売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スティーブ・ジョブズは 世界最高の経営者か? 14

blogcopy1


「スティーブ・ジョブズは
世界最高の経営者か? 14」



前回はハーバードビジネススクールのクリステンセンの提唱した理論
「持続的イノベーション」と「破壊的イノベーション」について、お話しした。
まずは簡単に復習したい。


例えば、テープレコーダー。
それに持続的に改良を加えていくようなイノベーション(革新)のことを「持続的イノベーション」と言う。
音質を良くしたり、操作性を高めたり、とにかく持続的に革新を加えるものだ。


しかし、従来製品であるテープレコーダーの価値を一気に破壊するイノベーション(革新)がある。
この場合では、MDプレーヤーなどだ。
それらは従来の「テープレコーダー」という製品を無効にし、その地位を一気に奪うイノベーションだ。
それが「破壊的イノベーション」


「破壊的イノベーション」では従来の製品の力を無効にしてしまう。
そして、オセロで言えば、ほぼ白だったものをほぼ真っ黒にするようなものだ。
それが「破壊的イノベーション」だ。


読者の方からは、「以前、お話されていましたね」とご連絡をいただいたが、そのとおり、以前もお伝えしたことがある。このシリーズでは「芸術」の視点からお話ししているので、あまり深く掘り下げないが、これは非常に重要だ。


「破壊的イノベーション」は(従来製品に改良を加えていく)「持続的イノベーション」とは全く違う。
そもそも、


売上の上がり方が違う


「持続的イノベーション」はほぼ全ての企業が意識している。
今、目の前にある製品を少しずつ良くしていく。
取り組みをしていない企業もあるだろうが、それが重要なことは意識している。
でも、これをやっても、シェアが一気に拡大することはない。


しかし、「破壊的イノベーション」は違う。


文字通り、従来の製品を破壊してしまう。
無効にしてしまうのだ。
すると、従来の製品で上がっていたはずの売上はその新しい製品に移る。
それに成功した企業は従来製品の既存市場からの売上が一気になだれ込む。
急速に成長してしまうのだ。
先ほどお伝えしたオセロの大逆転のようにだ。


ジョブズが行ったのはまさにこの「破壊的イノベーション」


強烈な売上を上げる「破壊的イノベーション」を仕掛け、それを成功させることなどまず通常の企業にはない。
あったとしても、1回行えば良い方だろう。
それくらい、破壊的イノベーションを仕掛けることは容易ではない。


しかし、ジョブズは違う。
パソコン
iPod
iTunes
iPhone
iPadと幾度となく仕掛けていくのだ。


もちろん、アップルが1番手でない「破壊的イノベーション」もある。
ただ、ここは注意していただきたいのだが、1番手で製品を開発することが重要なのではない。
「破壊的イノベーション」となりうる製品を最初に開発したとしても、顧客に見られなければ、認知されない。
認知されなれば、利用されない。意味はないのだ。


それは本当の意味で1番手ではない。
その意味で、1番手で顧客に認知されることが重要だ。


アップルは「芸術」を武器とし、「美しい製品」を多くの顧客の心に浸透させた。
パソコンやiPodやiPhone、iPadなどで幾度と無く「破壊的イノベーション」に成功したのだ。
「破壊」することで、既存市場から売上が一気にそこに移った。


タイプライターやワープロはパソコンによって破壊されただろうし。
カセットテープやMDやCDはiPodやiTunesなどによって破壊され
携帯電話はiPhoneをはじめとするスマートフォンに破壊されるかもしれない。
そして、既存の書籍は、iPadをはじめとするタブレット型コンピューターに破壊されつつある。


パソコンやiPodやiTunesのように完全に「破壊的イノベーション」のものもあれば、
iPhoneやiPadのように既存の携帯電話や書籍が残っている、「破壊的イノベーション」となりうるものもある。
ただ、いずれにせよ。
「破壊的イノベーション」の機会を狙っている。


この世界を変えてしまうような「破壊的イノベーション」の絶好の機会に
「技術」だけでなく、他に真似できない「芸術」を加え、「最高に美しい製品」として販売していく。


そして、他の競合製品が追随できないものとしてしまう。
比較できないほど、美しいのだ。


ジョブズの狙った市場。
そこは全て破壊的イノベーションの力を利用できた市場だ。
つまり、アップルが行ったことはこれまでお話しした「技術」+「芸術」を
「破壊的イノベーション」の機会に発揮することだ。


innovation


これを実現させている。
「芸術」を加えることで、他のメーカーでは追随しようにもできない状況にしてしまうのだ。


この「芸術」こそが、他の企業と別次元で戦えるアップルの強みだ。


例えば、「アップルがブルーレイレコーダーを発売」というニュースが流れたら、確実に「どんなデザインなのかな?」と思うはずだ。
それこそが「芸術」。もっとやさしく言えば「デザイン」を強みにしている企業だからだ。
(実際には既存の自社の技術をつなぐようにある程度フォーカスさせているので、アップルがブルーレイレコーダーを発売することはないが。。)


では、話題を少し変えたい。


パソコンのことを顧客が知らなかった時代


その時にパソコンを開発するとしよう。
顧客はパソコンの存在を知らないのだ。
その時に顧客調査をしたとしても、「顧客はパソコンが欲しい」とは言わない。
それはそのとおりだ。


知らないのだから、「パソコンが欲しい」とは言わない。
顧客は預言者ではないのだ。見ていないものが見えたりはしない。
ジョブズが言う「欲しいモノを見せてあげなければ、みんな、それが欲しいかなんてわからないんだ」というのは正しく聞こえるかもしれない。


でも、我々はジョブズのような芸術家ではない。
このようなケースであっても、ビジネスの基本どおり、「顧客」を知るべきだ。
顧客は私達のビジネスの売上の源泉なのだ。


考えて欲しい


パソコンが登場した時、彼らは何故パソコンを買ったのだろうか?
当時の彼らに調査ができない今となっては分からないが、「根本的なニーズ」は存在しただろう。
タイプライターよりも文字を修正するのが容易だとか、保存が簡単だとか、様々なフォントがあり美しく文書が作れるだとか、そのようなニーズがあったはずだ。


日本でも同じだ。


「文字が打てる」
「日記などを機械(パソコン)で書いてみたい」
そして、未だに存在するニーズだが「年賀状を出したい」などのニーズはあっただろう。


だからこそ、パソコンという製品を顧客が知らなくても、そのような根本的なニーズを探ることは可能だ。
例えば、次のようなものだ。


「文字を楽に綺麗に書きたい」
「書いたものを楽に保存したい」
「年賀状や手紙を綺麗に出したい」
「重要な文書を保管したい」
「提案書などを美しいものとしたい」



このニーズが正しいかどうかは重要ではない。
ここで述べたいのは、そのような根本的ニーズは存在するということだ。


それを調査するのだ。


私の考えでは、調査は2種類存在する。


簡単に言うと、


「具体化」と「抽象化」


「具体化」は「具体的」にニーズを明確にしていくということ。
先ほど、お伝えしたとおり、「パソコン」などが登場する以前、そのパソコンに対する具体的ニーズなどあるわけがない。


でも、「抽象的」ニーズは存在する。


先ほどの根本的ニーズがまさにそれだ。
「文字を楽に綺麗に書きたい」
「書いたものを楽に保存したい」
「年賀状や手紙を綺麗に出したい」
「重要な文書を保管したい」
「人に出す提案を美しいものとしたい」
そのような抽象的なニーズが存在するのだ。


その抽象的ニーズから最適なものを創り上げていく。
すると、既存の製品。例えばタイプライターやワープロではできないことも明確になる。


「年賀状や手紙を綺麗に出したい」ということ1つとっても、絵やデザインなどが必要になる。
カラーで美しくするためのプリンターだって必要になる。


その抽象化を緻密にやっていくのだ。
抽象化調査によって、製品開発の方向性に誤りがないようにしていく。
それを実現させるということだ。


クリステンセンの理論に基づいて言えば、
「持続的イノベーション」には「具体化」「抽象化」調査を行い、
「破壊的イノベーション」には「抽象化」調査を行うということだ。
それにより、正しい方向性が分かる。


顧客は売上の源泉なのだ。
その顧客が何を望んでいるかを明確に知る必要がある。


ただし、この「抽象化調査」では1つ問題がある。
それこそが「芸術」だ。
次回、それについて、お伝えしたい。


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2011/11/01 12:04 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

スティーブ・ジョブズは 世界最高の経営者か? 15

blogcopy1


「スティーブ・ジョブズは
世界最高の経営者か? 15」



前回は「破壊的イノベーション」について、お話しした。
ここは非常に重要なので、少し復習したい。
(あなたのビジネスにとっても、売上を一気に上げるヒントになる)


「破壊的イノベーション」では従来の製品の力を無効にしてしまう。
オセロで言えば、ほぼ白だったものを一気に真っ黒にしてしまうような力を持つ。
それが「破壊的イノベーション」
そうお話しした。


この「破壊的イノベーション」を仕掛け、それを成功させることなど、通常の企業はまず出来ない。
1度であってもだ。
でも、ジョブズは違う。それを何度となく、成功させた。


パソコン、iPod、iTunes、iPhone、iPadなど、幾度となく仕掛け、成功させていくのだ。


前回もここは注意してほしいと言ったが、1番手で製品を開発することが重要なのではない。
「破壊的イノベーション」となりうる製品を最初に開発したとしても、顧客に見られなければ、認知されない。
認知されなれば、利用されない。
意味はないのだ。1番手で顧客に認知されることが重要だ。
アップルが最初に開発したものでなくとも、アップルは多くの顧客に最初に認知させた。


タイプライターやワープロはパソコンによって破壊され、カセットテープやMDやCDはiPodやiTunesなどによって破壊され、携帯電話もiPhoneをはじめとするスマートフォンに破壊されるかもしれない。
既存の書籍はiPadをはじめとするタブレット型コンピューターに破壊されつつある。


いずれにせよ。従来の製品、従来の市場からの売上を一気に移す「破壊的イノベーション」を何度も成功させた。
多くの市場の売上がアップルの売上になったのだ。


ここで武器になったのも「芸術」だった。


「破壊的イノベーション」を狙う企業はアップル以外にも存在する。
そして、同じように「技術」的に優れている企業も存在する。
だが、「芸術」は別だ。アップルは「美しさ」を生み出す。


世界を変えてしまうような「破壊的イノベーション」の絶好の機会に「技術」だけでなく、他に真似できない「芸術」を加え、「最高に美しい製品」を販売していく。
それは他の競合製品が追随できないほど、美しいのだ。
このようにアップルが行ったことは「破壊的イノベーション」の機会に「技術」だけではなく「芸術」をプラスすることだ。


innovation



そして、この「破壊的イノベーション」では従来にない製品を生み出す。
すると、ジョブズの言う「市場調査は必要ない。欲しいモノを見せてあげなければ、みんなそれが欲しいかなんて分からない」というのはもっともらしく聞こえる。


しかし、これを真似してはいけない。
ジョブズは芸術家。我々はビジネスの世界で生きている。ビジネスでやってきたことを忘れてはいけない。


顧客は売上の源泉なのだ。その顧客が何を望んでいるかを明確に知る調査が必要だ。
例え、従来にはないような製品を作り上げるとしても、前回お話ししたように根本的なニーズを知るための「抽象化」調査を行って欲しい。


抽象的なニーズ、根本的なニーズはすぐに変わるものではない。それを探るのだ。
それにより、製品開発の方向性に誤りがないようにしていく。


ただし、問題がある


この「抽象化調査」では1つ問題がある。
この調査は「根本的ニーズ」を探るものだ。
そのため、「芸術」や「デザイン」。特に外観、外見の部分は調査が困難なのだ。


例えば、女性の顔


あなたに「唇が厚い人は好きか?」と聞くとする。
そう聞かれれば、「普通の唇の人が良い」と答える人もいるだろう。


でも、それがアンジェリーナ・ジョリーのようになると、セクシーで魅力的だと思うかもしれない。
それどころか、アンジェリーナ・ジョリーの顔を見て、魅力的だと感じる方であっても、「唇が厚い人は好きか?」と聞かれると、そうでない方が良いと答えるかもしれないのだ。


ここで重要なのは、アンジェリーナ・ジョリーの唇が好きかどうかではない。
「美しさ」や「外見」など、そのようなものに対する感覚は顧客自身も分からないのだ。
それどころか、「美しい」と思わなかった女性のふとした表情がとてつもなく「美しい」と感じたり、それはとらえどころがない。


これは女性の顔だけではない。
製品も同じだ。


「美しく感じるものは何か?」


そう聞かれても
人はそれを見せられないと判断できない。


「欲しいモノを見せてあげなければ、みんなそれが欲しいかなんて分からない」というジョブズの言葉はまさに「見え方」にこだわる芸術家だからこそだと私は考える。
(この場合もある程度のサンプルを作り、それに対する調査を実施することは可能だ)


我々はビジネスマンだ。
ジョブズのような芸術家ではない。
そして、顧客は売上の源泉。
今、お話しした問題点を押さえ、顧客調査を実施してほしい。


ここから、若干専門的な話をしたい


これまで、「芸術」について、アップルの製品で言えば、外側の面から説明してきた。
外見などだ。
人間の感覚で言えば、「視覚」や「触覚」(または聴覚)で意識できるところだ。
特に大きいのが「視覚」的に意識できるところだ。


でも、これはなるべくシンプルにお話しさせていただくため、そうしていた。
厳密には違う。


ジョブズの言葉には次のような言葉がある。


jobsdesign
引用:THE ONE MINUTE STEVE JOBS


表面的な見た目の問題ではない。


外側だけではない。
表面的な見た目の問題ではない。


では、技術か?
実はそうではない。


そもそも、芸術というのは外見だけの問題ではないのだ。
実は次の2つが重要なのだ。


naimen


「内面」と「内部」の2つが必要なのだ。


それを次回お話ししたい。
(明日11月3日は名言などをご紹介する日。そのため、11月4日に次回のお話をさせていただきたい)


blogcopy2
[ 2011/11/02 14:03 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

スティーブ・ジョブズが影響を受けた天才

blogcopy1


「スティーブ・ジョブズが影響を受けた天才」


今回はスティーブ・ジョブズが影響を受けた人物(ミュージシャン)


ボブ・ディラン


彼について、お話ししたい。


ボブ・ディランについてはご存知の方も多いだろう。
グラミー賞やアカデミー賞など、数々の賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしている。
(参考:Wikipedia)


詩人としてノーベル文学賞にもノミネートされ、
2008年にはピューリッツァー賞特別賞も受賞


「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において7位。
現在、70歳だが、未だに活躍されているまさに天才だ。


そのボブ・ディランにスティーブ・ジョブズははまっていた。
ジョブズがディランに興味を持つようになったのは1960年代後半の頃だ。
でも、そこからが凄まじかった。
伝記「Steve Jobs」にはジョブズの言葉が次のように書かれている。


「サンノゼからバークレーまであちこちをまわってディランの海賊版テープを探し、集め歩いたんだ。ディランの歌詞が載っている冊子も買い、夜遅くまでその意味を考えたりした。
ディランの言葉は、クリエイティブな心に響くんだ」


そう話している。


集めたテープは100時間を超え、
オープンリールのTEAC製高級テープデッキを購入し、
大型のスピーカーをやめ、すごく良いヘッドホンを購入する。
そして、ジョブズは何時間も音楽を聴いていた。


そのボブ・ディランの言葉を今回はご紹介したい。
でも、ディランの言葉に触れると不思議な感覚に襲われる。
特にジョブズの言葉に何度も触れている方なら、その感覚に襲われるはずだ。


「これはジョブズが言った言葉ではないのか?」
そう思えてくるほど、ボブ・ディランの言葉はジョブズの言葉に似ている。
いや、それだけ、ディランがジョブズに与えた影響は非常に大きかったのだろう。


そのディランの言葉を2つほど、ご紹介しよう。
どちらもジョブズが言ったような言葉に思えてくるはずだ。


dylan


もう1つの言葉だ。


dylan1


最後にディランの名曲をご紹介したい。
ジョブズが好きだったせいか、ボブ・ディランの曲とジョブズの伝記は不思議なくらい合う。
伝記を読まれている方はぜひ聴いてほしい。








blogcopy2
[ 2011/11/03 16:39 ] 人物 | TB(0) | CM(0)

スティーブ・ジョブズは 世界最高の経営者か? 16

blogcopy1


「スティーブ・ジョブズは
世界最高の経営者か? 16」



「難しくなってきました」


そう、ご連絡をいただいた。


このシリーズの前回の話
「スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か?」の15回目に対するご意見だった。
※ 「スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か? 15」


「表面的な見た目の問題でないとしたら、今までの話が分かりづらくなりました」


そのようなご意見だった。
実は私もそれを恐れていた。


「内側」と「外側」という区分けであれば、
「外側」が重要という話でシンプルに終えた方が理解しやすい。
そのように考えていた。


人の感覚。
特に「視覚」に影響を与える製品の「外側」
外見的な問題。
それが重要だということは今までのとおりで構わない。


シンプルに言えば、


外側にあるもの。


外側にあるものが人の感覚に影響を与える。


外見は人の視覚に影響を与え、
外面は人の触覚に影響を与える。
外に発する音は聴覚に影響を与える。
通常の製品であれば、ここまでだ。
(食品の場合、
外に発するにおいは人の嗅覚に影響を与え、試食などがあるのであれば、味覚も入る)


いずれにせよ。
ほぼ大半が外側にあるもので決まる。
購入前の段階であれば、特にそうだ。


しかし、厳密に言えば、「内面」と「内部」が関係してくる。


「内面」とは言葉のとおり、


人の内面


具体的に言えば、その製品を創りだす人の内面、心、情熱。
それらが違う。


以前、ご紹介したようにジョブズは「近代美術館におさめられても、おかしくない品質を目指す」と語った。
近代美術館におさめられるもの、
それはまさに「芸術品」だ。
その自信が持てるほどの製品にしようとしていた。


彼の内面はそこにあるのだ。
まさに「芸術家」だ。
製品と言うよりは、「芸術品」を創りあげようとしていた。


競合の多くは違う


テクノロジーにのみ、注力している企業もある。
例え、外側が重要だと考える、デザインに注力する企業であっても、「良いデザインにしたい」という程度だ。
「近代美術館におさめられても、おかしくない品質を目指す」などと経営者含め、全社が考えている企業はごく稀だ。


要は、ジョブズをはじめ、その影響を受けたアップルの人々は「芸術」を生み出すことを意識している。
それに対し、競合は違う。
「芸術」に対し、「デザインをよくしたい」という内面だ。
どうしたって、土俵が違う。


「芸術」を生み出そうとする「内面」は、
仕事の内容を高め、
仕事の水準を高め、
「能力」さえも高める。


すると、どうなるか?
「細部に魂が宿る」ではないが、本当に魂が宿ったが如く、素晴らしい芸術品ができる。


iPhoneに似ているスマートフォンは少なくない


iPadにも似ているものはある。


でも、「どうしても、デザインが今ひとつだ」と感じた方も多いはずだ。
iPhoneを使っている多くの方がそう感じて、iPhoneを選択したはずだ。


iPhoneに似ているものであっても、細部が違う。
外側だけを真似しようと思っても、そもそも「芸術を創り上げる」という魂がないのだ。
細部に至るまで「芸術品」はできない。


これは非論理的な話だが、全てのことに言える。


芸術の話ではないが、
本気で世界1を目指すような企業と
まあ食べていければ良いという企業ではスタートが同じ状況であっても、その成果は変わってくる。
世界1を目指すような企業が産み出すモノは間違いなく変わってくる。


ジョブズはその内面が他とは違った。
「近代美術館の芸術品」を創り上げようとする情熱。
その「内面」を持っていたところで、既に他と比較にならないほど、先行をしているのだ。


「芸術」を生み出そうとする「高い目標」


その高い目標が情熱を高め、
高い情熱が仕事の内容を高め、仕事の水準を高め、「能力」さえも高める。
そして、他を圧倒する驚異的な製品を生み出す。
ひいては高い業績を生み出すのだ。
(実際、iPhoneのデザインに対する顧客の評価には「高級感」「感動しました」「APPLEの魅力」「文句のつけようがない」などという他を圧倒する評価が高い)


彼が述べた次の言葉はまさにそれが表現されている。


jobstarget
参考:THE ONE MINUTE STEVE JOBS


この言葉はネクスト社での言葉だが、
高い目標を設定し、限界まで情熱、仕事の水準を高めるところは同じだ。
「内面」を限界まで高めるのだ。


そして、もう1つが「内部」だ。
次回、その「内部」について、お話ししたい。
この視点があるからこそ、さらにアップルは凄まじい業績を残した。


追伸 このシリーズの次回は11月7日(月)。
11月5日、6日は別のお話をさせていただきたい。


blogcopy2
[ 2011/11/04 13:41 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

ご連絡

blogcopy1


「ご連絡」


本日はどうしてもブログを書くことができない。


早朝から夜まで予定が入っていたこともあるが、
それだけではない。


それに、中途半端なものを書きたくはないので
今回はお休みをさせていただきたい。



blogcopy2
[ 2011/11/05 23:40 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。