売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消費者の感情(最終回)

blogcopy4



消費者の感情(最終回)


今回でこのシリーズは最終回。


前回は富裕層のお話をした。
富裕層などお金を持っている人に高いものを売るという発想
これについて、見解を述べさせていただいた。


彼らもまた「高品質」「低価格」の影響を受ける。
彼らもFacebookを使ったり、iPhoneを使ったり、スタバを使ったりしているのだ。
言い換えれば、世の中に氾濫する「低価格」の優れた「商品」を使っているのだ。
どうしたって、彼らもその影響を受ける。
少なからず、富裕層ビジネスもより厳しくなって行く。


そうお話しした。


「富裕層ビジネスは全てダメなのか?」


全てではない。
富裕層には富裕層特有のニーズやウォンツもある。
でも、それさえも、世の中の影響を受けるということだ。


実際、Googleなどでざっと調べると、「富裕層」というキーワード自体があまり検索されなくなっている。
トレンドは右肩下がりだ。


それに問題は


「リーチ」


例えば、あなたが金融資産1億円以上の富裕層を狙うビジネスをするとする。
その商品やサービスを彼らにどう訴求するのか?


広告などでの展開を考えている方は、彼らへのリーチはやや困難だということを押さえてほしい。
一部の富裕層媒体はあるが、それでも富裕層のみにリーチするのはそう簡単ではない。


そもそも、金融資産1億円以上の方は約1%。
100人に1人であった場合、その1%に無駄なくリーチできる媒体は限られている。
アメックスのセンチュリオンカード(ブラックカードのこと)のデパーチャーズなどの会員誌への封入や掲載という方法もあるが、完全にマッチしているわけではない。
それにそれでは売上の規模も狙えない。


そこまでの富裕層でなくともその問題はついてまわる。
多くは平均的な方なのだ。
通常のプロモーションを展開していれば、多くは平均的な方に訴求することになり、多くは無駄打ちになる。
これも解決策はあるが、問題の1つだ。


「富裕層」の話から変わるが、
今回、最後にお話ししたいのが、


今あるニーズ以外にあまりお金を払わなくなる


ということだ。
なぜなら、収入は厳しくなっていく中で今までの「生活」は捨てたくはないからだ。
例えば、あなたのお子さんが小学校に入学する時は今使っていないものにお金を使うことになるが、それも既に考えているニーズではある。必要最低限のものにお金を使うようになる。


既存ニーズ、既存商品が中心になる。
世の中に既にある商品。
それにお金を費やすことになる。


考えてほしい。
フェイスブックが最初に1万円を支払うサービスだったら、あれほどの普及はしない。
あのような行動はこれまでしたことがないのだ。
全く普及しなかった可能性もある。
その意味でお金をとるのであれば、既存商品を中心に考えるべきだ。


有料のもので、私ば好きなものを例にあげれば、
「iPhone」だってそうだし、「iPod」だってそうだ。
有料のものは「電話」「音楽プレイヤー」などもともとは既にある商品。
それをイノベーションしたものなのだ。
お金がないのだ。それは重要になってくる。


新しいニーズに飛びつくほど余裕がないのだ。


「でも、新しいニーズ、新しい商品を展開したい。どうすればいい?」


それを展開する場合は、「低価格」もしくは「無料」にすることが重要だ。


無料のアプリのゲーム。
あれもまさにそうだ。
最初は「無料」だから気楽に使ってしまう。
でも、その後、はまってきたところで、1日にやれる時間制限(厳密にはスタミナ制限など)があったり、特別なキャラクターを手に入れたくなったり、イベントなど様々な仕掛けにあい、結局はお金を払ってしまう。


そうすることで、無料のビジネスが強烈な売上を上げて行くことになる。


「低価格」というと
売上が上がらないものというイメージになるかもしれないが、そうではないのだ。
順序が逆になる。
最初から売上を上げるのではなく、最初に売上を上げず、後で売上を上げる。
何もかもが新しいようなビジネスの場合、それをやらないとうまくは行かない。


フェイスブックが最初に1万円を払わなければいけなかったら、どうか?
それを考えていただければと思う。


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2012/06/01 13:13 ] 顧客心理 | TB(1) | CM(0)

スティーブ・ジョブズが語る人生

blogcopy1


「スティーブ・ジョブズが語る人生」


今回はスティーブ・ジョブズの動画をお届けしたい。


この動画はこのブログでも何度かご紹介しているが、
今日、ちょうど私自身も見たくなった。
あなたと共に見たいと思う。


お届けする動画はたった46秒。
非常に短い。
しかし、内容は非常に重い動画だ。


特にお届けしたいのは、
人生をかけ、起業しようとしている方
もしくは既に起業している方だ。


正直、成功している経営者も
ここまでは正直に言えない内容だ。
(日本の経営者がここまで言ったら、
叩かれるかもしれない。でも、これは真実だと思う)


動画には字幕はないが、英語が苦手な方のために、英語及び日本語訳もつけさせていただく。
ぜひ、ご覧頂きたい。





■英語
jobslifee


■日本語
jobslifej


blogcopy2
[ 2012/06/02 19:03 ] 人物 | TB(1) | CM(0)

日本が誇る天才の言葉

blogcopy1


日本が誇る天才の言葉


今回は牛若丸。
源義経について、お話しして行きたい。


源義経というと
ご存知のとおり、「天才」と呼ばれていた男。
正確な記録が残っていないため、義経について、述べられていることがどこまでが正しいのかは分からないが、あの平家を短期間で破った最大の功績はこの義経であったのは事実なのだろう。


常識から外れた戦い方。
騎馬により、相手の意をつき、一気に弱点を攻撃する。
一の谷の合戦も、屋島の合戦も義経の奇襲が成功要因ともいえる。


平家相手に連戦連勝であってのはただひとり義経。
その意味で彼が天才であったのは間違いないだろう。

その義経の言葉を今回はご紹介したい。


「勝つということは味方に勝つ事である。
味方に勝つというのは我に勝つ事だ。
我に勝つというのは、気をもって体に勝つ事である。」



今は亡き、義経がどのような意味でこの言葉を述べたのかは分からない。


だが、ある集団に属しているとどうしても「無理だ」「難しい」という言葉を敵ではなく、味方が口を出してくる。まず、「勝つ」ためにはそれに勝つことが重要なのだ。
そのことを述べているのだろう。


そして、その味方に勝つには自分自身に勝つことが重要であり、
それに勝つためには「気」。言い換えれば、自身の「心」が重要なのだ。
全ては「心」から始まる。


そのように義経は述べたのだろう。
悲劇の運命の中、常に勝ち続けてきた彼だからこそ、自らが味方にも勝つ必要があったのだろう。


Youtubeに一の谷の奇襲の動画が掲載されていた。
(動画を見ていると、まさにこのブログで大切だと述べている「少数」派の人物であることが分かっていただけると思う)
ご参考まで。





blogcopy2
[ 2012/06/03 17:07 ] 人物 | TB(1) | CM(0)

ご連絡

blogcopy4


ご連絡


本日はブログを書かせていただく時間がないため、
お休みとさせていただきたい。


blogcopy2
[ 2012/06/04 22:53 ] ご連絡 | TB(1) | CM(0)

「売れない」と悩んでいる方へ

blogcopy1


「売れない」と悩んでいる方へ



数年前に一度お話ししたことがある内容だが、最近も特に感じるのでお話をしたい。


ある経営者の方から、「商品が売れない」というお話があった。
この企業。ネット上でかなりの数の商品を販売している。
そのうちの商品の1つが「売れない」ということがあった。


このような話はまずやらなければならないことがある。


問題を掘り下げるのだ。


そもそも、「売れない」という言葉は適切ではない。
漠然としすぎているのだ。


ダイレクトマーケティングやネットビジネスについて「あまりよく分からない」という方もこのブログは読まれているので、少し簡単に説明したい。


例えば、そもそも、その商品が掲載されているサイトに顧客が訪問していない可能性がある。
顧客が訪問していなければ商品が売れるわけがない。


もしくは、そのサイトに顧客は訪問しているが、見て(読んで)いなかったり、もしくは複数の商品が掲載されているのであれば、その商品自体が見られていないこともある。
また、その商品の説明の精度が低く、結果購入されていない可能性もある。


そのようなことを調べるのは簡単だ。


調べて、その結果、顧客が訪問していないだけであれば、そこで「売れない」という言葉は適切ではない。顧客がサイトに来ていないだけだ。
サイトへの集客数が少ないだけなのだ。


コンバージョンレートは高い


仮に、コンバージョンレート(成約<購買>する率)が高いのであれば、その商品が掲載されているサイトにつれてくれば良いだけだ。


問題を特定していく


さらに問題を特定していく。


「なぜ、顧客がサイトに来ないのか?」


展開している広告などの露出量が足りないのかもしれないし、
広告を展開している媒体が適切でない可能性もある。
もしくは露出そのものは問題ないが、広告クリエイティブの精度が悪いのかもしれない。


露出量や露出媒体に問題がないのであれば、広告クリエイティブをまず改善することになる。


そのように問題を特定していくと、「売れない」という言葉ではなく
「広告クリエイティブの改善が必要だ。他は問題ない」という言葉になる。


であれば、その改善をするだけだ。


やるべきことは明確になり、
不安は消えて行く。


経営者の方にとって「売れない」ということは何より精神的にきつい。
でも、悪い結果が「不安」を巻き起こすのではない。
明確でないこと、見えないことが「不安」を巻き起こす。


もし、あなたが「売れない」と思っているのであれば
ぜひ、注意してほしい。


「売れない」という言葉は適切ではない。
なぜ、「売れないか?」
それを掘り下げて行けば、「○○の改善が必要だ」ということになる。
そうなれば、それを改善するだけだ。


シンプルなことだ。


考え抜き、問題を見いだし、その解決先を見つけたら、悩む必要など、何一つない。
あとは行動するだけだ。


blogcopy2
[ 2012/06/05 10:50 ] 売上増大 | TB(1) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。