売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スペインの旅「資本主義」8

blogcopy4


スペインの旅「資本主義」8


前回、地球には人口がたった1つの国
「日本」しかないという話をした。
企業(法人)はなく、人口100人の個人のみが生活している。


そこで最初にビジネスをしたのはAさん。
そして、Aさんを含めた少数の人が魅力的な商品やサービスを作り上げ、多数の人がそれにお金を払い、使っている。
それが資本主義だという話をした。


私が社会人に成り立ての頃


あるミュージシャンのライブに行った。
その時に彼が言った言葉
それを今でも覚えている。


「僕は皆さんと同じようにチケットを買い、皆さんと同じ場所でライブを観ていた。
それが今は逆の立場にいる。信じられない」



そのようなことを言っていた。
「そんなことを言っていたのか、アイツは」などと思われるのも嫌なので、その方の名はここでは明かさない。


でも、これも同じだ。
舞台に立つ「少数」の人は舞台に立ち、音楽を演奏する。
でも、「多数」は違う。
その音楽を聴くためにお金を払うのだ。
しかも、舞台の上の人と同じように立っているにも関わらず、舞台か座席かによってここまで違う。


Aさんのその後


人口100人の地球。
そのAさんのその後だ。


Aさんは1人でビジネスをやっていた。
そのビジネスはメディアなどに取り上げられ、さらに人気が出てくる。
すると、ますますAさん以外の99人はそれが欲しくてたまらなくなる。


でも、問題が起きた。


どうしたって、1人でやっていると1ヶ月に1個しか販売できない。
単価は1万円の商品だ。
月に残りの99人が1万円ずつ買い、合計99万円が毎月入ってきていた。


つまり、人口100人の視点で言えば、Aさんには毎月99万円が入り、その他の99人は毎月1万円ずつお金が出て行った。
99万円でも十分なはずだが、Aさんはここで「さらに稼ぎたい」と考えた。


その地球には「企業」は存在しなかった。
人口100人は全て個人だった。


そのため、Aさんは「企業」などというものの存在は知らなかったが、4人に手伝ってもらうことにした。
彼らは1人では稼げなかった。
自分で仕事を作ることはできなかった。
そのため、お金を稼ぐどころか、お金は出て行く一方だったのだ。


4人に手伝ってもらうことでAさん含めて5人になり、売上は約5倍になった。
5人以外の95人が1人あたり毎月5個を買うようになったのだ。
毎月99万円を手に入れていたのだが、それが475万円になった。


4人も当然お金を欲しがった。
そのため、Aさんは1人あたり毎月10万円を与えることにした。
4人いるので40万円
それ以外の残りの435万円はAさんのものだ。


4人は稼げなかった状況だったのだ。当然、満足していた。


さらに


さらに、手伝ってもらえる人数を増やせば儲かると思い、それに挑戦した。
でも、そうはうまくいかなかった。
買う方にも限界があったのだ。
働く人を増やしても、買う方は1ヶ月に5個が限界だった。
そのため、売上に対して社員数を多すぎないように「少数」にするようにし、効率化を図った。


Aさんはこの世界の中でビジネスを生み出した数少ない「少数(派)」。
さらに企業の中で(社長として)「少数」になり、
売上に対して社員数も「少数」にした。


実は、このあたりはカール・マルクスの『資本論」と言っていることは少し重なる。
そこでは


「生産手段が少数の資本家に集中し、一方で自分の労働虜を売るしか生活手段がない多数の労働者が存在する生産様式」


それが資本主義と定義している。


生産手段は少数の資本家に集中する。
それがまさに資本主義だ。


引き続き、次回、この話を深めていく。


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2012/03/01 19:27 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

スペインの旅「資本主義」9

blogcopy4


スペインの旅「資本主義」9


Aさんは人口100人の世界で生産手段を手に入れた「生産者」だった。


そして、その世界はまさに「生産手段が少数の資本家に集中し、一方で自分の労働を売るしか生活手段がない多数の労働者が存在する」という資本主義の状況となっていた。


でも、資本主義では「生産手段」だけではなく、
あらゆる面で「少数」が有効なのだ。


そもそも、Aさんはこの世界の中でビジネスを生み出した数少ない「少数(派)」。
さらに売上に対し社員数を「少数」にし、効率を高め、
企業の中でも「少数」(その他大勢の社員ではなく、社長として)となった。


実はこの少数の方はどのような考えを持ち、どのような行動をする必要があるのだろうか?


置かれている状況にも違うが、
実は漠然と多くのことを知っている人ではない。
その意味では皆、同じような内容を教わる学校教育で「優秀」なのとも違う。


少数であるためには、少数の人の考え方。
少数の人しか行わない行動をする必要がある。


当然だ。
多数と全く同じ考えを持ち、多数と全く同じ行動をしていたら、その人は多数になる。


先に話したAさんはまさに少数だった。
多数と全く違う行動を起こしたからこそ、Aさんは少数に属していたのだ。


ある経営者の話


これは以前話した「ある経営者」もそうだ。
その経営者はこれまで話した人口100人の地球の世界にいるのではない。
現実の世界にいる経営者だ。


彼は世間で言う成功者。
起業後、順調に売上、利益を伸ばし、今も順調にビジネスを展開している。


その彼は世間で常識と言われるようなことを知らないことがある。
本人もそれを認識し、笑っている。
それを恥ずかしいとも思っていない。
(だから、私も書けるのだが。。)


でも、彼は何も知らないわけではない。
一般の方が知らないようなことを知っている。
彼のビジネスを成長させることを知り、彼のビジネスを成長させる行動をとっている。
だから、ビジネスが成長するのだ。


アンドリュー・カーネギーやヘンリー・フォードと同じだ


カーネギーは裁判の時、
裁判官にある質問をされる。


それは「鉄」のことだった。
ご存知のとおり、カーネギーはカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収め「鋼鉄王」と言われた米国を代表する成功者だった。
でも、その彼が「鉄」のことを答えることができなかったのだ。
裁判官は「鉄の仕事をしていて、そんなことを知らないのか?」と言った。


また、フォードはマスコミに一般常識の質問をされる。
その一般常識の問題はフォードがいかにバカかを知るためだった。
フォードは自動車会社フォード・モーターの創業者
こちらも米国を代表する成功者だ。
でも、彼も答えられなかった。


これに対して、カーネギーもフォードも同じように答えている。


カーネギーは
「私は鉄の事をよく知りませんが、私の部下には鉄の事を熟知している優秀な人間が多くいます。
もし私に分からないことがあれば電話一つで私の代わりに何でも答えてくれます。
それで問題があるのですか?」


そう答えた。


フォードも同じだった。
「私は学校もろくに出ていないので人よりも知識が無いかもしれません。しかし私は電話一本であなたたちの質問に答えられる各分野の優秀なブレーンがいます。 それで問題があるのですか?」


彼らはまさに同じだった。
いや、彼らだけではない。松下幸之助なども同じことを言っている。


極端なことを言えば、彼らはそもそも多数の人が知っている一般常識は知らなくても良いのだ。
カーネギーで言えば、多数の人が知っている「鉄」のことは知る必要がない。
それは人に任せれば良いのだ。


問題はカーネギーが「少数」の成功者となりうる知識を知っていれば良い。


それに彼らは「自分が優秀になる必要はなく、優秀な人を使えば良い」ということを知っているのだ。
「鉄のビジネスをしているのだから、鉄のことは知っているでしょう」などと考える多数派の考えと全く違う考えを持っているのだ。


でも、そうは言っても「少数」になる場合のリスクは気になるだろう。


実は「少数」になるだけではダメなのだ。
「少数」になったとしても、一方は成功し、一方は失敗する。
その話を次週、していきたい。


blogcopy2
[ 2012/03/02 20:09 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

ジョブズがあなたに言うこと

blogcopy4


ジョブズがあなたに言うこと


本日は土曜日。
そのため、平日にお話ししている「スペインの旅『資本主義』」についてはもう少々お待ちいただきたい。
明後日の月曜日に再開させていただく。


今回は私の好きなスティーブ・ジョブズの言葉をお伝えしたい。
ジョブズの話を何度となくしているので、「もう、いいよ」と思われる方もいるかもしれない。


でも、どうしてもお伝えしたい。


理由は1つ。


彼の言葉には飾りがない。


嘘がないのだ。


彼は人によく思われようとする意識が少ないのだと思う。
もちろん、その欲が見られることもあるが、圧倒的に多くの方と違う。
本当に「真実」かは分からないが、彼にとっては「真実」を話していると思う。


だからこそ、このブログの読者の方、真剣にビジネスをしているあなたに最適なものだと考えている。


「ブログで名言などを紹介している土日祝日は全てジョブズの話にしてしまおうか」と思ったくらいだ。


今回はそのジョブズの言葉をご紹介したい。
次の言葉だ。


「Macはものすごく売れるだろうが、
誰かのためにつくったんじゃない。
僕らのためにつくったんだ。」



いつも感じる


この言葉を見るといつも感じることがある。
「僕らのため」という言葉が「僕のため」に見えてくるということだ。


「僕のために作った」
そのように見えてくる。


想像してほしい。
仮にあと1年しか生きれないとしたら、あなたはどのようなことをするだろうか?
仕事は何をするだろうか?
それとも、仕事などせず、お世話になった人に感謝の言葉を届けるために生きるだろうか?
または、家族と大切な時間を過ごしたいだろうか?


若い頃から「人生が限られている」ということをジョブズは意識していた。
それも口先だけではない。
常に意識していた。
伝記「スティーブ・ジョブズ」にも病気以前でも「僕は長生きできないと思う」というような言葉が出てくる。


限られた人生を意識していたのだ。


その時に一番満足させたいのは「自分」
自分が納得いくものを作り上げること。
それが重要だったのだろう。


誤解しないでほしい


誤解しないでいただきたいのは
マーケティングは「顧客」中心の考え方。
私自身、それは非常に重要だと思っている。


でも、究極の力を発揮できるのは「他人」に対してではない。
「人のため」というのも確かに力は発揮できる。
でも、仮に人生が残り1年だった時にやることは「自分」のためのことだ。


他人に対してだとしても、「自分」と関係のある他人だ。
完全に他人ではない。


それをジョブズが意識していたかは分からない。
でも、その究極の力を発揮したのが、ジョブズ。


自分の中の究極の力を発揮するには「自分のため」。
そして、その「自分のため」のビジネスが他人につながることが、最も幸せなことだと私は思う。


想像してほしい。
自分の人生を費やした時間や労力が、自分が満足したものになり、他人をも満足させたら、こんなに幸せなことはないと思う。


ジョブズなら、あなたにこう言うだろう。


「お前のビジネスは自分自身を満足させているものなのか?」
「お前の商品は最高に自分を満足させているものなのか?」
「自分自身が心底欲しいと思う商品やサービスなのか?」


彼ならそのようにあなたに言うかもしれない。


blogcopy2
[ 2012/03/03 11:50 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

スティーブ・ジョブズの1番重要なこと

blogcopy4


スティーブ・ジョブズの1番重要なこと


本日も前回に続き、ジョブズの言葉について、お話ししたい。
今回の言葉は次のもの


「墓場で1番の金持ちになることは私には重要ではない。
夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ」

スティーブ・ジョブズ名言集


金持ちになるのは重要だろうか?


あなたはどう思うか?
これは人によって違う。


私自身は「金持ちになりたい」と思う人のことを悪いとも思わないし、軽蔑したりもしない。
ぎりぎりの生活を送っている方には何よりもお金が重要だし、余裕がある方はそうでないだろう。
ジョブズとは立場も生活環境も違う。
この点は彼の意見が絶対だとは思わない。


でも、夜眠る時、「今日は素晴らしいことをやった」と思って眠ること。
これはぎりぎりの生活を送っている方にも重要だ。


そもそも、「金持ちになりたい」と思うことは直接「成果を出す仕事」につながらない。


本来、「金持ちになる」ためにはビジネスなどで素晴らしい仕事をすることだ。
(もちろん、投資などでも良いが)
では、その「素晴らしい仕事」をするためには何をしなくてはならないだろうか?


当然、素晴らしい時間(素晴らしい行動)を過ごす必要がある。
目の前のコントロールできる「今日」という日を素晴らしいものとする必要があるのだ。


その意味では夜眠る時に「今日は素晴らしいことをやった」と思って眠ることは何よりも重要だ。


それだけではない。
そう思うことは自分自身のモチベーションを高め、自分自身の仕事の質も高めてくれる。


「お金が重要だ」と考える人にも
「お金は重要ではない」と考える人にも
「成果を上げる、素晴らしい仕事」をするためには、「今日は素晴らしいことをやった」と思って眠ることが何よりも重要なのだ。


あなたは毎日眠る時に「今日は素晴らしいことをやった」という満足感を得て、眠っているだろうか?


もし、そうでないなら、どのようにすれば、そう思えるだろうか?


blogcopy2
[ 2012/03/04 12:33 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

ご連絡

blogcopy4


ご連絡


本日は今も仕事中。
Blogを書く時間が全くないため、
今、進めている「スペインの旅『資本主義』」は明日までお待ちいただきたい。


blogcopy2
[ 2012/03/05 23:40 ] ご連絡 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。