売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドコモ、自転車シェアリング参入の成功確率は

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「ドコモ、自転車シェアリング参入 予約・決済など携帯1台で」


ドコモが自転車シェアリング参入。
まずは記事の抜粋を読んでほしい。


「ドコモ、自転車シェアリング参入 予約・決済など携帯1台で
NTTドコモは携帯電話の決済機能などを活用し、市街地で自転車を共同利用する「コミュニティーサイクル」事業に参入する。
2010年夏に、まず札幌市で実証実験を実施。その後、全国の政令指定都市に広げていく。
環境に配慮した新しい公共交通手段の普及に携帯電話を生かす取り組みで、電気自動車(EV)を使ったカーシェアリングにも応用する。
札幌市での実証実験は来年6月1日から9月末までを予定。
建設コンサルティング会社、ドーコン(札幌市)と共同で取り組む。
札幌市中心部に数百メートル間隔で設置する20カ所の専用駐輪場に、合計200台前後の貸し出し用自転車を配備する。」引用 日経ネット 2009年12月1日



この記事は日経ネットのニュースランキングで6位


まずまずの注目率だ。


本音を言おう。
ドコモほどの大手企業がこのビジネスをやるべきかどうかというのは若干疑問だ。
しかし、このビジネス自体の可能性を否定しているわけではない。


「自転車シェアリング」の可能性はある。


そもそも、自転車というマーケットで考えると「ユーザー」と「成長率」の観点からも魅力的だ。


第1に「ユーザー」が多い。


自転車を乗るということを教育する必要がない。
完全に新規商品を開発する場合、その教育がネックになるが、その問題はクリアされている。
自転車に乗れない人はいない。
老若男女、あらゆる人が乗るのだ。
高齢者の方でも「歩くより、自転車に乗る方が楽」という方もいるくらいだ。


第2に「成長率」だ。


最近、「自転車」が脚光を浴びている。
大体、自動車に乗らなくなってきているのだ。
当然、それに代わる乗り物の1つが自転車だ。
電車もあるが、あれは行先が決まっている乗り物。
その点、自転車は自由度が高い。自動車には及ばないが、軽い遠出くらいであれば、十分に可能だ。


ただ、自転車には欠点がある。


それだけ普及しているのに、乗れない場所があるのだ。
それが遠方。特に市街地などだ。


例えば、神奈川県に住む人が銀座で働いているとしよう。
そのような人が銀座や新橋を歩くのではなく、「少し遠方に行くので自転車に乗りたい」と思っても、自転車を買う訳にもいかないし、自転車置き場もない。
そのようなニーズは間違いなくあるだろう。


そこで自転車を貸すという考えは正しいと思う。


しかも、自転車は普及しすぎている。
自転車統計要覧などの数値を確認しても、国民1人が大体2台の自転車を保有しているデータもある。
もちろん、実態は乗られていない多くの自転車があるだろう。
しかし、保有台数を人口で割ると、1人が2台持っているのだ。
半端ない。自転車をただ販売するということよりは「乗れない」市街地で自転車を利用するニーズの方があるだろう。


ただし、問題は自転車を借りるということにまだ慣れていない。


「借りやすくする。」ことは非常に重要だ。
今回の記事ではドコモの携帯で予約・決済ができるということ。
予約・決済の問題はクリアすることで、少しは借りやすくなるだろう。


また、市街地では比較的綺麗な格好をしているので、汚れていない自転車を提供するなどの問題はあるだろう。
ユーザーが増え、自転車の汚れなどの問題点をクリアし、認知されてくれば、このビジネス自体は大きくすることが可能だ。


しかも、今回のビジネスの進め方は良いと思う。
札幌のみでテストマーケティング。(しかも、時期は6月から9月末と比較的暖かい自転車に乗りやすい時期だ。)
それが成功した後は徐々に展開を拡大させていく。
その後、電気自動車のカーシェアリングへの応用も考えていく。
そもそも、ドコモの携帯の優位性につながれば、携帯電話の販売にもつながる。
非常に無駄のないビジネスだと思う。


おそらく、ドコモはこの自転車シェアリングとカーシェアリングの全国展開にかなりの可能性を感じているのだろう。
今後の展開が興味深い。


あなたが新しいビジネスを考える際、1つの参考にしてほしい。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。
参考になったら、クリック

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
スポンサーサイト
[ 2009/12/01 14:03 ] ドコモ | TB(0) | CM(0)

ポジショニングの基本

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「ポジショニング」


数日前のことだ。ある友人から電話がかかってきた。
どうやら、販売している商品をどのようにポジショニングすればいいのかという質問のようだった。
電話は続き、彼はその商品のポジショニングについて話を続けた。


しかし、彼は重要なことを間違っていたのだ。
彼は商品の特徴から、ポジショニングマップらしきものを説明し始めた。
「縦軸はこう。横軸はこう。他社の商品と比べて、ここが特徴的」などと私に言う。


私は説明を聞きながら、少しおかしな部分に気がついた。
そこで聞いた。「そのポジショニングは顧客から見たら、どう見えるの?」
すると彼は答えた。「顧客からは分からない。ただ、他社商品と比較するとここら辺が違う。」などと言った。


彼は「顧客」から見ていないのだ。


見ているのは「競合商品」だった。


それはポジショニングでも何でもなかった。


実際、この間違えは驚くほど見る。
「この人はよく勉強している」
そう思った方でさえ、間違っていることがある。


ポジショニングで有名なのはアル・ライズとトラウト。


以前、ブログでも書かせていただいたとおり、私が十数年以上前にマーケティングに取り組み始めた頃にはまりまくっていた。


そもそも、ポジショニングが必要な理由は何か?
そこから、まずは話をしたい。


今の世の中、商品数は膨大。
しかも、それらの広告も半端のない量。
不況だと言っても、広告はあふれるような量だ。


しかも、広告だけではない。情報も多い。
ネット上の情報も含めたら、あらゆる情報が氾濫している。
すると、「どの商品を選択すれば良いか、分らない?」という状態になる。


ぐちゃぐちゃな状態。


何が何だか分からない状態。
この状態の中で、あなたの商品を顧客に選んでもらう必要があるのだ。


少し、想像してほしい。
例えば、あなたがある有名ミュージシャンと友人だとしよう。
彼は東京ドームでコンサートを開催。


開催の日、彼はステージに立つ。
観客席にはあなたがいる。
時おり、彼はあなたを探すような素振りをするが、あなたに気がつかない。


どうしたら、彼の目に、彼の脳にあなたの存在を気づかせることができるか?
あなたはどうすれば良いのか?


この状況こそがポジショニングが必要な理由だ。


あなただけが傘を持っていき、それを開くなど。
何か目立つことをすることだ。
どう目立つかを考える。
これがポジショニング戦略だ。


ビジネスに話をもどそう。


あなたが第1に意識しなければならないのは「顧客」だ。
競合ではない。


顧客の頭の中がぐちゃぐちゃな状態になっている。
あなたの商品に気がつかない。
そこで、あなたの商品をどのように見せれば良いのか?
そこでポジショニングだ。


ぐちゃぐちゃな状態であなたの商品を見つけてもらうためには、先ほどの傘のような目印。
または目立つことが必要なのだ。


「顧客」の頭の中に商品を位置づけるプロセス。
それを意識してほしい。


次回、少し詳細に説明をしていきたい。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。
参考になったら、クリック

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/12/02 07:00 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

ポジショニングの基本 2

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


顧客の頭の中は混乱している。


前回、そう話をした。


膨大な商品
膨大な広告
膨大な情報



それらが溢れている状況の中で生活しているのだ。
混乱するのが当然だ。


顧客の頭の中がぐちゃぐちゃな状態であなたの商品を選んでもらうためには強烈な目印が必要なのだ。


炭酸飲料


私の頭の中に強烈な炭酸飲料がある。
それが「脂肪を消費しやすくする ヘルシアスパークリング」だ。


私は決まったように「ヘルシア」の炭酸を飲んでしまう。
ただ、ここで重要なのも頭の中の「一言」だ。


私の頭の中の「一言」。
それは「炭酸飲料なのに痩せる」。
これだ。


「高濃度茶カテキン」だとか、機能の詳細な説明もあったと思うが、そんなことは知ったことではない。
よく知らない。


しかし、「なんだか、炭酸飲料なのに痩せるんだな」と思い、その飲料を飲んでいる。


カロリーゼロのドリンクでとは違う。
あれは低カロリーというだけだ。


「ヘルシア」は「痩せやすい」のだ。
当然、外食が多い私にとってはこれが良い。


話を戻そう。


アル・ライズの商品をポジショニングをさせる方法


その方法こそがこの「一言」だ。


あなたの商品の「一言」は?


今回はそれだけを考えてほしい。
それがまとまっていないのであれば、その商品は売れる確率が極めて低い。
そもそも、長期的に売れるものは必ず「一言」があるのだ。


今、新聞に成功している企業として取り上げられている代表の「ユニクロ」だって、「任天堂」だってそうだ。
逆に苦戦している「ソニー」などは「一言」では言えなくなってきている。
そのソニーだって、成長していた時は「一言」があった。


そもそも、人間だってそうだ。
人気のある人物。
彼らは強烈な「一言」を人々の頭に刻み込む。


イチロー
松井秀喜
石川遼


あなたの頭の中にこんなポジション。
こんな一言というのがあるはずだ。


イチローのことを「武士」と見る人もいるかもしれない。
「ストイック」と見る人もいるかもしれない。
「努力家」と見る人もいるかもしれない。
しかし、言葉は違っていても、絶大な人気のある人は同じ方向性の「一言」を刻みこむ。
別々の方向性ではないのだ。


つまり、分りやすい。


芸能人でもそうだ。


島田紳介


彼を一言で表してほしい。
おそらく、ぼんやりとした「一言」を持っているはずだ。
(別に言葉にならなくても良い)


長期で人気がある人物


彼らは「一言」を人々の頭の中に刻み込んでいる。
逆に一言で言い表せない人は印象に残らない。
それを刻みこめない芸能人は去っていく。


商品もそうだ。


代表的なのがドミノピザ。


「30分でピザが届く。」


この一言は非常に理解しやすい。
だからこそ、あれだけの大企業になったとも言える。


先日、ご紹介した企業


アップル
グーグル
アマゾン



その全てが「ひと言」で言える企業だ。
(少しアマゾンは微妙になってきているが。。)


もちろん、企業を詳細に見れば、色々なことをやっている。
しかし、重要なのは消費者から見える「一言」だ。


例えばグーグルであれば、「何でも検索できる」
そんなものだと思う。


この混乱状態を打開するには簡単なメッセージのほうが効果的だ。


ぐちゃぐちゃになっている消費者の頭の中にぐちゃぐちゃなメッセージを送っても意味がない。
シンプルなメッセージを流しこむ。
あなたの商品の「一言」
消費者の頭の中にその一言を刻みこむのだ。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。
参考になったら、クリック

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/12/03 11:31 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

ポジショニングの基本 3

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)


「顧客の頭の中はぐちゃぐちゃだ。」


商品、広告、情報が氾濫している中で、あなたの商品を目立たせなくてはならない。
そのためにはその商品を「一言」で伝える必要があるという話を前回、前々回としてきた。


ポジショニングの基本を本当の意味でご存じない方が少なくないという話をした。


ここまでお読みいただいた方はもうやっていると思う。
あなたの身の回りの企業などを「一言」でイメージできるかをやっているはずだ。


「楽天」
「アップル」
「任天堂」
「ユニクロ」
「近所の人気の店」



「本当ですね。azabuconsultantさん。本当に一言でイメージできますね。」と。


やってみると、成長している多くの企業が「一言」で表現できることを実感されていることだと思う。
そうなのだ。
多くはアル・ライズの述べていることは正しいと思う。


しかし、このポジショニングは多くは実現しない


「その『一言』というのをやってみたい。」と思って、取り組んでもなかなか実現しない。
ほとんどの企業は実現しない。
理由は簡単だ。
そもそも、自分たちでやめてしまうのだ。


東京都港区にある飲食店


そのお店は1年前くらいに出来た店だ。
経営者はおそらく人生と貴重なお金をかけ、事業をスタートした。
スタートした当初、その店は和風居酒屋だった。


しかし、しばらくすると、その和風を模様替えし、少しバーのような店になった。
その間、わずか3か月くらいだ。
だが、それでは終わらなかった。
次々に店が変わるのだ。


さらに2か月くらいで、模様替えをし、ホッピー専門店になった。
そして、また、1カ月もすると、今度はホルモン専門店になった。
この間は焼き肉屋だった。


店長は一生懸命なのだ。


女性の店員も大きな声を出し、客の呼び込みをしている。
しかし、顧客は入らない。
人気の街にある店なので、新規客は入るが、リピーターにはならない。
近所の人達はあきれている。


「コロコロ変えても、色々なことをやっても、余計にダメなのに」


そう言われている。
彼らは真剣にやっているにもかかわらずだ。


これこそが、通常の企業の形だ。
「儲かりそう」なものを色々と次から次へとトライしていく。
しかし、「一言」を刻みこむことを意識していないし、軸はブレまくる。
この店ほど、極端ではないと思うが、似たような企業は多い。
結局、10年やっていても、何も強烈な「一言」が顧客の頭の中に刻み込まれない。


成長する企業はその分野をやり続ける。


ファーストリテイリングの「一言」は何か?
「安くて、良質のカジュアルウェア」とか、
「カジュアルウェアが安い」とか、
「カジュアルウェア専門店」とか、
そんな感じだ。
方向性は大きくはブレない。


途中、野菜を手掛けたりしたが、それはすぐに止めた。
方向性を明確にし、顧客に強烈に「一言」を刻みこんだ。


私自身のクライアントもそうだ。
複数の商品を1つの商品に絞り込み、その商品を磨きあげることで、強烈な売上を生んだ。


しかし、多くの企業はそれができない。


この「ポジショニング」の話をやるのであれば、強い意志と継続が必要だ。
多くはその企業自体が刻もうとした「一言」を忘れてしまう。
ブレまくり、焼き肉をやったり、ホッピー専門店になったりしてしまう。
そんなことでは、「一言」をイメージさせることができないのだ。


さらに、消費者も忘れる。


1回言ったくらいでは忘れてしまうのだ。
そもそも、エビングハウスの忘却曲線などでも、1時間経過すると、56%を忘却する。
わずか1時間だ。
それで56%を忘却する。
それが数日、数週間、数か月と経過するとほとんどのことは忘れる。


消費者には重要なことがあるのだ。


自分の家族、自分の仕事。
しかも、自分の仕事のことだって、忘れてしまう。


その上、商品、広告、情報は氾濫しまくっているぐちゃぐちゃだ。
だからこそ、その「一言」を継続的に伝えなければならない。
何回も何回もだ。
継続的に何年も何年も刻み込むようにだ。


顧客にその「一言」を何度も何度も言い続けることだ。
顧客と接する全社員がその「一言」を顧客に刻みこむことを意識してほしい。


ドラッカーの言葉ではないが、成果をあげるためには強みを基盤にすることが重要だ。
そして、その「強み」を表す「一言」を顧客に刻みこむ。
顧客の頭の中、脳の中に刻みこむのだ。


※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。
参考になったら、クリック

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/12/04 13:34 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

ポジショニングの基本 4

「売上」を上げたい方限定
本ブログ目的
1.最新成功事例の提供 2.不況の中、売上を増大させる事例/方法を提供


★経営の最新情報&ノウハウは経営ランキング
★コンサルタントの最新情報&ノウハウはコンサルタントランキング
★人気の最新情報&ノウハウは人気ランキング
★マーケティングの最新情報&ノウハウはマーケティングランキング
★ありがとう!
コンサルタントランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)
マーケティングランキング4位(最高順位)

「ポジショニングのための『一言』とは?」


ポジショニングが重要だという話をしてきた。
そして、「一言」を考えてほしいと話してきた。


注意点がある。
「一言」というと、言葉になっていなければならないと考えるかもしれない。


そうではない。
言葉にならない言葉でも良い。
消費者の脳の中で感じられる位置のようなもので良い。


例えば、キムタク


ご存じのとおり、彼は雑誌ananの好きな男ランキングで10年以上トップをとる男。
あれだけ、売れている人には間違いなく明確なポジションがある。
つまり、「一言」があるのだ。


彼はどんな「一言」だろうか?


「私は好きではない」
そういう人もいるとは思う。


しかし、そういう人の頭の中での一言も、


「カッコいい」
「カッコつけている」
「カッコいいと言われている人」などだと思う。


「好き」か「嫌い」かはともかくとして、「カッコいい」という辺りに位置しているはずだ。
ここで特にお話ししたいのは言葉にならない「一言」でも良いということ。


「カッコいい(つけている)」というような辺りにポジショニングされていることが重要なのだ。


「お笑い」とか「真面目」とかではないはずだ。


キムタクは長期間、アンアンなどでのランキングなどでNo1となる男。
あなたが好きでなかろうが、彼には人気を得る「理由」が隠されている。
その理由の1つがこの一貫した「一言」。


彼はブレない。
「カッコいい」という一言が日本国民の多くの脳にある。
そして、その「一言」を彼自身も意識し、それを守るために振舞う。
彼はそのポジションを守るために、徹底的に努力し、その「一言」を守り続けているのだと思う。


「彼もお笑いのようなことをやるよ」


そう思うかもしれない。
しかし、彼は本当の意味で「格好悪い」姿を見せないのだと思う。
もちろん、彼はお笑いもやる。
しかし、それさえも許容範囲。


「そういうことをやるところもカッコいいよね」と言われる程度だ。


本当の意味でそのポジショニングを狂わすようなことは一切やらない。


つまり、「一言」をつくりあげるために、やるべきこと
やってはいけないことが明確になっているのだ


彼が目指す「一言」と多くの人の頭の中にある「一言」が一致し、明確になっている。
だからこそ、強烈なポジショニングに成功している。


あなたの企業、商品も同様だ。


その「一言」は何か?
それは言葉になっていなくても構わない。
まさに位置づけ、ポジショニングだ。


そして、その「一言」を守るためにやるべきこと。やってはいけないことは何か?
それを明確にすることが重要だ。



※少しでも参考になった方はこちらのクリックをお願いしたい。
参考になったら、クリック

★ありがとう!コンサルタントランキング4位(最高順位)マーケティングランキング4位(最高順位)
経営ランキング9位(最高順位)

★もっと経営の話題を楽しみたい方は経営ランキング
★もっとコンサルタントの話題を楽しみたい方はコンサルタントランキング
★もっと人気の話題を楽しみたい方は人気情報ランキング
★もっとマーケティングの話題を楽しみたい方はマーケティングランキング
[ 2009/12/05 14:22 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。