売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トヨタの大きな転機?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

以前、トヨタの『プリウス』について書いた。


詳細は割愛するが、新聞、ニュースで低価格の「プリウス」が取り上げられれば取り上げられるほど、その低価格イメージが消費者に浸透する。
それにより、高価格帯の車種は売れなくなる。
高価格帯の車種は高利益率。それが売れないことにより、車両あたりの収益率が低下していく。


トヨタは「販売台数減」、さらに「低価格化(販売単価低下)」、それによる「利益率減」とマイナス要因が重なっている。
そのようなことを書いた。
その時のブログはコチラ


要は、低価格、低利益率の「プリウス」を販売することは、その他の車種の販売を低下させることにつながる。(売上減や低価格化)
かつ、利益率が低いことは非常に大きなリスク。
連結ベースで社員数32万人の巨体「トヨタ」を支えられるのだろうか?


本日の日経の「ニュースマスター」に似たような見解の記事が掲載されていた。
一部省略をしてあるが、読んでほしい。


「ハイブリッドでトヨタ本腰
『プリウス』は最低価格を205万円に抑え、全販売店で売るという異例の態勢をとりました。
受注は好調ですが、問題はハイブリッドばかり売れすぎると、ほかの車種の販売がへこむことです。
相対的に低価格に設定していますから、利益が大いに上がるというわけにはいきません。」
引用:日本経済新聞 2009年6月1日



ハイブリッド車が注目されればされるほど、他の車種の販売がへこむ。

これこそが、私がリスクと考える1つだ。


さらに、先ほど述べたように利益率も低い。
売上が落ち、利益率が落ちる。


低価格帯の商品を中心に売っていくことになれば、顧客単価が低下していく。
全体の販売数は低下しているのだ。
利益減につながる。


この記事は次のように続く。


「長い目で見ると、ハイブリッド車を契機に、会社のあり方が変わる可能性を秘めています。
日本生産本部の牛尾治朗会長は『電気自動車になると部品は4分の1に減り、どこでも作れるようになるだろう』と言います。
エンジンや変速機など複雑な機械が要らなくなれば、機構は簡素になります。
極端に言えばテレビやパソコンのように、部品を買い集めれば新興メーカーでも一応の製品を組み立てられるでしょう。」
引用:日本経済新聞2009年6月1日



業界は細分化されていく。


自動車業界も同様だろう。


仮にハイブリッド車が継続的に収益が見込める事業だとすれば、そこにフォーカスした企業が現れるだろう。その領域にフォーカスし、その領域でブランディングをする企業だ。


ハイブリッド専門自動車会社
(そこまで行かなくても、現在のトヨタ、ホンダ以上に重点を置く企業が現れる可能性も高いだろう。)


集中戦略をとっている企業だ。
必要な社員数はトヨタなどと比べれば、圧倒的に少ないはずだ。
人件費を軽くし、車種を絞り、絞り込んだ分、販促費などを軽くもできる。


その企業は新しく生まれるのか?
それとも、既存の自動車メーカーが大きく方向転換するものなのかは分らない。
(もしかしたら、そのような企業は現れないかもしれないが、そのリスクを考えつつ、展開する必要はあるだろう。)


いずれにせよ。
ハイブリッド車に集中戦略をとる企業が現れた時、トヨタがどのように舵を切るのか?
トヨタには多数の社員、技能者、協力工場など巨大であったことが最大の強みだった。


しかし、その強みが逆に弱みになる可能性もあるだろう。
今後、大きな転機に立たされることになるだろう。


「大変だ。」


そう思うことはない。
過去の成功要因が通用しなくなる時こそ、新規参入や中小企業にとってチャンスだ。
人件費は軽く、方向転換が比較的容易だ。


この不況により、自動車業界だけでなく、色々な業界で同様のことが起きてくるはずだ。
これまでの成功要因が失敗要因になってしまう時代なのだ。
新規参入にもチャンスがある面白い時代になっていくだろう。


安定でない時代。
それこそが、中小企業にもチャンスがある時期だ。
今があなたにとって、チャンスかもしれない。


(低価格戦略はその他商品の売上に影響を与えることは特に注意してほしい。)

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/06/01 11:30 ] トヨタ | TB(0) | CM(0)

売上を一瞬にして上げる方法?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「土日で100ちょっと、すごいですよね。」


昨日のことだ。
都内にある、有名企業の店舗の方が言った。


この売上。
実に基本的な方法で上げたものだ。


あなただって、これまで経験してきたもののはずだ。
しかし、まだ実施していない方法かもしれない。


「効果があるかもしれない。」


そう、あなたも思っているはずだ。
しかし、確実にやっている企業はまだまだ多くない。


話を戻そう。
その店舗。
通常の注文を受ける時に、ある商品の追加販売をした。
「追加販売」と言っても、そんな大袈裟なものではない。


「こちらもいかがですか?」


と、単に言葉を付け加えただけだ。


ただ、それだけ。


それだけのことなのに、ある店舗でその商品が土日で100ちょっと売れた。
もちろん、その言葉を言わなくても、買ってくれたのかもしれない。


AIDMAはもう何度か話しているのでご存じだろう。
(分からない方は検索すればいくらでも出てくるはずだ。)


その最後のACTION(行動)。


そのハードルを超えるのを少しだけ手伝う。
そのイメージだ。
ハードルを超えさせる言葉で、顧客の行動を促進させている。
それだけのことだが、非常に重要だ。


「失礼なこと言うな。」


そんな風にお客が思うことは思わないだろう。
もちろん、失礼な言葉であれば、怒ることはあるだろうが、単にすすめているだけだ。
顧客はそんな怒りっぽくない。


「やはり、言ってみるものですね。」


少し、疑っていた店員が話していた。
単純なことだが、重要なことだ。


ほんの一言。
その一言にかかる時間は数秒だ。
その数秒で売上が上がれば、安いものだ。


別に、店舗でなくても結構だ。
あなたが展開しているのが、通販だとしても、お客とのやり取りの中で「こちらもいかがですか?」の一言を付け加えるのは簡単だろう。


それをメールの一文に書くのは数秒だ。
しかも、お客に最も評判が高く、売れやすいものであれば、簡単だろう。


「そんな、当たり前のことを言うな」


そういう方はそれをそのまま継続していただければと思う。
既に追加販売をしているのであれば、その質を高めるだけだ。


しかし、まだやっていない方は、確実に実施してほしい。
あなたのビジネスを高めるために。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/06/02 12:00 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

iPhoneが勝てる理由とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「モバイル市場は伸びるのか?」


最近、クライアントのところに行くと、よくモバイルの話になる。


それについて、どうこう言うつもりはない。
ただ、1つ言えるのは、「顧客の懐に入る」ことは、レスポンス向上につながる。


当然のことだ。
他人が作ったサイトに商品が掲載されているより、あなたの携帯電話にその案内がメールで送られてくる方が見てしまう。


自分の携帯だ。


当然のことだろう。
顧客が24時間携帯しているのが携帯電話。
常に持ち歩いている。
そこへのプロモーションはテレビ、新聞、雑誌、ラジオなどとは明らかに一線を画す。


いや、既存のインターネットでさえ、顧客の懐に入り込んではいない。
ひいて言えば、メールくらいだろう。
(私はメールも好きだ。もちろん、迷惑メールの問題がある)


「顧客の懐に入り込む」


携帯電話だけでなく、色々なアプローチ方法がある。
とにかく、それを意識してほしい。


それでは、今回の記事だ。

「米ゲーム見本市「E3」開幕へ
iPhone高まる存在感
今回の話題の中心は米アップルの携帯電話「iPhone」だ。
インターネットを使った効率的なソフト販売方式がソフト会社を引き付け、携帯ゲーム機としても台頭。
対応ゲームソフトが、無料サービス含め約1万4000本に急増している。
ゲーム市場で、2強の任天堂、ソニーの危機感も強く、対応策を表明する見通しだ。」
引用:日本経済新聞 2009年6月2日



iPhoneはソニー、任天堂と明らかに違う。


既に懐に入っているのだ。
顧客の持っている携帯電話iPhone自体が販売店であり、ゲーム機なのだ。


「でも、iPhoneにゲームの案内のメールなどは送らないだろう?」


そのとおりだ。
新しいゲームの案内などは送ってはこない。
(今後はどうか分からないが、現在は送ってこない。)


しかし、iPhoneの携帯電話を使うと分かる。
電源を入れると、最初の画面が出てくる。
そこには、アップストアという「ソフト」専用サイトが出てくるのだ。


無料、有料問わずゲーム機がそこにある。


メールは送ってこないが、常に使っている携帯電話の表紙にその入口がある。
その点がソニー、任天堂などとは明らかに違う。
購入の場所は携帯電話。
24時間携帯している電話。
しかも、電源を入れたその最初の画面が入口だ。


また、ゲームの提供の仕方が全く異なる。


私は「任天堂」は好きな会社だが、ここは公平に書く。
iPhoneの場合、多くのソフトが既にインストールされており、好むと好まざるとに関わらず、そのソフトを使うことになるのだ。
つまり、iPhoneという携帯電話を使っている間に、ゲームのダウンロードの仕方など基本的なことは覚えてしまう。


そして、アップストアという「ソフト」専用サイトも使い方も当然のように覚えてしまう。


しかも、「無料」のコーナーがある。
ランキングがあるので、人気の高いゲームをダウンロードしてしまう。
それこそが通常の顧客行動だろう。
私の知人もそのパターンだった。


ゲームをあまりやらない人でも、「無料」のゲームを試しでダウンロードしてしまう。


後は説明しなくても分るだろう。
面白くなり、ハマれば、「有料」を購入していく。


任天堂はゲームの領域を越えたゲームを提供することで、ゲーム好き以外の顧客を獲得していた。
しかし、iPhoneは携帯電話を活用する多くの顧客を取り込んでいく。


iPhoneのソフト数は1万4000本。


対するニンテンドーDSは約3500本。ソニーのPSPが約3000本だ。


iPhoneのゲームマーケット。
以前、ご紹介したパンカク同様、ゲーム開発者、開発会社にとっても美味しい市場。


パッケージなどを作る必要もない。
しかも、それでいて、グローバル展開が可能だ。
それらが、ソフト数で圧倒的に違う理由の1つだろう。
(グーグルのビジネスモデルに近い。ゲーム開発者、開発担当者を競い合わせ、世界中で認められたランキング上位のゲームが提供されていくイメージだ。面白くないわけがない。)
※パンカク社長の言葉
「販売価格が1ドルでも100万人に買ってもらえれば、100万ドルです。これからは新興国でモバイル市場が立ち上がってくるので数十億人を相手に勝負したい。」


「PSPやDSにネット接続?」


ネット接続機能を大幅に高めたPSPなどが出てくるが、根本的に考え方がiPhoneは全く異なる。
24時間ゲーム機を携帯するのは、一部の人間。
携帯電話には及ばないだろう。


ただ、問題がある。


「iPhoneが普及しなければどうなるのか?」


実は、それこそが問題だ。
そのiPhoneのためにアップルがNAND型フラッシュメモリーを調達しまくっているという情報がある。
iPhoneの廉価版を販売するためらしい。


低価格で展開し、とにかく普及させ、その後収益を上げていく仕組みを考えていくのだろうか?
今後の展開を見ていきたい。


顧客の懐に入り込む方法。
そして、無料から有料へのつなぐ流れ。



実は、あなたにも可能な方法だ。
ぜひ、考えてほしい。
あなたのビジネスを高めるために。


※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/06/03 11:00 ] アップル | TB(0) | CM(0)

ありがとう

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

ありがとう。


ついに、本ブログが10,000アクセスを越えた。
(もう既に10,210を超えているが。。)


昨日、越えたらしい。


スタート当初は数名のご訪問、ついに累計で10,000アクセスを越えた。
本当に嬉しい。


新規の方はもちろん、特にリピートの読者の方のおかげだと思う。


私も2009年3月から書き始め、途中忙しくて書けそうにないこともあった。
おそらく、読んでいただいている方がいなければ途中で止めていたかもしれない。
本当にありがとう。


以前も書いた。
「多くの企業、経営者、個人事業主、ビジネスマンの『売上』向上に少しでも貢献できれば」という想いで書いている。
この不況の厳しい状況の中、あなたと共にビジネスを高めていくことができれば、こんなにも幸せなことはないと想っている。


あなたの成功につながるために今後も続けていきたい。


ありがとう。


(参考)
ランキングについては下記(上記と右側にもあるが)の4つのランキングをクリックしていただくと、ランキングが上がっていくことになる。
下記4つは別々のランキングになっている。
ランキング向上のため、ぜひクリックをお願いしたい。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/06/04 13:30 ] お礼 | TB(0) | CM(0)

空港収支とあなたのビジネス?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)

「あなたの商品の市場はどの程度か?」


ある企業の方と、商品の市場規模の話になった。
(内容はここでは伏せる)

「そもそも、市場規模って何で必要なのか?」


あなたはそう思うかもしれない。
根性で販売していけば市場規模自体が伸びていくはずだと。
もちろん、それも考えられる。


しかし、それでも規模はある程度予測可能なものだ。


例えば、飲料


これは根性で売ろうと思っても無理だ。
人間の胃袋は限界がある。
1日に食べる量、飲む量にはある程度限界があるのだ。


「10リットルのペットボトルを買ってください」と言われても、外出先ではまず「飲めない」。
「飲める量」しか「売れない」


もちろん、2リットルのペットボトルを買うこともあるが、あれは数日に分けて飲む。
その数日はその分売れなくなるのだ。


当然の話だ。


この胃袋の中を水や清涼飲料、もちろんビールなど。
飲み物に関係する企業が競合している。


だからこそ、市場規模の把握は必要だ。
しかし、問題がある。


市場規模には把握しやすいものと把握しづらいものがある。


把握しやすいものは容易だ。例えば、保険業界。
生命保険協会などが発表しているデータを見れば、「医療保険」など、ある程度の市場は把握可能だ。その他の業界でも、似たようなデータが存在すればそれを活用すれば良い。


では、市場規模が算出しづらいものがある。


それはどうするのか?


方法はいくつかある。
色々な数値から予測することは可能だ。


自社で持っているデータ。
業界で発表されているデータ。
ネット上での検索数など。
使えるものはいくらでもある。
そこから、予測をしてみるのだ。


もちろん、誤差は発生する可能性がある。
しかし、その市場規模を把握していない状況で商品の販売計画を考えていると恐ろしいことになる。


100しか市場規模がないのに、120売れると考えてしまう。
それほど、愚かなことはしないと思うが、前年比を10年掛け合わせて、「10年後はうちも120売れてるな」というようなものだ。非現実的すぎる。
極端な例だが、似たようなことはあるかもしれない。


低価格ではなく、差別化を目指す場合、ある程度絞ることになる。
しかし、一方ではビジネスを成長させるだけの規模が重要だと言うことだ。


今回の記事だ。

「人口・立地で明暗
全国の空港の収支は大半が赤字だ。
民間有識者でつくる航空政策研究会が主要41空港を調べたところ、75%にあたる31空港が赤字だった。
滑走路などの減価償却負担を考慮すると赤字は9割以上を占める。
(中略)
乗降客数と収支の空港分布表をみると、経営が比較的良い空港に共通するのは、?一定規模以上の人口を抱える?東京や大阪へのアクセスで新幹線や鉄道よりも優位な立地にあるなどの特徴だ。」
引用:日本経済新聞2009年6月4日



41空港中、31空港が赤字


しかも、減価償却負担を考慮すると、赤字は9割以上。
その場合、3空港もしくは4空港しか黒字ではないということだ。


非常に厳しい。


この良い空港の条件こそが「規模」だ。


?の一定規模以上の人口を抱える。
それだ。


加えて、?東京や大阪へのアクセスで新幹線や鉄道よりも優位。
これこそが、強みだ。


「規模が一定規模ある市場」。それに対して、差別化、「強み」を出していく。
単純に差別化、強みを出さないで大きな規模だけを狙うと、低価格で勝負するしかなくなってしまう。


重要なことは「強み」「差別化」をしていくこと。
そのためにはある程度の絞り込みが重要。
その時に市場規模を一定規模確保することを意識してほしい。


必ず、色々なことが見えてくるはずだ。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/06/04 14:00 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。