売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦しみに負けない方法

blogcopy4


「苦しみに負けない方法」


今はゴールデンウィーク。
連休明けで仕事をされている方もいれば、
お休みの方もいるかもしれない。


全ての方がお仕事をされているわけではないと思う。


そのため、今進めている「消費者の感情」の話ではなく、
別の話をしたい。


今回、お話ししたいのは「苦しみ」に負けないため、私が常日頃、考えていること。
それをお伝えしたい。


実は、そのことを考えるようになったのは、随分と前に読んだ書籍のおかげだった気がする。
エックハルト・トールの本だったような気もするが、はっきりとは覚えていない。


その「苦しみに負けない方法」とは


「現在」に生きること


もう少し優しく言えば、「現在」にのみ集中すること。
これができれば、大抵のことは耐えられる。


私のケースで言えば、それがうまく機能している時はどのようなことにも負けはしない。
でも、それが機能しなくなると、頭の中が重苦しくなってくる。


逆に自分を苦しめる方法は


「現在」に生きないこと。


試しに、毎日、「過去」に起きたことを延々と思い悩み、「未来」に対する恐怖を延々と恐れること。それをずっと考えてみれば分かる。
すぐに膨大な悩みで自分の頭の中がいっぱいになる。


もちろん、「過去」に素晴らしいことばかり起き、「未来」もハッピーなことしか起きないと本気で考えている方であれば、喜びでいっぱいになるかもしれない。
だが、大抵は人は失敗や恐れにフォーカスしがちだ。
膨大な量の「失敗」や「恐れ」が頭の中を埋め尽くす。
身動きなどできないくらいになる。


だが、現在にフォーカスするのであれば、目の前の時間だけだ。
それは1秒だったり、ほんのわずかな点のような時間だ。
そこで最善の決断をし、最善の行動をとれば良いだけだ。
仮にどれだけ嫌なことが起きても、それを「過ぎ去った過去」とし、現在にフォーカスしていれば、それほど大変ではない。


考えてほしい


過去や未来にフォーカスをするとそれは重苦しいものになってくる。
例えば、現在、あなたが35歳の方であれば、過去35年の膨大な失敗や恐れにフォーカスすることもできてしまう。
「あの時、こんな風にしなければ良かった」
「あんな失敗をしてしまった」
「もっとこうしておけば良かった」などと考えてしまう。


また、35歳以降の未来の起きてもいない失敗や恐れにもフォーカスしてしまう。
「こんなことが起きるかもしれない」
「うまく行かないかもしれない」
「生活は苦しくなるかもしれない」


そのように考えて行くと、過去と未来の膨大な苦しみに自分が押しつぶされる。


だからこそ、
「現在」に生きることだ。


正直な話。
これを習慣づけることはそう簡単なことではない。
私自身、時々「過去」や「未来」にフォーカスしてしまうこともあるが、それに気がつくと「現在」に引き戻す。


そもそも、我々はその「過去」をコントロールすることも、「未来」をコントロールすることもできない。コントロールできるのは「現在」だけなのだ。
その「現在」から目を背けてはいけない。
「現在」という時間を無駄にしてはいけない。


最後に松下幸之助の言葉をご紹介したい。


「どんなに悔いても過去は変わらない。
どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
いま、現在に最善を尽くすことである」

松下幸之助


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2012/05/01 13:48 ] 名言 | TB(1) | CM(2)

名選手になる方法

blogcopy4


名選手になる方法



今回も「消費者の感情」をお休みをさせていただき、別の話をしたい。


と言っても、ビジネスの話ではない。


野球選手の話だ。


今、現役で戦っている野球選手ではない。
私が子供の頃に活躍されていた野球選手
テレビで野球の試合を見る度にホームランを打っていた印象の野球選手


王貞治


おそらく、私と同じ世代にとっては私と同じような気持ちを持たれていると思う。
先ほどもお話ししたとおり、本当に毎回のようにホームランを打っている。
そのような印象だった。



今、考えると、
日本の素晴らしい時代
それに日本の野球の素晴らしい時代を引っ張っていた方だと思う。
米大リーグのハンク・アーロンの755本を抜き、868本の本塁打記録を実現し、まさに「世界の王」になったと子供ながらに喜んだことも強烈に記憶に残っている。


その王貞治の名言を今回ご紹介したい。


「名選手になることは、難しくない。

努力を怠らず、
目の前にあるものをキッカケを逃さずに、
確実に掴んでいけば、
必ずどうにかなる。」



努力を怠らない。
目の前にあるものをキッカケを逃さない。
それを確実につかむ。


意識していきたい。


blogcopy2
[ 2012/05/02 13:44 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

ウォーレン・バフェットが語る「過ち」

blogcopy4


ウォーレン・バフェットが語る「過ち」


ウォーレン・バフェットの名言をここ最近、ご紹介している。


彼のことを好きになったのは私が「投資」にはまっていた時期のこと。
メアリーバフェットが書いたウォーレン・バフェットの投資に関する本などをよく読んだものだ。


投資について詳しい方にとっては釈迦に説法だが、
彼の投資は一般的にイメージされている「投資」とは違う。


よく言われている「優秀な経営者がいる最高の企業をまるごと買収し、経営者が事業に注力できる環境を整える」という大がかりな行動以前に、徹底的に経営の視点から物を見ているのだ。
(表現は違うが、ブルーオーシャン戦略なども含まれている)


何よりも私が彼に興味を持つのは


彼は経営者のように、その企業にどっぷりとつかって、客観的に自分の企業の状態が見えない立場ではない。
また、教授のように、客観的に企業を見えるが、自分の利益にも不利益にもならない、完全な他人ごとのような立場でもない。


ウォーレン・バフェットは投資家だ。
企業を客観的に見ることができる立場にあり、しかも、その評価が正しければ莫大な利益を生み、間違っていれば莫大な損失を生む主観的な立場でもある。
しかも、世界最高の結果を残した、
まさに世界最高峰の投資家だ。


だからこそ、彼の述べることはきわめて客観的であり、主観的であり、実践的なのだ。


その彼の言葉を今回はご紹介したい。


「新しい過ちを犯す前に、過去の過ちを振り返ってみるのはよいことです」
参考:「バフェットからの手紙」


「新しい過ち」はやってみないと分からない。
目の前の「今」は分からない「過ち」だ。


でも、「過去の過ち」は違う。
既に「失敗」すると分かっているものだ。
だからこそ、「過去の過ち」を見る。
そのシンプルなことを疎かにしてはいけない。


あなたの「過去の過ち」はどのようなものがあるのか?
そして、あなたはその「過去の過ち」を避けているのか?


「過去の過ち」を避けるように行動すれば、行動すればするほど成功確率が高まっていく。


この単純なことができない人や企業も少なくない。
だからこそ、チャンスはあるのだ。


追伸:海外に行くため、一時ブログを中断させていただきたい。
ブログの再開は5月8日(火曜日)の予定。


blogcopy2
[ 2012/05/03 16:02 ] 名言 | TB(1) | CM(0)

知人へのアドバイス

blogcopy4


知人へのアドバイス


前回、お話しさせていただいたとおり、
海外にいたため、ブログの更新を一時中断させていただいていた。


本日より再開させていただきたい。


数日前


ある方とお話しさせていただいた。
現在、彼はある企業に勤めている会社員。
社内で表彰されたり、素晴らしい仕事をされている。


でも、彼は起業をしたいらしい。


その彼が私に質問をしてきた。


「起業のためにどのような本を読めば良いか?」


私が彼を見る限り、彼はもう十分なほど本を読んでいる。
それよりもむしろ彼がやるべきことがあった。


それは


行動だ


彼だけではない。
多くの人に感じることだ。


そもそも、日本人は勤勉だ。
特にビジネスを真面目にやっている方であれば、本などを読んでいる方も少なくない。
専門的な知識だけではなく、生活全般に関わる知識に至るまで、様々な書籍を読まれているだろう。


でも、行動できない


いや、「できない」でのはなく、最初から「しない」方も多い。
例えば、簡単な例では「早起きが良い」などという本を読んで感銘を受けたとしよう。


感銘を受けたのだ。
その本の内容に賛成をしている。


でも、「早起きは良いな」と考えるだけで
それを行動に移さない。
行動に移さなければ、何も意味をなさない。
※私が「早起き」が良いと言っているわけではない。誤解しないでほしい。


行動して失敗したから、やめたということであれば理解できる。
だが、行動しないどころか、試しもしないのであれば、その本を読んだ意味もない。
だったら、本を読む時間は浪費だ。


それなのに、
他人に「早起きは良いですよ」と言われたりすると、
「そんなの知っている」と言っているような方もいる。


でも、行動さえしていないのであれば、それは知っているうちに入らない。
何一つ知らないと言える。


そして、次の知識を求めて、次に読む本に移る。
次の本に「起業の前に、顧客もしくは見込み客を確保しておくことが重要だ」ということが書かれていたら、「うーん、顧客や見込み客の確保は重要だな」と感銘を受ける。
そして、また行動せず、次の本に移る。


このように次々に本を読み、次々に行動はせず、
氾濫する情報にだけ溺れているような状態。
これでは何も意味がない。


断言できる。
それで何千冊を読んでも、
人生をかけて、何万冊の本を読んでも行動に移さないのであれば、何一つ変化は起きない。
行動しなければ意味がないのだ。


自転車に乗りたい子供が
自転車の本を何万冊読んでも
自転車の乗り方が分からないように
行動しなければ本当のことが理解できない。
行動してこそ、その知識が生きてくる。


本が無意味と言っているわけではない。
行動が伴わない読書が意味がないと言っているのだ。


今、「行動」に移せていないのであれば、
たった1つの本でも良い。
いや、たった1つの事柄でも良い。
自分自身が本気で感銘を受けた事柄を「行動」に移してほしい。


確実に何かが変わってくる。
「挨拶が重要」という些細な事柄でも、今まで挨拶をしなかった方が周囲の人に挨拶をするようになったら、確実に何かが変わる。


ソニーの創業者 盛田昭夫が次のように言っていた。


「アイデアのいい人は世の中にたくさんいるが、いいと思ったアイデアを実行する勇気のある人は少ない」


行動ができる人は少ない


これこそがある意味でブルーオーシャン戦略だ。
難しい事柄を組み立て、ブルーオーシャン戦略を狙う以前に、重要なことだ。
行動できる人は少ないのだ。


「知」はそれだけでは力を生まない。
「知」は「動」があってこそ、力を生み、あなた自身もあなたの周囲の世界をも変えるのだ。
それでこそ、「知」は生きてくるのだ。


追伸:5月11日および12日もお休みとさせていただく予定


blogcopy2
[ 2012/05/08 17:01 ] 独り言 | TB(1) | CM(0)

ヴァージングループ創業者が語る「英雄」とは

blogcopy4


リチャード・ブランソンが語る「英雄」


今回はヴァージングループ創業者
リチャード・ブランソン
彼が「英雄」について語る言葉をご紹介したい。


「英雄」と言うと、どのような人をイメージするだろうか?


逆境をモノともせずに前進する。
そのような人をイメージするかもしれない。


だが、そうではない。


彼が語る「英雄」とは次のものだ。


「英雄とは、自分のできることをした人だ。凡人は自分のできることをせず、できもしないことをしようとする人だ」


難しいことに挑戦する


確かに難しいと言われることに挑戦したり
逆境を乗り越えるような姿は美しく感じるかもしれない。
私もその気持ちは分かる。


長い年月、苦労を続け、ようやく成し遂げる。
そのようなものは素晴らしい。
そう感じるのも無理はない。


だが、我々の目的は長い間、苦労をすることではない。
長い間、ストイックになることでもない。


成果を出すことだ


成果を出すのであれば、
自分が勝てる土俵で勝負するべきだ。


自分のできることで成果を出す方が
自分のできない、難しいことで成果を出すより、よほど近道だ。
それは卑怯でも何でもない。


以前ご紹介したウォーレン・バフェットもまさに同じことを言っている。


「私たちはある程度の成功を収めることができましたが、
それは、飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに
精を傾けたからであり、2メートルのハードルをクリアできる能力があったということではないのです」

引用:バフェットからの手紙


自分が勝てる勝負をするのだ。
自分のできる勝負をするのだ。
いや、自分が容易に勝てる勝負をするのだ。


自分が難しくて、できないことはするべきではない。


そのためには自分のできることを知ることだ。
その中でも30センチのハードルに感じられるような「強み」を知ることだ。


そこからすべてが始まる。


追伸:5月11日および12日もお休みとさせていただく予定


blogcopy2
[ 2012/05/09 17:27 ] 名経営者 | TB(1) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。