売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

矢沢永吉の音楽業界での逸話とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「矢沢永吉が9月に還暦を迎えるらしい。」


私は矢沢永吉のファンではない。


彼を知ったのは、ある大学合格体験記を読んだ時だ。
その体験記に「矢沢永吉の書いた『成り上がり』を読みながら、勉強に励んだ。」という一節があった。


その「成り上がり」という本の「熱さ」。
それがぼんやりと印象に残っている。
それだけだ。


その彼が今朝の新聞に載っていた。
トップに君臨する人物の言葉だ。


非常に参考になる言葉なのでご紹介したい。

「世間が『スーパースターYAZAWA』を認知したのは30年ほど前のことである。
長者番付の歌手部門で美空ひばり、井上陽水を抜き、初の1位となった。
音楽業界に流布している逸話がある。レコーディング中、作品の出来を聞かれ、セリフのように漏らしたという。
『俺(おれ)はいいけど、YAZAWAは・・・何て言うかなあ』。
いわゆるダメだしであろう。自分の中に別人格が存在しているかのような発言。こんな『矢沢語』の破片が集合体となり伝説を形作る。」
引用:日本経済新聞 2009年8月1日



別人格の存在


YAZAWAの領域には私はない。
ただ、ぼんやりとこの感覚は感じている。


社会人1年目。
私はある精神科医と話す機会があった。
(私の知人の知人)


その時に言われた言葉。それは
「●●(私の名前)さんは、自分を第3者の視点で見ているので、うつ病にはなりづらい」というものだった。よく分からなかったが原因は次のものだった。


私の社会人1年目は相当つらかった。
自分がどのように仕事を進めていけば良いのか、全く見えなかった。
その時に自分を第3者の視点で見ること。オセロでもするように、最善の手を考え、自分を操ることを覚えたのだ。(それを感覚でやっていたので、精神科医の言葉のように明確に認識していなかった)


もちろん、YAZAWAの領域にはない。
矢沢永吉の場合、自分を魂と体のように、矢沢とYAZAWAに分類しているらしい。
自分の名前を漢字と英字で分け、理想であるYAZAWAから見てどうかということを考えるのだろう。


この視点は非常に参考になる。


私は第3者の視点で物を見るだけだ。
しかし、彼は理想のYAZAWAから物を見ているのだ。
理想の自分からの視点。
まだ、試してはいないが、非常に有効な方法だと思う。


最後にもう1つ。
彼の言葉で印象に残ったものを紹介したい。
「1つできてりゃいいんですよ。
2つも、3つも、4つもいいものあるわけねえんだよ。
じゃあ、俺には何があるかったら、ロックがあった。ステージがあった。ワオ!これだけあったら、それを感謝と言わなくて、何が感謝なの」



たった1つできれば良い。
あなたにとって、それは何だろうか?

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/08/01 16:41 ] 人物 | TB(0) | CM(0)

厳しい要望に10万円 格安メガネ店の調査とは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「顧客の声を聞くべきか否か?」


この問いに対する賛成意見もあるが、当然反対意見もある。
「顧客の意見を聞くことは有効ではない」というような意見や記事を目にすることも多々ある。


あくまで、私の経験から言うとこれは間違っている。
最適な人に最適な方法で調査を行い、その結果に対するアクションが最適であれば効果は必ず出る。


仮に有効でないと言う場合は、
最適な人に調査を行っていない。
もしくは最適な方法で調査を行っていない。
または、結果に対する最適なアクションをとっていないはずだ。


本ブログは私のクライアントにもお読みいただいている。
その意味で、この点について自信を持って言える。
効果は半端なく出る。


おそらく、読んでいる私のクライアントも「最適な顧客に調査して、最適なアクションをとれば効果がめちゃくちゃ上がるのに。なぜやらないのか?」
そう思っているはずだ。
私も不思議でならない。


ただし、調査をすれば良いというわけではない。
先ほど、話をした時に話をしたように適切な人に適切な方法で調査を行い、その出てきた結果に対して適切なアクションをとる必要がある。
この点がいま一つの企業が多い。


まず、上記3つで考えるべきだ。
誰に調査することが賢明か?
どのように調査することが賢明か?
そして、結果に対して、最適なアクションとは何か?


これがスタートだ。


適切な人でなかったら、違う回答が出てくる。
適切な方法でなかったら、適切な回答が出てこない。
出てきた結果に対して、適切なアクションをとらなければ、その効果は減少。


当然のことだ。
上記3つが確立されていない中で調査を行い。効果が出ないと決めつけるのは論外だ。


考えてほしい。
マーケティングと言っても、要は人間相手のものだ。


例えば、あなたがある女性と外出する。
その女性はホラー映画が嫌い。そしてお寿司が苦手だとしよう。
(その彼女とはまだそれほど親しくない)


その状況で、まずホラー映画を観て、その後にお寿司を食べたらどうなるか?
あなたには理由が分らないが、段々と不機嫌になっていく。
「この人と一緒でも楽しくない」という印象が彼女の心の中に残る可能性が高い。


彼女の心を知っていれば、打つ手はいくらでもあったのだ。
それこそが、顧客の声を聞く意味だ。
それを知らなくても良いというのは、その調査方法やアクションの仕方をしらないだけだと思う。


それでは、記事を読んでほしい。
「厳しい要望に「10万円」 格安眼鏡店、品質向上の試み
全国で格安の眼鏡店「ジンズグローバルスタンダード」を約60店展開するジェイアイエヌが、価格や商品について最も厳しい要望を寄せた人に現金10万円を贈る「お眼鏡にかないたい」キャンペーンを始めた。
安さだけでは生き残れないと、客の「苦言」をヒントに品質やサービスの向上をめざす。」
引用:asahi.com



厳しい要望に10万円


今回の件は珍しい。
10万円という金額もそうだが、それ以上に「厳しい意見」を集めようとしている点だ。
おそらく、「強み」を調査するのではなく、「弱み」を調査し、それを払しょくすることを狙いとしているのだろう。
この点は興味深い。


しかも、10万円という低コストで数多くの苦言を集めることができるのだ。
キャンペーンは31日まで実施しているのだが、既に1000件の声が集まっているという。
非常に効果的な方法だろう。


ただし、課題はある。
10万円という金額欲しさに調査に協力している人々からは率直な意見を収集できない可能性もあるからだ。もちろん、私がやったことのない方法なので、否定もできないが。。


ただし、この方法であれば、顧客の声を収集することはできる。
さらに顧客の声を聞いて大々的に企業や商品を改善しようとする姿勢が見込み客などに伝わる。
当然、売上にもつながるだろう。


バイアスの問題はあるが、調査対象を集める方法の1つとして、参考にしたい。
(上記方法をとった場合と、無料で調査をした場合での違いを見てみないと分からないが、今後検証する機会があれば、実施してみたいと思う。)

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/08/02 13:27 ] 顧客心理 | TB(0) | CM(1)

「フジヤマのトビウオ」古橋広之進さんが死去

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「フジヤマのトビウオ 古橋広之進さんが死去」


2009年8月2日に古橋さんが亡くなった。


彼のことを知ったのは、私の高校時代。
もちろん、リアルタイムではない。
ある書籍を読み、そこで彼の偉業を知ったのだ。


今回は私が高校時代に知った彼のことを伝えたい。
(私の記憶とWikipediaの記事を参考に)


彼は小学校6年の時に自由形で学童新記録を樹立。
しかも、100Mと200Mでだ。
新聞報道では「豆魚雷」と異名をつけられる。


その後、浜松第二中学校へ進学。
だが、太平洋戦争激化により水泳を続けることができなかった。
しかも、その後、勤労動員で砲弾工場で作業していた際、旋盤に左手の中指を挟まれ、指先を切断するという事故に遭う。「もう泳げない」と落胆したと言う。


しかし、再開する。
日本大学進学後に水泳を再開するのだ。


そして、1947年の日本選手権
400M自由形を4分38秒4で優勝。
公式記録にならなかったものの当時の世界記録を上回るタイムを出したのだ。


高校時代の私に強烈な印象を残したのが、1948年だ。


1948年のロンドンオリンピック。
敗戦国の日本は参加を認められなかった。
世界記録を上回るタイムを出していた古橋は出場することができなかったのだ。


オリンピック出場を切望していた古橋の感情は絶望に近いものだったはずだ。


しかし、この時、驚くべきことが起きる。
日本ではオリンピックの水泳競技決勝と同日に日本選手権を開催することになったのだ。
「同日」だ。


遠く離れた日本でオリンピックの水泳競技決勝と勝負する。
そう考えてのことだったのだろう。


敗戦でうちひしがれた国民が見守る中


ロンドンオリンピックと同日に開催された日本選手権。
国民の多くはまるでオリンピックに古橋が出場しているかのように応援したと言う。


その中。


古橋は400M自由形4分33秒4.1500M自由形で18分37秒0を出した。
そのタイムは。。


ロンドン五輪金メダリストのタイムはおろか当時の世界記録をも上回った。


(ただし、これらの記録は日本が国際水泳連盟から除名されていたため、世界記録としては公認されなかった。)


当時の日本は敗戦後。
敗れた日本にとって、国民にとって大騒ぎになる事件だったのだ。


事実、当時の書籍などには「敗戦でうちひしがれた国民に自信と希望を与えた」と記述がある。


そして、1949年に日本の国際水泳連盟復帰が認められ、古橋は全米選手権に出場。
400M自由形4分33秒3、800M自由形9分33秒5、1500M自由形18分19秒0で世界新記録を樹立。
アメリカの新聞では「フジヤマのトビウオ」(The Flying Fish of Fujiyama)と呼ばれた。


1952年。ついにオリンピックに出場


ヘルシンキオリンピックに出場した。
多くの記録を出してきた古橋だったが、これが初めてのオリンピックだった。


しかし、既に選手としてのピークを過ぎていた。
しかも、前年のアメーバ赤痢に罹患し発症していたことが響き、五輪本番では400M自由形8位に終わった。
その実況を担当したNHKの飯田次男アナウンサーが涙声で次のように伝えた。


「日本の皆さん、どうか古橋を責めないでやって下さい。古橋の活躍なくして戦後の日本の発展は有り得なかったのであります。
古橋に有難うと言ってあげて下さい」



涙声で日本の皆に伝えた言葉だった。


その後は日本大学の教授、日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長を歴任した。
しかし、その後のことは私にはどうでも良い。


古橋さんが戦後出場したくても出場できなかったオリンピック。
それでもなお、必死に泳ぎ続けた不屈の精神。


最終的に出場したヘルシンキオリンピックでは栄光をつかむことができなかった。
けれども、NHKのアナウンサーが言ったように「古橋さんの活躍が戦後の日本に影響を与えた」のは事実。遠く離れたロンドンオリンピックを意識し、戦後の日本で世界記録を出した古橋さん。
栄光はないが、敗戦後の国民の心を動かした古橋さん。
その偉大さを高校時代から感じている。


その私のヒーローの1人。
古橋さんが8月2日 ローマで亡くなった。


「古橋の活躍なくして戦後の日本の発展は有り得なかったのであります。古橋に有難うと言ってあげて下さい」


古橋さんのことを考えると、NHKの飯田アナウンサーの涙声が聞こえるようだ。


本当にありがとうと言いたい。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/08/03 13:39 ] 人物 | TB(0) | CM(0)

ダイレクトマーケティングで重要なこと

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「ダイレクトマーケティングは金魚すくい」


私がよくクライアントに言う言葉だ。


人の気持ちは瞬時に変わる。
「欲しい」と思っていたその気持ちは一瞬で消える可能性がある。


そもそも、広告で集客しようとしている消費者は「誰」か?
広告を見なくても商品を買おうとする顧客ではない。


そのような人ではなく、その商品のことは知らなかった。
もしくは知っていたけれども、買う気はなかった。
そのような人を集客し、販売するからこそ、大きな売上につながる。


逆に既に商品を買おうとしている人。


広告を見なくても買おうとする消費者は自然に買ってくれるのだ。
そのような方に広告を出してまで販売するのであれば、費用対効果は極めて悪いものとなる。


前提は、広告を見るまではその商品を買おうとはしていない人。
この人たちを動かすのだ。


もちろん、ターゲット顧客。
その商品を買う可能性があるタイプの人。ここを集客していく。
それが重要なことなのだ。


ただし、広告を観る瞬間までは興味がない。
その消費者を集客するのだから、重要なことは興味を持たせたら、瞬時に購買行動や資料請求行動をしていただくことだ。


その状況だからこそ、「金魚すくい」のような一瞬の動きも逃さないようにプロモーションを仕掛けることが重要だ。
その時に必要なのが、動きを少なくすること。
水しぶきを上げず、瞬時に金魚をすくう。
動きは可能な限り、シンプルに、そして素早くする。
実はここにダイレクトマーケティングの極意もある。


だからこそ、ネットなどでは商品説明ページから申込(購入)ページまでの距離は短くしなければいけない。
距離を限界まで短くし、シンプルにしていく。



それでは、次の記事はどうだろうか?
まずは読んでほしい。
「電通がTVと携帯サイトの連動広告
電通は携帯電話を利用して、消費者をテレビCMから企業のウェブサイトに誘導する広告サービスを始める。
簡単な操作で呼び出せる携帯電話事業者の公式メニューサイトを使うことで、消費者が企業サイトに到達する手間を大幅に減らす。
当初はNTTドコモの公式サイト「iメニュー」を使う。
CMでiメニューへの訪問を呼びかける案内を表示。iメニュー上の最上位の広告枠に、CMと内容を連動させた画像広告を掲載する。
消費者が画像を選択する1回のボタン操作で、企業サイトに移動する。」
引用:2009年8月4日 日本経済新聞&日経ネット




電通、TV、携帯サイト、連動広告


このように名詞が並ぶと、それなり良いものに感じるかもしれない。
しかし、このサービスでは良い成果は出ないだろう。
まず、距離の視点。
とてつもなく長いのだ。


TVを観て、携帯電話を手にとり、「iメニュー」に行き、そのバナーをクリックし、企業サイトに行き、そこでそれを読み、購入だ。
距離がめちゃくちゃ長い。
しかも、TVを観た後に携帯電話を使う必要がある。
実質的な距離もあるのだ。
ダイレクトマーケティングの視点から考えると、現実感がないスキームだ。


「中には携帯電話を手に持ちながら、TVを見ている人もいるのでは?」


そのような疑問を持つかもしれない。
しかし、そういう人もいる程度ではダメだ。
まあ、半分もいないだろうが、仮に半分しかそのような人がいなければ、もうスタート時点で半分のスタートだ。


ダイレクトマーケティングで成功する発想ではない。
本来であれば、スタート時点は100%。
それを可能な限り、数字を減らさないように、距離を短くし、展開することだ。
シンプルに金魚をすくうように。


例えばPCの検索エンジン広告。
何らかの興味のあるワード。例えば「お米」などと検索をする。
その時に「お米の広告」が掲載される。
その時にだ。
PCを持っている人は何%だろうか?


100%だ。
100%、PCを使っている人だからこそ、検索をしているのだから。
スタート時点は100%なのだ。
しかも、検索結果を見て、興味ある人はクリックし、サイトを見て、それが興味あるものだったら、購入だ。


先ほどの広告スキームと比較にならないくらいシンプルだ。


何か新しい広告を検討する時には、「金魚すくい」をイメージしてほしい。

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/08/04 12:57 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

オバマ大統領と誕生日を祝った人物の凄さ?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「ヘレン・トーマスという記者」


ヘレン・トーマスは米国のジャーナリスト。
57年間、ユナイテッド・プレス・インターナショナルに勤務し、ジョン・F・ケネディ以降の合衆国大統領の取材にあたってきた。


私は下記の記事を読み、その年齢に改めて驚いた。
「オバマ米大統領、48歳に ベテラン記者と誕生日祝う
4日に48歳の誕生日を迎えたオバマ米大統領はホワイトハウスの記者会見室に立ち寄り、誕生日が同じベテラン記者のヘレン・トーマスさん(89)にカップケーキを贈った。
大統領は記者団と「ハッピー・バースデー・トゥー・ユー」を合唱。
『私とヘレンには共通の誕生日の願い事がある。彼女は本物の医療保険制度改革法案が願いだそうだ』と語り、記者団の笑いを誘った。
大統領は週末にワシントン郊外キャンプデービッドの山荘で家族や友人と誕生日を祝ったという。
トーマスさんはケネディ政権時代からホワイトハウスを取材している。」
引用:2009年8月5日 日経ネット



この記事で気になったベテラン記者


彼女は89歳。
記者という仕事をこれだけの長期間極めること。
本当に素晴らしい。
しかも、絶えず第1線で頑張ってきたベテラン記者だ。


恥ずかしい話。
私は自分の理想とするビジネスを80歳までやりたい。
80歳まで1つの世界を極めることで自分なりの達成感を得たいと思っている。


過去十数年、1つのことを極めるだけでもある領域に達することができた。
それが数十年になった時、何が見えるのか?
1つのことを人生をかけて、やり抜きたいと思っている。


しかし、彼女は80歳どころではなかった。
彼女は89歳。
しかも、第1線で頑張っている。
その道で89歳までやってこられたことに対して、敬意を表したい。


そして、1日遅れにはなるが、誕生日おめでとう。


■参考 2006年3月21日に彼女がブッシュ大統領に質問した内容
「質問したいと思います、大統領閣下。
あなたが決断したイラク侵攻は数千人に及ぶアメリカ人とイラク人に死を招き、アメリカ人とイラク人に一生涯にわたる傷を負わせました。
(侵攻にあたり)提示された全ての理由、少なくとも公にされたものについては、その全てが真実ではなかったと判明しています。
私の質問は、あなたは一体なぜ戦争をしたかったのか、ということです。
(中略)
本当の理由は何なのですか。
あなたは以前原油ではないと述べました。
原油を探し求めることでも、イスラエルのためでも、他の何者でもないと。
…では一体何なのです?」


■動画



※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/08/05 12:30 ] 人物 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。