売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピザ定食はアリか?ナシか?

blogcopy1


「ピザ定食はアリか?ナシか?」


これまで、このブログでは「抽象的なもの」こそ重要だと言う話をさせていただいている。


でも、この


「抽象的」とは何か?


これはある物事の共通する部分を抜き出して考えること。
少し強引に言えば、注目すべき要素を重点的に抜き出して、他は無視してしまうことだとも言える。


逆に「具体」とははっきりと実体があり、個々の事物に即したことだ。


ビジネスの情報について言えば、物事が具体的になればなるほど、個々の事例に即した話になる。
そのケースに限定した話になっていくのだ。


前回の「スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か?」のシリーズで言えば、iPhoneやiPodの具体的な話になればなるほど、アップルに即した話になっていく。
そして、それはあなたのビジネスに応用が効きづらくなる。
あなたの企業にはiPhoneはないし、iPodもない。


お伝えしたいのはそれではない。
iPhoneやiPodなどについて、趣味の話のように、それだけをお伝えしたいわけではない。
そうではなく、あなたのビジネスに活用していただきたいのだ。
そのため、アップル社だけではなく、あなたのビジネスにも共通する部分を抜き出すこと。
これが重要だと考えている。


だからこそ、抽象的な情報、言い換えると、あなたにも共通する情報を中心にこのブログではお伝えしている。
その情報をあなたのビジネスに具体化するのはあなた自身にお願いすることになる。


それでもかなりのことが可能だ


この抽象的な要素を把握していれば、様々なことに利用できる。
例えば、最近話題になっているドミノピザの関西限定のWEBキャンペーン


これについて考えてみよう。
ご存知ない方はこちらのサイトを観てほしい。
※サイト「ピザ定食をはじめま・・・した?」


「ピザ定食をはじめま・・・した?」というキャンペーン


「ピザ定食って、何だ?」と思うかもしれないが、簡単に言うと、「ピザ+ごはん」
この「ピザ定食」に対して、「アリ」か「ナシ」かを投票するキャンペーンになっている。
ちなみに現在は「アリ」が4988票、「ナシ」が4864票だ。(2011年13時51分現在)


さて、あなたがこのビジネスをやると考えて欲しい。
キャンペーンではなく、この商品を販売するのだ。


これまで、このブログでご紹介した抽象的要素を組み合わせれば、それがビジネスとして成り立つかどうかはある程度分かる。
もちろん、今回のキャンペーンのように調査は必要だ。
でも、無限の選択肢がある中で、全てのことを調査はできない。
勝算のある選択肢を見出す必要がある。


あなたなら、このビジネスは進めるべきか?
そして、それは何故か?
どのような視点から、そう考えるのか?


明日、それについてお話ししたい。


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2011/12/01 13:56 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

スティーブ・ジョブズの動画「人生について」

blogcopy1


「スティーブ・ジョブズが語る人生」


今回は急遽予定を変更し、
スティーブ・ジョブズの動画をお届けしたい。


これまで、このブログでは数多くのジョブズの記事や動画をお届けしてきたが、まだ一度もご紹介したことがない動画だ。


お届けする動画はたった46秒。
非常に短い。
しかし、内容は非常に重い動画だ。
私はこの動画を幾度観たか分からない。


特にお届けしたいのは、
人生をかけ、起業しようとしている方
もしくは既に起業している方だ。


私が関わった人々の中で「起業して成功した」と言われている人々は
例外なくジョブズがこの動画で語る「人生」を歩んでいる。
例外なくだ。
その意味でいかなる書籍よりも真実を語っている。


正直、成功している経営者も
ここまでは正直に言えない内容だ。
(日本の経営者がここまで言ったら、
叩かれるかもしれない。でも、これは真実だと思う)


動画には字幕はないが、英語が苦手な方のために、英語及び日本語訳もつけさせていただく。
ぜひ、ご覧頂きたい。





■英語
jobslifee


■日本語
jobslifej


追伸:前回のシリーズの続きは次週お届けしたい。
今回はこちらをお届けしたかった。


blogcopy2
[ 2011/12/02 08:31 ] 人物 | TB(0) | CM(0)

環境が情熱と成果を生む

blogcopy1


「環境が情熱と成果を生む」


環境を選択すること


それはあなたを変える重要な要素だ。


そもそも、環境が与える影響は極めて大きい。
あなたが接するテレビや新聞、ネットなどのメディアもそうだし、あなたの接する人もそうだ。
そうしたものが自分の感覚から脳に入り込んでくる。
その中にはあなたの成長を妨げるマイナスの情報が数多く存在する。


その影響を避けようと思っても無理なのだ。
その影響は確実に受ける。しかも大きいのだ。


もちろん、あなたが確固たる想いや考えを持ち、それに影響されないほど悟りをえているのであれば、あなたの感覚から様々なマイナスの情報が入り込んでも構わないだろう。
でも、そうでないのなら、マイナスの情報や要素は遮ることだ。


考えて欲しい


そのようなマイナスの情報を日々目にし、耳にする。
すると、それは日々脳に入り込む。蓄積されていく。
それらは不要どころか、あなたに悪影響を与える。


運良く、素晴らしい人や素晴らしい環境を手に入れた人は良い。
毎日毎日、素晴らしいプラスの情報や要素が脳に刻まれていく。
その素晴らしい環境はあなたに力を与えてくれる。
あなたに情熱を与え、あなたを急速に成長させてくれる。


でも、その環境がないのだとしても、


諦めてはいけない


自分でコントロールすれば良い。
自分が目にするべき、耳にするべき情報を選択する。
可能な限り、マイナスの情報は排除する。
そして、良質の情報のみを選択し、良質の環境のみを選択する。
完全ではないにせよ。それを心がけることだ。
私自身、これで大きく変わった。


今、私は自らの環境が好きだ。
友人が非常に多いというわけではない。
頻繁に会う人も限られている。
でも、その限られた人が何より大切だ。


もし、私のブログを情熱的だと感じていただいているのなら、それは私だけではなく、彼らの情熱でもあるのだ。


彼らと会うとどうなるのか?
私が情熱を持った言葉で話すと、
彼らはさらに熱い情熱をもつ言葉を私に返す。
すると、情熱は高まり合い、
頭の中で「できないことはない。やれないことはない」と思うようになる。
その思考が行動を生み出し、ひいては成果につながる。


プラスの環境を選択すると、プラスの思考につながり、
プラスの思考はプラスの行動につながり、さらに環境がプラスになっていく。
そして、自分にブレーキをかけるものが一切なくなる。
どのような困難も大したものではなくなる。
それが私は重要だと思うのだ。


その考えに至った1つの言葉。
それがマジック・ジョンソンの言葉だ。


おそらく10年、いや20年近く前に知った言葉だと思う。
その言葉に衝撃を受け、自分自身の生活は少しずつ変化した。
今でもこだわり、常に意識している名言中の名言だ。


magic


マジック・ジョンソンはNBAでポイントガードとしてプレー、1980年代にロサンゼルス・レイカーズで5度の優勝に貢献した。
91年にHIV感染を理由に引退したが、96年にはNBA50周年を記念した「歴代の偉大な50人の選手」に選ばれ、殿堂入りを果たした。


でも、彼が成功したのはバスケだけではない。


93年にJohnson Development Corporation (JDC) を設立し、そのCEOに就任。
94年以降、JDCは全米5か所にシネマコンプレックスを展開。
98年にJDC はスターバックスと共同出資で Urban Coffee Opportunities (UCO) を設立。そのUCOは全米70か所以上にスターバックスの店舗を展開している。


さらにJDC は2001年以降、Canyon-Johnson Realty Advisors と共同で Canyon Johnson Urban Fund を経営し、全米の主要都市で不動産業・土地開発業を営んでいる。
また Washington Mutual と共同で全米の主要都市で住宅ローンの事業に携わっている。


また、2010年にはロサンゼルスにNFLチームを誘致することに強い関心を持っていることも明かしている。実業家として大成功をおさめている。
(参考:Wikipedia)


マジック・ジョンソンがバスケでも、実業家としても成功したのはまさにここにあったのだと思う。
私自身もこの言葉に助けられた。あなたにとっても何らかのお役に立てると思う。


blogcopy2
[ 2011/12/03 16:06 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

あなたは人と違っているか?

blogcopy1


「あなたは人と違っているか?」


「変わっている」
「人と違う」



もし、あなたが他人からそのように言われても、気にする必要はない。


「人と違う」ということを悪く捉えてはいけない。
もちろん、それを言った他人は悪口として言っているのかもしれない。
それを「改善しろ」と言っているのかもしれない。


でも、他人など関係ない。


「違い」や「個性」はあなたの力なのだ。
それを改善してはいけない。


それを消してしまうことはあなたの個性がなくなるだけではない。
あなたの力をも失うことにつながる。


「個性が大切だ」


あなたも聞いたことがあるだろう。
この言葉はよく言われている。
でも、それを本気で意識している方は多くはない。
人によっては、芸術の世界など、一部の特殊な世界だけの話だと思うのかもしれない。


でも、そうではない。
「違い」は非常に重要なのだ。


考えてほしい。


人と同じことをやり、
人と同じ考えを持ち
人と同じ行動をする。



すると、どうなるか?


成果は人と同じになる。
平均的な成果だ。
平均的な成果を得たいという方にとってはそれは悪いことではない。
だが、ビジネスや起業で成果を上げたいと考えている方はこれでは難しい。


平均的なモノしか生み出せない。
それでは今の時代を戦えない。
このモノがあふれ、消費が低迷している状況で売れるわけなどない。
平均的なモノ、平均的な商品は「普通」なのだ。
それでは目につくことさえない。
買ってもらうことなどまず出来ない。


1000人中、999人が出来ることなど、それが出来たところで強みになどならない。
「それが出来て凄い」と認めてくれる人もない。


極端な話、できなくても構わない。
それは他の人がやっているのだ。
もちろん、礼儀など、ビジネスの基本的なことはおさえる必要はあるが、それ以外のことはどうでも良い。


重要なことは「違い」だ。


「違い」が「違い」を生む。
その意味では、良い「違い」でも、悪い「違い」でも良い。
探して欲しい。
その「違い」は力であり、他人の感覚に影響を与えるからだ。


しかも、悪いことは良いことにも変えることができる。
例えば、人の視線や考えを気にしてしまうという「弱み」でさえ、それは「強み」に変化させることは可能だ。
もし、あなたが日本で一番、人の視線や考えを気にしてしまうのであれば、それは日本で一番、人のことを考えるという強みに転化できる。


でも、平均的なことはダメだ。
平均は変えようがない。
平均は平均でしかない。


だからこそ、重要なのは「違い」だ。


人と違う「成果」を生み出すには、
人と違う「行動」をすることだ。
そして、人と違う「行動」を生み出すには、
人と違う「考え」を持つことだ。
人と「考え」を持つためには
人と「違う」ようにあらねばならない。


そして、その「違い」はあなたの中にある。
特に重要なのはあなたの本質だ。
経験で身につけたものではなく、あなたの本質。
幼い頃から一貫して持ち続けている本質、違い。
それを生かすことだ。


その本質的な違いをなおしてはいけない。
それでは自分の本質的な力を失うことになり、「何が強みかも分からない」人間になる。


人と違うこと。
それは価値を生む。


そのためには自分の違いを知ることだ。
それが自らの「強み」になる。
それを把握するためにも、日々、自分の「違い」や「強み」を分析することに時間をとってほしい。
そして、その「強み」を自らのビジネスにつなぐのだ。


最後にファッションブランド「シャネル」の創設者ココ・シャネルの名言をお伝えしたい。
(この言葉は様々なところで紹介されている言葉であり、よく言われている日本語訳を用いたが、「常に違わなければならない」という英語の方が私は好きだし、そちらが重要な点だと考えている。あなたのビジネスを他とは違う成果を上げるためには、他とは違う行動をとり、他と違う考えを持つことだ。)


cocoj

cocoe


blogcopy2
[ 2011/12/04 12:31 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

ピザ定食はアリか?ナシか? 2

blogcopy1


「ピザ定食はアリか?ナシか? 2」


12月1日の記事「ピザ定食はアリか?ナシか?」では抽象的なものの重要性について、話をさせていただいていた。


前回から少し時間が経過したので、改めて復習をさせていただきたい。


辞書などの意味で言えば、
「抽象的」というのはある物事の共通する部分を抜き出して考えること。
逆に「具体的」とははっきりと実体があり、個々の事物に即したことだ。


ビジネスの情報で言えば、物事が具体的になればなるほど、個々の事例に限定した話になっていく。


例えば、前回の「スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か?」のシリーズ。
これで言えば、iPhoneやiPodなどの具体的な話になればなるほど、個々の事例、つまりアップルに即した話になっていく。
しかし、具体的になればなるほど、それはあなたのビジネスに応用が効きづらくなる。あなたの企業にはiPhoneはないし、iPodもない。当然だ。


でも、あなたにお伝えしたいのはそれではない。あなたのビジネスに応用が効くものをお伝えしたいのだ。
だからこそ、アップル社の話に限定されるものではなく、あなたのビジネスにも共通する部分を抜き出すことが重要だと考えている。


抽象的な情報、言い換えると、あなたにも共通する情報を中心にこのブログではお伝えしている。
但し、その情報をあなたのビジネスに具体化するのはあなた自身にお願いすることになる。


それでもかなりのことが可能だ


この可能性をお伝えして行きたい。


そのケースとして、お考えいただきたいのが、今話題になっているドミノピザ関西限定のWEBキャンペーンだ。
※サイト「ピザ定食をはじめま・・・した?」


「ピザ定食をはじめま・・・した?」というキャンペーン


「ピザ定食」とは簡単に言うと「ピザ+ごはん」
これについて「アリ」か「ナシ」かを投票するキャンペーンになっている。
2011年12月5日14時現在では「アリ」が6515票、「ナシ」が6165票と「アリ」が多い。


でも、今回お話ししたいのはそれではない。
あなたがこのビジネスをやるとしたら、どうするかを考えてほしいとお話しした。


キャンペーンではなく、この商品を販売する。


このブログでご紹介した抽象的要素を組み合わせれば、それがビジネスとして成り立つか否かはある程度分かる。
さて、あなたはこのビジネスに可能性はあると思うだろうか、ないと思うだろうか?


ここまでが前回お話した内容だった。


さて、あなたはどう考えただろうか?


まず、お話ししたいことがある。
今回は我々が取り組みたいのは「俺はピザ定食はアリだ」とか「ナシだ」とか、言って終わりにすることではない。


そもそも重要なのは、あなたではない。
あなたの意見でもない。
重要なのは顧客だ。


ここは幾度となくお伝えしているところだ。
その意味では、今この話を聞く前に「自分の考えではなく、重要なのは顧客だ」と考えてほしい。
ここができないのであれば、いや、これを間違ってしまうと、他のどのような情報を持っていたとしても、何年勉強したことであっても意味がない。
方向性自体が間違ってしまっているからだ。


特にネットビジネス、通販全般に関わっている方は意識してほしい。


最初にお伝えすること


私がネットビジネスや通販を教える時に最初にお話しする話の1つがこのことだ。
そもそも通販でのレスポンスは一般の方が想像する以上に低い。
もちろん、検索連動型広告のようにニーズが高い場合は別だ。


だが、チラシなどを配布し、資料請求もしくは購入を促すプロモーションの場合はニーズが高い顧客ばかりではない。
そのような状況のレスポンスは極めて低い。
販売する段階でなくとも、資料を請求してもらう段階でさえ、レスポンスは極めて低いのだ。
マーケットや商品や広告にもよるが、チラシでの資料請求率など0.1%にも満たないことも多い。
(もちろん、あなたの商品の実際の数値はあなたが調べて欲しい。)


0.1%に満たない


通販をやっている方であれば、そのような数字は常識だ。
でも、問題はその数字を知っていることではない。
その意味を理解していただきたいのだ。


仮にあなたの商品やサービスが0.1%の方が資料請求するものであれば、99.9%は資料請求しない。
1000人いたら、たった1人が資料請求するだけだ。
多数が正しく「普通」だと考えるのであれば、999人が普通の人。
逆に資料請求する1人は「変わった方」なのだ。


「変わった方」と話の流れで申し上げたが、本当に「変わった方」と思っているわけではない。
普通の人、多くの人には理解できない人という意味だ。


だからこそ、あなたの考えが信じてはいけない。
通常、あなたは0.1%には入らない。
しかも、あなたは顧客ではない。
通常は999人に該当する。


さらに言えば、1000人に1人が資料請求者。
その資料請求者のうち購入する確率が10%だとしたら、10,000人に1人の購入者になる。
10000人に1人だ。
資料請求者以上に購入者の気持ちはあなたには分からない。


もちろん、10000人に1人の購入者の調査をし続ければ変わってくる。
同じビジネスを何年も続け、同じ商品を何年も売り続け、顧客の思考や行動を調査やプロモーションなどにより、分析し続ければ、顧客の考えはある程度感じることができるようになる。


でも、それはあなたの思考や行動ではないことを意識し、顧客のことを分析しつくすことで見いだせる世界だ。


あなたは顧客ではない。
顧客が売上の源泉だ。


顧客の事実を押さえることが最重要だ。
その意味では現実を調査し、分析すること。
それに勝る方法はない。


まず、この前提は絶対におさえて欲しい。
それを押さえていなければ、いかなる抽象的な情報も、いや全ての情報が意味はない。


次回から、抽象的な情報を取り上げ、その利用方法、可能性について、お話しして行きたい。


blogcopy2
[ 2011/12/05 18:46 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。