売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「絶対、観てほしい動画」とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「何度も観てほしい動画だ」


そのような気持ちで、4月29日の本ブログであなたに羽生さんの動画をご紹介した。


「他力が勝負を決める」というタイトル。
動画ではそのタイトルが最初に映し出される。
※羽生さんの動画は⇒コチラ

動画の中、羽生さんはこう言う。


『将棋は持っている力を全部出せば良いというものではない。強さの加減をしなければならない。意識的に弱めなくてはいけない。』
『将棋は他力。他力が必要』
『自分が何かをするというよりも、他力。』
『相手の力を利用して、それで戦う』



私は将棋はやらない。


だが、私は彼(羽生さん)が好きだ。
彼が見ているもの、考えるものに非常に共感できるところがあるから。


羽生さんは名人。
私は将棋は素人。
なので、将棋のことについては理解できないし、全く分からない。


ただ、私はコンサルタント。
コンサルタントとして考えているコトと羽生さんの動画で語っているコトがあまりに共通項があったので、この動画の話を初めて聞いた時、めちゃくちゃ驚いた。


私はビジネスで同じことを考えていた。
しかも、その考えでビジネスを爆発的に成長させ、売上を伸ばすことができる。


この考え。
それは羽生さんの話と同じだ。


私が考えていたことは次のようなものだ。


羽生さんの言葉にある相手は「顧客」。
そして、自分というのが「自社」もしくは「自分の会社」だ。


売上を上げるのは「顧客」。
要は顧客が売上の源泉だ。
この売上の源泉である「顧客」と「自社」がどのような力関係であるべきなのかということを常に考えてきた。


「顧客」の力を利用して、ビジネスで売上を上げるのだ。


「顧客」の意図を見抜く方法はいくらでもある。
(昨日もあるクライアントの社長にその話をしていたのだが、かなり好評だった。それを実施すれば、強烈に顧客の心や力を把握することが可能だ。)


緻密に見れば、「顧客」の力を十分活用できる。
顧客の心と力を見抜き、顧客(相手)の力を利用して戦うのだ。


その意味で、ビジネスでは、自分が頑張れば良いということではない。
自分が死ぬ気で力を出しても、全力で力を出しても、顧客の心や力に抵抗してしまうとビジネスは成功しないのだ。


自分の力を全部出せば良いということではない。


相手よりも自分の強さを意識的に弱める。
そして、相手の心や力を感じ、その力を利用して売上を上げる。


これこそが、私の持論だ。


10年前くらいから、考えていたこと。
この考えが中心にある。


羽生さんにとって「相手」は競争相手。
私の場合は「相手」は顧客。競合他社ではないので、その点は大きく違う。


ただ、私の経験の中ではこの考えがうまくいかないことはない。
あなたのビジネスを成功させるために、参考にしてほしい。


また、その視点で羽生さんの動画をもう一度観れば、参考になる点は必ずあるだろう。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/05/01 07:00 ] 人物 | TB(0) | CM(0)

マクドナルド 過去最高の売上高の理由とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「売上高が過去最高」


先日、当ブログで取り上げたマクドナルド渋谷東映プラザ店の売上高が71年7月創業以来の最高記録を更新した。


当ブログで取り上げた例のキャンペーン。
それが成功したようだ。圧倒的な成功だ。
私自身も嬉しい。
※ブログ記事「クォーターパウンダーキャンペーン 集客方法の技?」は⇒コチラ

まずは、記事を読んでもらいたい。
「マクドナルド、1日店舗売上高が過去最高1,245万円を記録
日本マクドナルドは4月30日、東京・渋谷東映プラザ店にて、同月28日19時以降の1日(24時間あたり)の店舗売上高が1,245万円を記録し、一店舗ごとの1日売上高としては、71年7月創業以来の最高記録を更新したことを発表した。(省略)女優の井上和香がオープニングセレモニーに駆けつけ、購入者全員に「QUARTER POUNDER SHOP 428」オリジナルTシャツ(20種類)をプレゼントするなどの独自のキャンペーンが奏功し、今回「クォーターパウンダーセット」という単一メニューの販売で1日あたりの店舗売上高記録更新を実現させた。」
引用:日経ネット




71年7月創業以来の最高記録を更新


「オープニングセレモニーには女優の井上和香。さらにオリジナルTシャツをプレゼントなどの独自キャンペーンが奏功」とある。


常に感じるのは、ニュースや記事の表面的なもので納得しないでほしい。
確かにこの2つは魅力的だ。
「そういう華やかなキャンペーンはうちでは無理だな」とあなたは思っているかもしれない。


しかし、井上和香がいたのはオープニングの時だけ。
24時間いたわけではない。
それだけで売上が激増するわけではない。
まして、創業以来の最高記録更新とはいかないだろう。


また、オリジナルTシャツをプレゼント。
これは正直どの程度魅力的なモノかは判断できない。
ただ、「1日店舗売上高最高記録更新」という良いニュースを大々的に今後告知できることなどを考えれば、オリジナルTシャツを提供するくらい、安いものだっただろう。


ただ、考えてほしい。
このような魅力的なキャンペーン。
それさえも顧客に確実に届かなければ意味がないのだ。


「注意喚起」の徹底。


これがなければ、魅力的なキャンペーンの存在は顧客に届かないのだ。


あなたの会社、ビジネスに超一流の女優を揃え、オリジナルTシャツを用意したと想像してほしい。


果たして、顧客は殺到するだろうか?


顧客の「注意」を喚起することが重要なのだ。
顧客に届かなければ意味がないのだ。


渋谷東映プラザ店の売上高は1日で1,245万円だった。
もし、これを有料広告だけで実現させるのは難しい。
創業以来の売上高を上げさせるくらいの広告展開をするのであれば、1,000万円くらいの有料広告では大した広告展開はできない。


「じゃあ、10万円の広告費では全然ダメですね。」


そのとおりだ。有料広告に頼っただけのプロモーションでは10万円など価値がないに等しい。
ただし、きちんとあなたのビジネスの持てるモノを有効に活用する体制を構築し、無料でも集客できるように努力した後に展開する場合、「10万円の広告費」は極めて意味のあるものになる。


まずは、あなたの持てるモノを有効活用してほしい。
前回説明したのは、マクドナルドの周辺の店舗での告知。
マクドナルドでさえ、基本を確実に実施しているということだ。


これは非常に意味のあること。


有料広告で広告を展開しても、広告が届く相手はマクドナルドを食べている人か分からない。
また展開の仕方を誤ると、渋谷周辺以外の人をターゲットとしてしまい、地理的な問題から買いに来れない人の可能性もある。


しかし、周辺店舗を有効活用した場合はその点が完全に異なる。
マクドナルドのファンだ。
少なくとも食べに来ている人たちにチラシを提供するのだから。
そして、周辺店舗なのだから、渋谷に来ていただける可能性も高い。


「無料が有料に勝つこともあるのだ。」


まずは自分の持っている顧客接点。
これで確実に顧客にあなたの商品の魅力を届けてもらいたい。


大技(特殊なノウハウ)はその後だ。
ぜひ、無料での「注意喚起」「集客」に取り組んでほしい。


あなたの魅力的な商品を顧客に届けるために。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング


[ 2009/05/01 20:00 ] マクドナルド | TB(0) | CM(0)

それは真実か?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「真実だろうか?」


私の考えを押し付けるつもりはない。


ただ、どうしてもこの話をしたい。


私は周囲で言われていることに事実でないことが多いと常に思っている。
(と言っても、疑り深いわけではない。)
要は「真実か?」と常に疑うということ。
別にプライベートではやらない。しかし、ビジネスでは間違いなく、それを実行している。


まずは、次の記事を読んでほしい。


「4月新車販売、23%減の28万台 エコカー減税効果いま一つ
自動車業界団体が1日発表した4月の国内の新車総販売台数(軽含む)は、前年同月比23%減の28万4035台だった。
減少は9カ月連続で、4月の販売台数としては最低の水準。
4月から環境対応車の購入時の税負担を軽くする「エコカー減税」が始まったが、ハイブリッド車が人気を集めたホンダを除き、メーカーの対応が遅れており、様子見を決め込む消費者が多い。
効果が表れるのは5月以降となりそうだ。」
引用:日本経済新聞&日経ネット 2009年5月2日




この記事、日経の『企業ニュースランキング 1位』だ。


それだけ、注目率が高いニュース。
記載されている数字は事実。
そこに嘘はない。だからこそ、私もこのブログでも記事を引用させていただいている。


しかし、『エコカー減税効果いま一つ』というのはどうだろうか?


「前年同月比23%減」とある。
しかも、「減少は9か月連続で、4月の販売台数としては最低の水準となる。」とある。


「こりゃ、ひどい」


あなたはそう思われるかもしれない。
エコカー減税に関係する事業を営んでいたら、その判断でビジネスをしていくことになるかもしれない。


私が新聞やニュースなどをあまり好きでないのは、この部分だ。
それが意見なのか、それとも事実なのか、それを読み取る必要がある。
単純にその記事を理解してしまうのであれば、むしろ読まない方が良い。


ちなみにこの記事に補足すると、エコカー減税がスタートする前の09年3月期。
前年同月比は25.3%減だったのだ。


09年3月期は前年同月比25.3%減であった。

それが、エコカー減税がスタートした4月期に23%減となったのだ。
要は減少幅は改善したのだ。
この数字は事実だ。


さらに「9カ月連続して販売台数が減少」ということだが、1つ質問をさせてほしい。


「1年のうち最も販売台数が高いのはいつか?」


ご存じのとおり、その時期は3月。
決算などの関係から販売台数は高まる。


その3月期の販売台数と比べれば、通常は4月は低下する。
9か月連続となるのもやむを得ない。
これは例年のことなのだ。


これらの数字を把握すると、次のように読み取る人もいるはずだ。


「09年4月期 減少幅は2%改善した。
さらに前月と比べると販売台数は低下したが、3月は1年で最も売れる時期。
その意味ではやむを得ない。」


こう読み取ったら、どうなのか?
記事としてはインパクトがない。
だが、事実を読み取ったもの。これもまた真実だ。


確実に印象が変わる。
エコカー減税の効果は少なからず出ているなという意見の人もいるはずだ。


さらに、2009年1月からデータを見ると、減少率は毎月悪化していたのだ。
それが4月に入って改善した。


新聞の記事について、文句を言いたいわけではない。
毎日、記事を書くことが仕事なのだから、少しエッジを利かせる必要もあるのかもしれない。


ただ、事実の数字からあなたの事実を読み取る必要がある。


もちろん、その数字も使い方によって、人を欺くことはできる。
しかし、それも「真実か?」を意識していればそう簡単には誤ることはない。


記事のコメントや周囲で言われていること。
その中に真実もあれば、真実でないこともある。
それを読み取り、正しい施策を展開していく必要がある。


そして、多くの人が誤解している市場にこそ、大きなチャンスがある場合もある。


あなたのビジネスでも同じことが言える。
状況を正確に把握し、問題点を発見し、最適なアクションプランを展開する。


一番最初の「状況の正確な把握」を誤ると、全てが狂う。
正確な数字把握、正確な状況把握に取り組んでほしい。


あなたのビジネスを正しい方向に持っていくために。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング

[ 2009/05/02 12:47 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

「たった1分で、本が1冊読めた!」が20万部突破な訳?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「たった1分で、本が1冊読めた!」


2009年5月2日 日本経済新聞朝刊の3面にあった広告だ。
「注意喚起」十分の広告。
20090502.jpg



しかし、強烈にうさんくさい。
「本当に1分で読むことができるのか?そんなわけないだろう。」
そう思わせる。非現実的なコピーだ。


強烈に売れる広告とは。
「顧客がこんなにスゴイことが本当にできるのか?」と疑うような広告と、「圧倒的な真実性」が組み合わさった時に生まれることも多い。



この広告はそのあたりを狙っている広告だ。


「20万部突破」


20万部突破だ。
ビジネス書としては十分成功している。
要は成功したのは事実だ。
この広告のおかげなのか?彼が展開しているメルマガなのか?いずれにせよ。「売れている」ことは事実だ。


私はこの広告もその1つの要因だと思う。


まず、メインコピー。
「たった1分で、本が1冊読めた!」は、顧客がこの本を購入した後に手に入れる利益。
それを非常に分かりやすく説明している。
しかも、分かりやすいだけでなく、強烈だ。


さらに、そのコピーを多くの顧客の声が支える。
「顧客の声」が実は36ある。


「顧客の声」を使っている広告でも通常は5つくらいだ。
それが36掲載されているのだ。
さらに、「30代会社員」などと具体性を持たせることで真実性を高めている。


要は次のフローだ。


圧倒的な顧客利益(1分で本が読める)⇒圧倒的な顧客の声(36人の声)⇒圧倒的な販売実績(20万部)


メインコピーが強烈なので、それを支えるためのフローが完全に構成されている。
まさに、売上を狙っている広告だ。
この広告の出来はなかなか良い。


これらの知識、マーケティングでは基本のこと。
「知っている」人はいるのだが、確実に使っている人はまだまだ少ないように思われる。
まずは、使ってほしい。
あなたのビジネスを成功させるために。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング

[ 2009/05/02 21:00 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

忌野清志郎さん、ありがとう

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)


今回は特別です


このブログをスタートする時に決めていたこと。
それは、基本的にビジネスの話を中心にしていくと決めていた。
ただ、今日だけは許してほしい。


忌野清志郎が5月2日に亡くなりました。
2006年7月に喉頭がんで入院。治療後、08年2月に日本武道館で本格復帰。
そして7月、がん転移が判明、再び活動を中止。
放射線治療などを続けていた。


私は08年2月の武道館には行くことができなかった。
ただ、清志郎が元気に戻ってきたら、絶対に行きたいと思っていた。


学生時代は本当によく聴いていた。


最近では、08年2月の復活祭の姿をTVで観て、自分も仕事を「もっと、頑張らなければ」と感じたのを覚えている。
音楽の面でも、仕事の面でも自分にとって大切な人だった。


ニュースを知った時、正直実感が湧かなかった。
ただ、こうして改めて、彼の曲を聴いていると何故か涙が出てくる。


自分の気持ちをうまく書くことはできない。
自分のスタイルを決して変えず、生きてきた。あの姿勢を今後の自分の手本にしていきたい。


あの声、あの曲が聴けなくなるのは本当に残念です。
これからも聴いていきたいと思います。


本当にお疲れ様でした。


ありがとう。


心から、ご冥福をお祈り申し上げます。


「寛平『走りながら涙が止まらなかった』
2日にがん性リンパ管症で死去した忌野清志郎さん(享年58)と親しく、現在、地球1周アースマラソンで米国を横断中の間寛平(59)が3日、訃報(ふほう)を聞いてコメント。「昨日、カンザス州に入ったところで、嫁からの電話で清志郎さんの訃報を聞きました。その後、1日走りながらも涙が止まりませんでした。清志郎さんは、僕みたいなお笑いの人間にも友達のように本当によくしてくれたすばらしい方でした。この地球1周の挑戦が無事に成功した時に、本当に恩返しをしたかった方の1人でした。もう、直接恩返しができなくなってしまったことは非常に残念ですが、今は頑張って走り続け、この挑戦を成功させることが、恩返しになると思っています。明日も清志郎さんにいただいた応援歌を聴きながら走ります。」

引用:日刊スポーツ.com









※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/05/03 16:00 ] 人物 | TB(0) | CM(1)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。