売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新年のご挨拶

blogcopy3


「明けまして、おめでとうございます」


本日から新しい年2012年がスタート。


そこで何を書きたいのか?


それを考えていたのだが、
頭に浮かぶのは
スティーブ・ジョブズの言葉だった。
有名なスタンフォード大のスピーチの一説。


「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる(予定の)ことを私が本当にやりたいのだろうか?」


ジョブズはそれに対する答えが「NO」の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があると考えていた。
自分が死と隣り合わせにあることを忘れずにいること。
それが重要だと話していた。


この意識を持って、この1年を送りたいというのはもちろんだが、それ以前に次のように考えてみようと思う。


「もしこの2012年が人生最後の年だとしたら、私は何をするのだろうか?」


ジョブズは死を意識しながら、決断を下すと、
ありとあらゆる物事はほとんど全て。。
例えば、外部からの期待の全て
己のプライドの全て
屈辱や挫折に対する恐怖の全て。


そうしたものほとんど全てが消え去り、後に残るのは
本当に大事なことだけになると話していたが、まさにそのとおりになる。


2012年を人生最後の年


そう考えると、本当に重要なことしか残らない。


他人の満足ではなく
自分が満足する人生
他人の最高ではなく
自分自身の最高の人生を送りたくなる。


莫大なお金を稼いでも、自分の生き方に満足していない方もいる。
高い地位を得ても、その地位に自分が満足していない方もいる。


残り1年だと考えれば
そのような生き方はできなくなる。


自分が情熱を感じるものを実現させること。
そのことに100%の能力を使いきって、生きる。


2012年を人生最後の年と考えるだけで
それだけの力を持つ。
逆に言えば、毎日を人生最後の日と考えていたのであれば
ジョブズは強力な力を得ていたことになる。


人生最後の年
そう覚悟を決めて、全力を尽くす。
すると、曖昧なものは消え去る。


絶対に成し遂げたい。


絶対にやりたい。


100%の情熱を感じるものしか、後には残らない。
中でも優先度の高いものしか、残らないのだ。


自分が素晴らしいと信じるものしか
後には残らないのだ。


それを今年は実現していきたいと考えている。


2012年
あなたが健康であることを
あなたの道の実現を
あなたのビジネスでの成功を
そして、あなたの2012年が素晴らしい年となることを心から願っている。


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2012/01/01 10:35 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(0)

2012年の計画

blogcopy4


「2012年の計画」


毎年、1月2日は1年の計画を立てる。
もちろん、既に進行している計画もある。
その意味では、今年の計画もある程度は決まっている。


でも、それでも頭の中をからっぽにして、考えてみる。
すると、「今までやってきたから」という理由でやっているものもある。


だからこそ、昨日お話しした、あの言葉も入れて、考えていた。


「もしこの2012年が人生最後の年だとしたら、私は何をするのだろうか?」


「この2012年が人生最後の年だとしたら」
そう考えて、考えてみる。


すると、2012年は今日で2日目ということに改めて気がつく。
365日あるうちのすでに2日が経過している。


最後の年にふさわしい2日目を送っているのか?
そう考えると、本当にやりたいことしか残らなくなる。
できなくなるのだ。


「今までやってきたから」という理由でやっているものはなくなる。


今年最後の年でも、このブログを書くのか?
そのことも考えていた。
でも、やはりこのブログは書きたい。


「集客」のためというような小さな目的ではない。
このブログは私にとって大切な人々に読んでいただいている。


その方々への最後のメッセージという意味でも、書きたい。
そして、何よりも自分自身のために書いていきたい。


その意味では嘘はつかないようにしたい。
自分の中で本当に大切だと思うこと。
本気で信じていること。
それのみをお伝えしていきたい。


話は戻るが、
「2012年が最後の年だとしたら」
そこに残るのはビジネスだけではない。
当然、人生はビジネスだけではなくなる。


私が大切にしている人々に会うこと。


そして、行きたい場所に行くこと。


これらも出てくる。
今年は1月に少し長期のお休みをいただき、スペインに行く。
(このブログを読んでいただいている方は既にお分かりの通り、4年間、休みもほとんどなく、ビジネスをし、ブログを続けてきた。
でも、今回は頭をからっぽにして、長期のお休みをさせていただく予定<ブログもお休みさせていただきたい>)


スペインには以前も行ったことはある。
でも、今改めて、ガウディの建築などを目にし、どのようなことを感じるのか?
アルハンブラ宮殿などを眺めながら、何を感じるのか?
自分の中の変化を感じながら、楽しんできたいと思う。


では、「2012年が人生最後の年」であれば、ビジネスはどうするのか?
ビジネスはビジネスでなくなる。


ビジネスというよりは「創造」
人生の中で創りあげたいビジネス
それを実現していきたいと思う。


お金はもちろん重要だが、自分で実現させたいものを成し遂げたいと思う。


私は「分析」に情熱を感じ、「戦略」に情熱を感じ、
そこから、「最高」のものを創り上げることが好きだ。
そして、そこから、「目標」を実現し、「未来」を創り上げることが何よりも大好きだ。
その意味では、コンサルティングという形でお困りの経営者、担当者、個人事業主の方々のお手伝いをすることは情熱を感じるビジネスだし、素晴らしいビジネスだと確信している。


でも、同時に私自身は現場が好きなのだ。
だからこそ、コンサルティング以外でも、自分がやりたいと思うビジネスを創造していく。
(名前も顔も前面に出さないビジネスもあれば、自分が前面に出るビジネスもある。表面的にはコンサルティングとは完全に別のビジネスになるが、内部では完全に点がつながるビジネスだ。)


常に現場でビジネスをやり、
誰よりも現場に近いコンサルティングを提供する。
それをご賛同いただける企業にコンサルティングを提供させていただく。


「もしこの2012年が人生最後の年だとしたら、私は何をするのだろうか?」


そう考え、今年は1日1日を大切にしていく。


昨日、お話させていただいた方が、
「人生で『後でやろう』と思ったことは、それが実現されることがほとんどないんですよね。そのような方は人生をずっと続くと考えているんだと思います。結局、その人の人生でそれは実現されることはない。『2012年が人生最後の年』と考えるくらいでなければ、実現されることはないですよね」
そう話していた。


そのとおりだと思う。


目の前の一瞬一瞬を大切に生きること。
それが本当に大切なことなのだ。


それをお話ししながら、私の席から見えた景色が次のものだ。
初夕日(そのような言葉はないと思うが)がとても美しかった。


20120101parkhyatt


blogcopy2
[ 2012/01/02 12:46 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

3日目

blogcopy4


「3日目」



前回、前々回とお話しした


「もしこの2012年が人生最後の年だとしたら、私は何をするのだろうか?」


この言葉について、ブログでお話ししてきたせいか、
朝、目が覚めると、そのことを考えてしまう。


「今年が人生最後の年だとしたら、今日、俺は何をするのか?」


そう考えてしまうのだ。


そして、鏡の中の自分にこう話す。
「今日、何をするのが、人生最後の年として、ふさわしいのか?」


今日は
私にとって、大切なあることを進めている。


もう、15時半だが、あなたにとって、素晴らしい1日を今日も過ごしていただきたいと思う。


今年は残り363日


まずは目の前の今日を最高の1日にすることだ。


それは最高の1ヶ月に。
最高の1年に。
最高の2012年につながっていくのだから。


blogcopy2
[ 2012/01/03 15:40 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ブランドの基礎知識

blogcopy4


「ブランドの基礎知識」


「あの商品はブランド力がある」とか
「うちはブランド力がないから」などと
ブランドという言葉はよく使う。


でも、改めて


「ブランドとは何か?」


そう聞かれると、ぼんやりとしか分からない方もいると思う。
そもそも、それはその方のせいではない。
ブランドについて説明している情報そのものが分かりづらいのだ。
その意味では今まで、ビジネス書や雑誌などで「ブランド」について、学んだことがある方でも、それが分からないのはやむを得ない。


ただ、分かりづらいものだからと言って、不要なものではない。
強力なブランドは圧倒的優位を獲得することができるのだ。


今回から、その「ブランド」について、お話ししていきたい。


そもそも、ブランドとはどういう意味か?
まずは辞書などにどのように書かれているのか?
それを一緒に見ていきたい。


まずはWikipediaのブランドに対する説明をご一読いただきたい。


「ブランドは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。
当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。
それが現在のブランドの概念と言える。
ブランドを冠して財やサービスを提供する側の意思を端的に表現するものとして、文字や図形で具体的に表現された商標を使用することが多い。」


ブランドの意味はこのとおりだ。
分かっただろうか?
一回読んだだけでは頭に入らず、「分かりづらい」と感じた方も多いと思う。


さらに、gooの経営辞書(グロービスが作成したもの)では、次のように書かれている。


「製品の構成要素のうち、最も重要なものの1つで、その製品や企業に関するあらゆる印象や体験の蓄積を意味する。アメリカ・マーケティング協会によると、「個別の売り手もしくは売り手集団の財やサービスを識別させ、競合他社の財やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもののこと」。


そのように書かれている。
こちらの方が少し分かりやすいかもしれない。
(この中のアメリカ・マーケティング協会の説明はブランドを比較的理解しやすく説明している)


でも、まだ分かりづらいと思う。


考えてほしい


そもそも、同じ意味だとは思えないはずだ。
Wikipediaの説明と、gooの経営辞書での説明は同じ言葉とは思えないのだ。
むしろ、違う言葉の説明としか思えない。
(どちらも正しいのだが)


それだけではない。
多くの書籍がブランドについて、説明しているのだが、その説明がそれぞれ異なり、一体何を意味するものなのか?
それが分からなくなってしまうはずだ。


しまいには、「ブランドとは色々な意味があり、よく分からないものだ」などと考えてしまうかもしれない。


でも、これでは
「強力なブランドが欲しい」と考えている企業や人にとって、大きな問題だ。
だからこそ、今回から、「ブランド」について、お話ししていきたい。
次回から、基本的な話をしていきたい。


blogcopy2
[ 2012/01/04 13:09 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)

ブランドの基礎知識 2

blogcopy4


「ブランドの基礎知識 2」


前回はブランドについて、2つの説明を読んでいただいた。


1つ目の説明がWikipediaのもの。
次のものだ。


「ブランドは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。
当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。
それが現在のブランドの概念と言える。
ブランドを冠して財やサービスを提供する側の意思を端的に表現するものとして、文字や図形で具体的に表現された商標を使用することが多い。」


そして、もう1つの説明が
gooの経営辞書(グロービスが作成したもの)のものだ。


「製品の構成要素のうち、最も重要なものの1つで、その製品や企業に関するあらゆる印象や体験の蓄積を意味する。アメリカ・マーケティング協会によると、「個別の売り手もしくは売り手集団の財やサービスを識別させ、競合他社の財やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもののこと」とある。


後者の中のアメリカ・マーケティング協会の説明は比較的理解しやすいものだと思う。


でも、いずれの説明も分かりづらい。


そもそも、この2つの説明が「ブランド」という1つの言葉を説明したものとは思えないかもしれない。
2つの説明は全く別の言葉を説明しているようにも思われる。


このような場合、


ぜひ、試みてほしいことがある。


それは、


その根底にある意味を探るということだ


一言で言えば何か?


それをまずは探るのだ。
そこを押さえてしまえば、どのような説明を読んだとしてもブレることはない。
まずは、それを一言で言える言葉を理解することだ。


では、このbrand(ブランド)を一言で言うと何か?
この言葉の根本的な意味は何か?


それは


「焼き印」


「焼き印」という意味だ。
実は、このbrandという言葉には「焼き印」という意味がある。
(brandという言葉はノルド語のbranderから派生したものと言われている。
ノルド語のその言葉も「焼き印をつけること」という意味だった)


brandの名詞の意味は「焼き印」
そして、動詞の意味では、「焼き印を押す」というものだ。


これは放牧している牛や羊などの家畜が自分の所有物であることを示すため、他の所有のものと区別するため、焼き印を押したことが始まった。
私(橋本)が家畜を所有しているのであれば、家畜に「橋本」という焼き印を押すようなものだ。
それにより、他の所有物と区別するのだ。


「(他の所有物と区別するための)焼き印」


それがブランドという意味だ。
ビジネスに置き換えて言えば、


(他の商品と区別するための)焼き印」


この焼き印は商品の「名称」だったり、「コピー(説明)」だったり、「シンボル」だったり、「デザイン」などだったりする。


このように根本の意味を知ってしまえば、
アメリカ・マーケティング協会の意味が非常に近いと話した理由が理解していただけるだろう。
もう一度、アメリカ・マーケティング協会の「ブランド」に関する説明を読んでいただきたい。


「アメリカ・マーケティング協会によると、「個別の売り手もしくは売り手集団の財やサービスを識別させ、競合他社の財やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもののこと」


それでも、まだ難しいかもしれない。
そのような方は「(他の商品と区別するための)焼き印」と、まずは理解してほしい。


実際には識別できるように、あなたの商品に「焼き印」を押すことはできない。
では、それをどのようにしていけば良いのか?
そのようなことについて、次回以降、お話ししていきたい。


blogcopy2
[ 2012/01/05 16:11 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。