売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スターバックスコーヒー 麻布十番店からのメッセージ

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「スターバックスコーヒー麻布十番店からのメッセージ」


素晴らしかった。


昨日、スタバの麻布十番店に行った。
いつものオーダーをし、席に座ると不思議なメモがきれいにテーブルに貼られていた。


「誰かがメモを忘れたのか?」


よく見ると、それはスターバックスコーヒーの麻布十番店の店員一同からのメッセージだった。


麻布十番に店が出来て11年になるらしい。
その記念日のメッセージだった。
メッセージには顧客への感謝の言葉が書かれていた。


でも、私が素晴らしいと思ったのはメッセージの内容ではない。
むしろ、その全てが「手書き」だったことだ。


「手書き」のメッセージ


短いメッセージではない。
比較的長いメッセージ。


それが全て「手書き」で、しかも全てのテーブルに「手書き」のメッセージがきれいに貼られていた。
開店前か前日の閉店後に店員が手分けしてメモを書き、テーブルにきれいに貼ったのだろう。
その行動を想像すると、嬉しくなる。
いや、その発想自体が素晴らしいと思う。


最近のデジタルの文字の氾濫


PC、モバイル。
いや、年賀状だってそうだ。
デジタルの文字でプリントされたものが送られてくる。


もっと言うと、年賀状さえメールですましている状況も多い。


ここで考えてほしい。


ビジネスで必要なのは対極の発想だ。


ご存じのとおり、「2極化」や「V字カーブ」など、対局にあるものは価値を生みやすい。


この場合の「手書き」


デジタルの文字が氾濫、普及している。
すると、その対極にも一定の価値が生まれる可能性が高い。
つまり、対局にある「手書きの文字」にも価値があるということ。


しかも、バランスが悪いと言えるほど、デジタルの文字が氾濫しすぎている。
人は文字を書かなくなっている。
だからこそ、希少価値が生まれる。


今や、「手書き」というだけで価値があるのだ。


私の過去の経験でもそれは正しい。
クライアント企業の顧客調査でも、最も印象に残ったサービスは「手書きの手紙」と答えた方が多かった。
(実は私の知人から「あの店は凄いサービスだよ」と伝えられる時も、理由を聞くと「手書きの手紙が送られてきたから」と答える人が多い。)



普及しているものの対極にあるものはある一定の価値を生む可能性がある。
(低価格車の一方で高級車が売れるなど。もちろん、景気によってバランスは変化するが全く売れなくなることはない。)


そして、その希少性を確認してほしい。
そこに希少性がある場合、一層の価値を生む。


PC(デジタル)の文字と手書きの混在ではダメだ。
それは中庸。
平凡なものなのだ。


あくまで、手書き。
文章がうまいかどうかなど関係ない。
(もちろん、うまい方が良いが)


「手書き」はそれだけで価値がある。


あなたが手書きで年賀状を書きたくない理由を考えれば分るだろう。
「面倒くさいから」


こんなところだろう。
だからこそ、「手書き」には2極化、希少性に加え、その「労力」を伝える力強いものがあるのだ。


ぜひ、「手書き」を活用してほしい。


追伸:私はコンサルタントなので、分析しながら書いたが、純粋に彼らのサービスは素晴らしいと思う。
(上記のような冷静な視点で分析するというよりは単純に感動させていただいた。いつも以上に注文をしたくらいだ。それくらいではこの感動はおさまらないが。。[私も単純なのだろう(笑)])


※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/10/01 10:46 ] スターバックス | TB(0) | CM(1)

圧倒的人気のDVDが・・

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「圧倒的人気のDVD」


本日10月2日発売のDVD。
そのDVDがすでにアマゾンの音楽部門で1位。
さらに全DVDの中でも9位だ。


実はそのDVDは音楽DVD。
海外でも圧倒的人気のDVDだ。


このDVDとはご存じのとおり、


マドンナのベストプロモーションビデオクリップ集。


このDVDは中身が半端じゃない。
10曲か20曲入っている程度ではない。


全部で47曲。


しかも、その47曲は彼女の25年にわたるキャリアの中で厳選したもの。
25年、まさに彼女の歴史。
その集大成であるプロモーション・ビデオクリック集だ。


つい、先日香港に行った時も、香港にあるHMVでもかなり評判が高いようだった。


マイケルジャクソンがポップの王であれば、マドンナはポップの女王。
このDVDで、また伝説をつくるのだろう。


最後に彼女の言葉を贈りたい。


「人生は短いわ。
もし何かやりたくなったら実行に移す、それがあたしのやり方よ。
人はあたしをとてつもないワーカホリックだって言うけど、あたし自身はとても楽しんでるの。
それができるのは一種の特権だわ。だからあたしはそうするわけ。」



自分がやりたいことはその気持ち通り、実行に移していきたい。


※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/10/02 18:49 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ソニーの開発と顧客ニーズ

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「私は高校時代から映画にはまっていた。」


映画は莫大なコスト、多くの人が関わって、制作されている。
それが非常に低価格で観ることができるのだ。


例えば、数百億円かけた大作でもたったの1,800円。
前売り券であれば、1,300円で観ることができる。
めちゃくちゃすごい。


天才、手塚治虫


彼だって連載が忙しく徹夜続きの状態でも映画館にだけは通っていた。
ディズニー映画「バンビ」は100回以上観たとも言われているし、1年間に365本の映画を観るくらい映画好きだったようだ。
記憶の世界だが、手塚治虫が徹夜明けの状態で幼い藤子不二雄を映画に誘ったシーンが何かの漫画で見た記憶もある。


天才手塚治虫。
彼が映画好きだったことも、私が映画好きになった原因の1つかもしれない。


今でも、映画は好きだ。


TVはほとんど観ることはないが、映画のDVDは自宅でもよく観る。
そのために大型テレビを購入し、サラウンドシステムもある。


サラウンドシステムをご存じのない方もいるかもしれない。
一応説明すると。自分の周りを5つくらいのスピーカーで囲む。
そして、あなたの目の前にテレビをセッティングする。


それで、あなたが映画を観るとしよう。


例えば、主役が後ろから撃たれるシーン。
その映像と同時に、銃声が後ろから聞こえる。
実際にあなた自身の耳にも後ろから銃声が聞こえる。
要は主役と同じ聴覚の感覚を体感することができるのだ。


聴覚が実体験に近いこの感覚は半端ではない。


テレビを50インチ以上にした時でも視覚が実体験に近い感覚にはならない。
単に画面が大きくなっただけだ。それほどの感動はなかった。


でも、サラウンドシステムを導入した時は驚いた。
聴覚がリアルな音を体感するのだ。まさに快感だ。


ただし、私はすぐにこのサラウンドシステムを使わなくなってしまった。


その理由は。。


配線だ。


私の持っているサラウンドシステムでは、後ろに置くスピーカーに配線をつなぐ必要がある。
後ろのスピーカーまで配線が床の上に置かれた状態になるのだ。
正直、その配線が床の上にあるのが嫌で、サラウンドシステムはあまり使用しなくなった。


しかし、この配線を解決したものがある。
それがワイヤレスのサラウンドシステム。


スピーカーまで配線は不要。
配線のことは気にすることなく、スピーカーを置けば良い。
これが発売された時は衝撃だった。


でも、配線をなくすだけでなく、もう1つ解決してほしい望みがあったのだ。


それが「電力」。


サラウンドシステムまでの電力コードなどもなくなれば良いのにとずっと思っていた。
いや、サラウンドシステムだけではない。すべての電化製品の電力コードをなくしてほしかった。


大体、私の自宅はとにかく電化製品が多い。
PCはもちろん、薄型テレビ、DVD、ブルーレイなどのプレーヤー。
非常に多くの電化製品がある。


これだけ多くの電化製品があると電源コード、配線は本当に嫌なものだ。
もう、テレビの裏はごちゃごちゃな状態だ。
しかも、コードが絡まっているところに埃がたまりまくっている状況を見ると、うんざりする。


本当に嫌なものだ。


この気持ち。
実は私だけではなく、多くの方が持っているニーズだろう。


多くの人が抱えているニーズ。
それをクリアするものをソニーが開発したらしい。
これはサラウンドシステムの配線がなくなった時以上に驚くべきことだ。


サラウンドシステムにこだわっているのは私くらいのものだが、
配線のごちゃごちゃな状態に嫌な気持ちになったことがある方は多いはずだ。


電力コードのワイヤレス。
それ自体は顕在化したニーズはないだろう。
何故ならそれは世の中にまだ存在しない商品なのだから。
顧客調査をしたとしても、電力コードのワイヤレスなどに対する意見が出ることは少ないはずだ。


ここで注意してほしい。


「調査は意味のないものだ」とか「電力コードのワイヤレス化にはニーズがない」と短絡的に結論づけないでほしい。
要は聞き方が間違っている可能性があるのだ。


もし、仮に電力コードがテレビの裏や机の裏でぐちゃぐちゃなのが嫌だという意見があるのであれば、ワイヤレスのニーズもあると考えることができる。
調査などではそこを確認するのだ。
顧客が困っていることなどを確認し、それを解決する最適な商品を提供するのだ。


個人的な見解だが、これは大成功すると思う。


企業はもちろん、個人宅にも導入されていくのだろう。
もちろん、初期投資がどの程度かということによるだろうが。。


参考まで、記事を読んでほしい。
「ソニー、電源コード使わず電力供給 デジタル家電向けシステム
ソニーは2日、電源コードを使わなくても薄型テレビなどのデジタル家電に離れた場所から電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したと発表した。
実験では60ワットの電力を50センチメートル離れた家電に高効率で供給することに成功した。
実用化すれば配線の手間や煩わしさを軽減できるとみており、使い勝手の高いデジタル家電の開発につなげる。
(中略)
22型の液晶テレビを安定して作動させることに成功した。
ノートパソコンなどへの電力供給に応用することも見込んでいる。
実用化の時期は未定。
(中略)
今後は人体への影響や制御の仕組みなどについてさらに検証を進める。」
引用:日経ネット 2009年10月3日



※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/10/03 22:30 ] ソニー | TB(0) | CM(0)

松たか子 結婚3年目ダメ出しは?

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「ある見出しが目についた」


数日前、地下鉄で表参道駅で降りた。
その時、売店のスポーツ新聞のある見出しが目に付いた。


地下鉄を乗り換えるため、急いでいたのだが、どうしてもその見出しが気になった。


「どうせ、またいつものような記事だろう。」
そう考えるのだが、気になる。
ちなみに「いつも」というのは、見出しほど記事の中身は興味深いものではないということだ。


ただ、バカにしているわけではない。


いや、むしろ、素晴らしいと感じてしまう。


私のようにスポーツ新聞に対するある種の疑いを持った人間にさえ、購入を検討させてしまう。
それこそ「見出し」の力だ。
「胡散臭い」と思ってしまうスポーツ新聞なのに、私に購入を検討させてしまう。


実はこの「見出し」。


ダイレクトマーケティングで最も重要なものだ。


私の検証結果でも見出しで70%くらい勝負が決まる。


サイトでもメールでも、いやネット以外のDMでも同様だ。
多くは見られることも読まれることもないのだ。


だからこそ、重要なのは「見出し」。
つまり「キャッチコピー」、「件名」だったりする。


どんなに素晴らしい商品を開発しようが、どんなに素晴らしいサイトやパンフレットであっても。
読んでもらうことができなければ無意味だ。
売ることはできない。


そこはスポーツ新聞と全く同じ。


1面の見出しがよくなければ、新聞は購入されない。
膨大な労力。膨大な社員が頑張ろうが関係ない。
最初の一歩の「見出し」。
そこに力がなければ、記事も読んでもらうこともできない。


だからこそ、時間がある時にでも、1面の見出しを分析してほしい。


どのような要素が人を動かすのかを考えてほしい。
それは非常に勉強になる。


考えながら、記事の見出しを読見続けると、一瞬にして何が決め手になっているのかが分かるようになる。間違いなく、人を惹きつける要素を身につけることができる。
ぜひ、ライティングに興味のある方はトライしてほしい。


ちなみに、本日ネットのトップニュースとして掲載されていた「見出し」は次のもの。
この「見出し」には3つのテクニックが活用されている。
考えてほしい。


「松たか子 結婚3年目ダメ出しは?」
※記事の内容はこちら

※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/10/04 15:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

見出し(キャッチコピー)で絶対にやってはいけないこと

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


驚異的な売上を上げたバナー広告


数年前、ある企業のバナー広告の売上が伸びた。


売上が上がった原因。
それはそのバナー広告のコピーの一部にあった。
デザイン及びコピーの多くは全く変更していなかった。


コピーの一部。
言葉を変更した。



それは「日常」というテクニックを用いただけだ。


あなたの商品、もしくは商品の特徴を顧客の日常の中でよく使い、よく聞く言葉に置き換える。


それだけだ。


実はこの方法、詳細に説明すると若干ややこしい。
厳密にはこの方法は国内を代表する広告代理店で使われているもの。、
そこでは違う呼び名だが、「日常」と考えてもらえれば良い。


保険には「生存給付金」というものがある。


(おそらく、ここで違和感を感じた方も多いと思う。)
原因は「保険」という話題に突然入ったこともあるが、そもそも「保険」という言葉、さらに問題なのが「生存給付金」という言葉だ。
「生存給付金」
それは保険業界の人間には「日常」かもしれない。
おそらく、当然のように使われている言葉だ。


しかし、顧客の日常生活の中では使われない言葉だ。
日常の中では目にすることも、耳にすることもない言葉なのだ。


そのような言葉をコピーに使っている例は数多く存在するが、顧客にとって非日常の言葉を使ってはいけない。(非日常の話をすること自体は良いのだが、言葉自体が理解できないような非日常の言葉はダメだ。)
それではダメだ。


ソクラテスの「大工と話すときは、大工の言葉を使え」という言葉と同様
顧客と話すときは、顧客の言葉を使う必要がある。
つまり、顧客に話す時は、顧客の「日常」で使われている、聞いている言葉を使う必要があるのだ。


だからこそ、「生存給付金」では論外。
「生存給付金」という言葉がコピーに入っていると、それだけでレスポンスは低下する。


例えば、「生存給付金」ではなく「ボーナス」にする。
すると顧客の「日常」に近づく。
さらに、「ボーナス」から「お金」にすると一層顧客の「日常」に近づく。
「お金」という言葉を知らない人はいないだろう。


あなたの商品。それに加えて商品の特徴。
それらを顧客の「日常」で使ったり、聞いたりする言葉を使って説明する。
それが重要なのだ。


前回、説明をした「松たか子 結婚3年目ダメ出しは?」という見出し。


そこには3つのテクニックが使われていると説明した。
その1つがこの「日常」だ。


顧客の日常生活の中で使われている、もしくは聞いている言葉。
それがコピーに入っていることだ。


例えば、「松たか子」という言葉。
知名度が強烈に高い。
だからこそ、多くの読者の日常にある言葉になっている。
しかも、日常頻繁に聞いている知名度の高い人の名だ。
それは非常に強烈な力がある。


これが顧客の日常生活の中で聞いたこともない芸能人であれば、見る気もしないだろう。


でも、有名人である必要はない。


逆に、顧客の日常生活の中でよく聞く、知人の名前であっても興味を引くコピーになる。
例えば、「●●●●(あなたの知人の名前)、結婚3年目のダメ出しは?」という見出しだ。
これも気になるはずだ。


「有名人の名前を使うことはできないし。。」などと考えないでほしい。
応用すればいくらでも使うことができるのだ。


しかも、「松たか子 結婚3年目ダメ出しは?」には、全て専門用語が使われておらず、日常よく聞き、使う言葉だけだ。
まさしく、「日常」というルールを守っていることになる。


ソクラテスも述べている。
「大工と話すときは、大工の言葉を使え」はこんなところでも使えるのだ。


あと2つのテクニックは後日話したい。


※現在の私(azabuconsultant)の評価はこちら⇒コンサルタントランキング

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/10/05 14:06 ] 売上増大 | TB(0) | CM(4)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。