー企業であるなら、その選択肢をとることも可能だ。


あまり、難しいことは割愛するが、
これを実現させるためには、低コストが必須。
いわゆる「コストリーダーシップ戦略」だ。


低コストを実現させない限り、粗利は低くなるばかり。
多くの企業はこれを実現させることはできないのだ。


だからこそ、
あなたが中小企業の経営者、起業家、個人事業主であるなら、
その選択肢は避けた方が賢明だ。


低価格を実現させるためには、低コストが必須。
そのため、徹底的に低コスト化を実現させるだけの規模が重要となる。


規模の経済。
分かりやすく言うと「大量な仕入れ」をすると、割引率が高まったり
する。あれだ。その他、規模が拡大すれば取引業者などをおさえる力
も高まる。
そうしたものが、低コストを実現させる。


だが、これを実現させるのは、業界のリーダーだ。
言い換えると、強者の戦略。


多くは、これを実現させることはできない。


それでは、多くの企業は低価格戦略を
とることができないのか?


続きは次回

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



[ 2009/03/13 11:31 ] 日経記事 | TB(0) | CM(0)

トヨタの新型ハイブリッド車

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


本日も低価格戦略の記事だ。
(私は基本的には、低価格戦略は好きではないが。。)


「ハイブリッド車 トヨタ、200万円切る新型
2011年メド 価格、一般車並み

トヨタ自動車は200万円を切る新型ハイブリッド社を開発し、
2011年にも日本で発売する。他車種との部品共通化などで
コストを抑え、現行『プリウス』より2-3割安く、ホンダが
2月に発売した『インサイト』を下回る価格を目指す。」
日本経済新聞2009年3月13日付記事引用


この記事はご存知のとおり。

骨子は次のとおりだ。


企業:トヨタ自動車
製品:新型ハイブリッド車
価格:現行プリウスより2-3割安い。
   さらに、ホンダのインサイトを下回る価格を目指す。


2月の新車販売ランキングのことはまだ記憶に新しい。


というのは、08年10月頃、私の知り合いが「プリウス」を買い、
それを誇らしげに喋っていたからだ。
しかし、その数ヶ月後の2月。



上記の新車販売ランキングが発表された。



ホンダのインサイト。
そのインサイトはプリウスを抜き、
ランキングで10位だった。
しかも、このインサイト。価格は最低価格189万円だ。



私の知り合いは「プリウス」のことを喋らなくった。
「彼がプリウスのことを喋るかな」と
私が意識しすぎなのかもしれないが。。



「セブン&アイ」の格安大衆薬と同様、
世の中は低価格に向かっている。



製品ライフサイクルで見ると、
ハイブリッド車は成長期にあった。
成長期。要は売れに売れている状況。
売上がグングンと伸びる状況だ。



それが、世界販売のハイブリッド車は、
08年は約43万台の販売と前年比横ばい。


自動車という完全に成熟産業の中で、
成長期にあったハイブリッド。
だが、上記の通り、08年は前年比横ばい。
少し陰りが見えてきたのかもしれない。
タイミングとしては、非常に難しい時期に入っている。


この状況の中、各社、部品共通化などによって、
低コストを必死になって実現させ、今後低価格で成長製品と考え、販売する。


低コスト、低価格戦略は
教科書的には、規模の経済。
要は業界1位など企業規模の大きいところが勝つ。
「規模の経済」により、圧倒的な低コストを実現できるだからだ。


だからこそ、今後、トヨタとホンダの戦いがどうなるのかは見ものだ。
ただし、あなたが中小企業の経営者、個人事業主である場合、
この低価格戦略に踊らされてはいけない。


死に物狂いで規模の経済を実現させている、
大手が競争している世界に入り込んでしまうことになるのだから。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



[ 2009/03/13 17:05 ] トヨタ | TB(0) | CM(0)

トイザらス、今期7億円の黒字の見通し

★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング


本日の事例はきっと参考になることが多いと思う。
既にご存知の記事だと思う。


 『トイザらス、今期7億円の黒字に ベビー用品伸ばす
 日本トイザらスは12日、2010年1月期の単独最終損益が7億円の黒字
(前期は29億円の赤字)になる見通しだと発表した。

 昨年のクリスマス商戦で不振だったゲーム関連商品などの取り扱い
 を減らし、利益率が高くて需要も伸びているベビー用品の取り扱い
 を増やす。

 前期に計上した不採算店舗の減損などがなくなることも寄与する。
 消費動向が不透明なため今期も無配の予定。

 売上高は前期比2%減の1760億円の見込み。新規出店はない。
 ベビー向け以外の玩具販売は落ち込む。
 一方、6店の既存店でベビー専用売り場をつくる改装を計画しており、
 ベビー用品は伸びる。

 営業利益は約2倍の23億円。
 ベビー用品の売上高構成比が高まり、売上高総利益率が約1ポイント
 改善する。

 客数を呼び込むために新聞折り込み広告を引き続き積極的に発行し、
 販管費は横ばいの見通し。経常利益は約2倍の22億円。』
 日経新聞記事引用



前期29億円の赤字から10年1月期は7億円の黒字になる見通しという
発表だ。


このように大幅に改善するという事例には、
何かが必ず原因となっている。

 
その原因をあなたなりに考えてもらいたい。
必ず、その成功要因が表面に表れている。
その成功要因が顧客に見えるからこそ、顧客はそのビジネスの影響を
受け、購入したりするのだ
から。


今回の記事をまとめると、下記のとおりとなる。
まとめるだけで分かりやすくなるはずだ。


企業:トイザらス
商品:昨年のクリスマス商戦で不振だったゲーム関連商品を減らし、
    利益率が高く需要が伸びているベビー商品を増やす。
売上高:前期比2%減の1760億円の見込み
店舗:6店の既存店でベビー専用売り場をつくる改装を計画
(それにより、ベビー商品を伸びる)


ポイントは利益率が高く需要が伸びているベビー商品
これだ。


売上高は前期比2%減だ。
だが、商品が利益率が高く、しかも重要が伸びている商品への切り替えを
行ったことにより、営業利益が約2倍の23億円になった。


(もちろん、前期に計上した不採算店舗の減損がなくなることも寄与して
 いるが、ベビー商品への切り替えが極めて重要な原因だ。)


製品ライフサイクルが「成長期」にある製品。
この製品は、売上を伸ばす大きな原因になることが多い。


あなたのビジネスでの「成長期」にある商品。
つまり、需要、売上が大きく伸びている商品はあるだろうか?


さらに、利益率が高いものは狙い目だ。


トイザらスはその製品の切り替えのみで、営業利益を大幅に伸ばす
のだ。だからこそ、あなたも、自社の商品がどのような販売状況なの
か、利益状況なのかを再度確認してもらいたい。


きっと、改善の余地はあるはずだ。

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング



[ 2009/03/14 20:49 ] トイザらス | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。