売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人間の可能性

blogcopy4


人間の可能性


人の能力に衝撃を受けたのは
中学生、高校生の時期だ。
中間試験や期末試験前に教科書のかなりの範囲を「一夜漬け」で記憶する。


全く覚えていなかった学生が
その翌日にはその内容をスラスラと話せるようになる。
一夜漬けをした自分に対しても、自分以外の学生に対しても「凄いな」と思っていた。


「その努力を毎日少しずつやれば良いのに」とは思わなかった。
むしろ、「凄いな」ということだけだった。


通常では覚えられないような範囲を
追いつめられた状況では覚えることができる。


これは好きなものに対してもそうだ。


私の知人は自転車。
ロードレースが大好きなのだが、
はまったのはそれほど昔ではない。
だが、一瞬にして、専門的なことを次から次へと話し始める。
この次のレースは「3級山岳」だの、誰々がどうだの?
しまいにはギア比がどうだとかになってくる。


追いつめられていたり、
好きなものにはまった時だったり、
そのような時の人の能力は本当に凄まじい。


でも、その凄まじい能力をさらに凄くするためには「長期間」継続することが重要だ。
たった1日でも凄まじいのだ。
そのような能力を長期間継続できれば、人の能力はまさに無限になるようなものだ。


そのためには、
中間試験や期末試験のように、ある程度追いつめられていることだ。
動物だってそうだ。餌を自らがとる野生の動物の方がはるかにたくましい。
また、好きなものもそうだろう。


好きなものや、情熱を感じるもの。
そのようなものを仕事に選び、10年20年と積み上げた時の人の能力は信じられないような成果を成し遂げる。
私はそう思っている。


将棋界最強の男、
羽生善治氏は次のように話している。


「以前、私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていた。
しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で
同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。」



才能とは「同じ姿勢で同じ情熱を傾けられること」
つまり「モチベーション」だ。


それこそが才能だと私も考えている。
たった1日でも凄まじいのだ。
それを10年、20年、30年と同じモチベーションで続けられたら、どのような方も無限の可能性を持っていると私は思う。


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2012/09/01 16:21 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

仕事は辛いか辛くないか

blogcopy4


仕事は辛いか辛くないか


「仕事は辛い」という人もいる。
また、「仕事は辛くない」という人もいる。
そのどちらが正しいのだろうか?


実はどちらも正しい


いや、どちらも正しくないとも言える。


「辛い」というのも「辛くない」というのも事実ではない。
その人にとっての思い込みでしかない。


ある人には辛いが
ある人には辛くない。
その感覚は思い込みでしかないのだ。


私の知人


知人でずっと新聞配達をしながら、その他のバイトもし、大学まで卒業したヤツがいた。
彼は就職をした後、その当時と比べ、「こんなに幸せな仕事はない。パソコンは覚えられるし、資料を作るのも楽しいし、人と会うのも楽しい」
そう言ってワクワクした表情で10年以上もの間、働いていた。


でも、その企業で働いている人の中にも「こんな辛い仕事はない。かなりきつい」と言っている人も少なくなかった。


さて、仕事の量や質はどちらが大変だったのだろうか?
二人とも変わらなかった。


いや、むしろ前者の彼の方が成績を上げ、顧客から好かれ、周囲の評判も高かった。
当然、できる彼には仕事が集まってくるので、かえって仕事量も多かったと思う。


でも、彼はその仕事が好きで楽しくて仕方がなかった。


彼のこれまでと比べれば天国だった。
朝3時頃に起き
新聞配達をし、学校の勉強もし、さらには他にもバイトをして、仕事と勉強を続けてきたのだ。
「新聞配達をしていた時はカップヌードルが最高だった」と笑いながら話す彼は相当タフだった。
カップヌードルでさえ、最高と思えたのだ。


まさに若い時の苦労は買ってでもせよだった。
その苦労はかなり大きな「苦しみ」でないと彼に「辛い」と感じさせなくなった。
そして、多くのことを「幸せ」だと感じさせてしまう。


実際、彼は仕事を楽しんでいた。
常に笑っていた。
だから、どんなことも笑顔で乗り越えることができたのだ。


仕事が幸せだと思っている人には普通の人はかなわない。
でも、若い時に貧しく厳しい生活をしろというのは不可能だ。
もう、大人になってしまっているのだから。


だからこそ、好きなことをやった方が良い。
仕事が楽しくて仕方がないという状態をつくることだ。
「楽しい」というと「怠け者」のように捉えられているかもしれない。でも、そうではないのだ。
好きだからこそ、
心底愛しているものだからこそ、
幾多の「困難」を乗り越えることができる。
しかも、ずっと多くの仕事を成し遂げることもできる。
怠け者どころか、外から見れば「働き者」だ。


史上最高のゴルファーと言われたジャック・ニクラウスはこう言った。


「人は心から楽しめるもののみにベストを尽くせると、私は強く信じている。
ちっとも楽しくないことに高い能力を発揮するのは至難の業だ。」



好きなことをやることだ。
仮に好きな仕事でなくとも、その中で好きな仕事を探すことだ。
「嫌い」な面、「大変」なこと、そのことばかり、考えていたら、仕事は本当に大変なものになり、情熱は枯れていく。
「好き」な面、「ワクワク」すること。それを考えるのが重要だと私は思う。


仕事がいくら大変と言っても、貧困や戦争中の世界でもない。
死ぬわけではない。
新聞配達の彼が言うように、我々は幸せの世界で行きているのだから。


blogcopy2
[ 2012/09/02 15:21 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

目標を達成するAさん

blogcopy4


目標を達成するAさん


今回は、知り合いのAさんについてお話ししたい。


彼はまさに自分の理想の人生を歩んでいる。
もちろん、悩みもあるにちがいない。
彼はその悩みをあまり話さないので真実のところは分からないが。。


ただ、彼の目標とするもの。
狙ったものを確実にクリアしていく。
(彼が実現した内容についてはここでは書かないが、
一般的には高いハードルだ)


このブログでも何度も書かせていただいているように
「継続力」という力はフルに使う。


一度や二度の失敗や障害で
立ち止まることはない。
着実に行動を継続していく。
(驚くほど、着実に日々進めていく)


そして、成功するまでやり抜くのだ。


通常、この継続ができない。


なぜ、継続できるのか?
彼がそれを継続できる理由の1つが


成功を確信している



成功を確信していることだ。


成功が間違いないと確信している。


彼との会話の中で「失敗したら」という言葉は一度として聞いたことがない。
1回もだ。
100%成功するように物事を話す。


私も彼には言えない言葉がある。
それが


「失敗したら、どうするの?」という言葉だ。


決して言わない。
彼は信じているのだ。
その信念が強靭な継続力につながる。
多くの失敗を乗り越えさせることにつながる。
成功を信じている人にその言葉は言えない。


よく、インタビューなどを聞いていると、
時々、次のように聞く人がいる。


「うまく行かなかったら、どうするんだ」
「失敗したら、どうするんだ」


仕事だから、やむを得ないところもあるが、勝負は微妙なことで変わってくる。
「負けるかもしれない」
そう思わせることのマイナスの威力を知らないのだ。


その意味では「勝つのが当たり前。負けたら、死ぬしか無い」というのも良くない。
「負けたら」というところで、既に負けを意識させている。


ビジネスはオリンピックなどと違い、
何度だって勝負できる。
その意味では、本当の意味で失敗はない。


想定した成果がなければ、何らかの要素を変えれば良いだけだ。
ビジネス自体、商品を、プロモーションを、価格などを。
変えるところはいくらでもある。


勝つまでやり続ければ良いのだ。
方向転換も可能なのだ。
しかも、世の中には問題が氾濫している。


やる前から、またろくに戦ってもいないのに「失敗」を恐れる必要はない。
ましてや、「失敗」を考える必要もない。
いや、考えてはいけない。


昨日もご紹介した史上最高のゴルファーと言われたジャック・ニクラウスはこう言った。


「『失敗を恐れない』という姿勢では弱い。
『必ず成功させるのだ』という強い意志を持て」



想定する成果が出なかったことは「失敗」とは言わない。
それは改善すれば良いだけだ。
まるで「敗北」を意味するような「失敗」などニクラウスの言う通り、意識する必要はない。


もちろん、知人の彼にも想定する成果が出なかったことは幾度となくあったと思う。
でも、それを改善してきたのだ。
継続力で。


その継続力を発揮できるのは「勝つ」ことを信じているからだ。
少なくとも、彼との会話で一度たりとも、「失敗」という言葉は聞いたことがない。
そんな彼が私は大好きだ。


追伸:ここでお話ししている「失敗」は想定していた成果が出ないことを言うのではない。
敗北を意味する「失敗」のことだ。


blogcopy2
[ 2012/09/03 13:58 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

今、最も重要だと思うこと

blogcopy4


今、最も重要だと思うこと


今、最も重要だと思うのが「自信」だ。


言い換えれば、「できる」と思うこと。


これには賛否両論があると思う。
「自信がそんなに大切なのか」
そう思っている方もいるかもしれない。


特に起業している方や
独立している方にとって、非常に重要なことだ。


自分が不調の時
不安で頭の中がいっぱいになってしまう方
「できない」と思ってしまう方は
格好つけているわけではなく、「自分」が敵だ。


頑張ろうと思っても
自分の意識が「成功しないかもしれない」
「失敗するかもしれない」と成功を信じられなくなってしまう。
人は頭の中で会話をするのだ。
実際に喋らなくとも、頭の中が「失敗するかもしれない」と自分で言葉を発し続ければ、それに押しつぶされてしまう。


まさに「やろう」と一時的に思っても、
自分自身が最大の敵になる。


その最大の敵を抱えて生活していたら、
一時的にモチベーションを高めても
すぐにモチベーションは低下し、
仕事の成果も低迷してくる。
どんよりとした雰囲気の中で戦うことになる。


そして、彼らは「結果が良ければ自信が持てる」と思っている。
でも、そうではない。
人生にも仕事にも失敗は何度も何度も立ちはだかる。
一時的な成果で自信を持ったとしても、次々に立ちはだかる失敗や逆境を乗り越えることができない。結果(現状)に引っ張られる人は負けてしまう。


結果が悪くとも
現状が悪くとも
自発的に自信を持つことが重要なのだ。


自信がある人は違う


「できる」と思っている人たちは違うのだ。
彼らは自分自身が「敵」ではなく、味方になる。
最大の味方を得て、戦って行くことができる。
24時間、話しかける自分の言葉は「絶対にできる」「俺ならできる」と思っているのだ。
多少の失敗や逆境を乗り越えることができるのだ。


実際にそのようなケースを見てきているからこそ、多くの人の課題はそこだと考えている。
だからこそ、このことばかり、書かせていただいている。
「売上増加」というタイトルだが、その核となるものがそこだと思っている。


自信を持ち、自分自身を本当の意味で味方にし、ベストを尽くす。
多くの人ができない、それを成し遂げることが知識以上に重要なことだ。


スティーブ・ジョブズの言葉で
私がここ最近好きな言葉がある。


それが


「それほどたくさんのことはできないのだから、
一つひとつが本当に素晴らしいものでないと。
だって自分の人生だから。
人生は短く、やがてみんな死ぬ・・・
そのなかでこうしようと決めたんだ。
だったら、ものすごくいいものにしたい。
価値あるものにしたい」



「死」を必要以上に恐れることはない。


でも、人生が有限なのは確かだ。
だからこそ、ひとつひとつのビジネスをものすごくいいものにしたい。
価値あるものにしたい。
そう彼は言っていた。


ただ、私には次のようにも聞こえるのだ。
(ビジネスだけでなく)人生をものすごくいいものにしたい。価値あるものにしたいと。


そう思うと、1日1日をものすごくいいものにしたい。価値あるものにしたい。
いや、1時間1時間を価値あるものにしたい欲求にかられる。
それをベストにするためには24時間常に一緒にいる「自分」を最大限味方につけることだ。
「できない」ということをあなたに言いたくはないのだが、最大限ベストを尽くし、結果ダメであれば、それは仕方がない。


今、コンサルティング以外に手がけているビジネスが2つほどある。
コンサルティング同様、私が非常に好きなビジネスだ。
そのため、他に費やす時間はないが、ものすごくいいものにしたい。価値あるものにしたい。
そう考えているのだ。


追伸:現状の案件、また新規ビジネスなどのため、新規のコンサルティングのお申し込みやその他ご要望などはお待ちいただくこととなります。ご容赦いただきますよう、お願い申し上げます。(橋本)


blogcopy2
[ 2012/09/04 18:24 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

恐怖をなくすには

blogcopy4


恐怖をなくすには


私が学生時代に非常にはまった本。
それはカーネギーの書籍だった。


昨日、偶然目にしたのだが、重要な箇所に「印」がたくさん付けられていた。
彼の書籍でセオドア・ルーズベルトの話を取り上げていた。
セオドア・ルーズベルトは第26代大統領になった人物。


名誉勲章も授与された軍人であり、
探検家でもあり、そして大統領でもあった。
勇気を持つ偉大な大統領だった。


だが、彼の人生は正反対だった。
喘息に苦しむひ弱な少年だった。
青年になっても、自信はないままだった。


私がルーズベルトに注目したのは、
そこから、どのように偉大な大統領になったかだった。


彼は「自信」を手に入れようとしたのだ。
精神を徹底的に鍛え直す必要を感じていた。


そして、彼はある小説の一節を見つける。


マリアッドの小説の一節だ。


そこには、小説の主人公に向かって、英国戦艦の艦長が、肝っ玉のすわった人間になるにはどうすればよいか、教えているくだりがあった。
次の内容だ。


「初めて戦場に出るのは、だれでも恐ろしいものだが、取るべき道はただ一つ、戦闘など全然こわくないといった顔で立ち向かうことだ。この態度をつねに取り続けていると見せかけでなく、本当に度胸がすわってくる。恐怖を知らぬ態度を繰り返しているうちに、いつの間にか本当に恐怖を感じなくなり、度胸のある人間になるのだ」


まさに、ルーズベルトはこの考えに従う。


常に怖くないという表情、顔でいた。
常に「不安」や「怖さ」など一切の言葉を述べることはなかった。
まさに彼の辞書から「恐怖」や「不安」という言葉をなくしてしまったのだ。
それをひたすらに実行し、そしてついに恐怖を克服した。


自分の辞書から「不可能」という文字を抹消したナポレオンのようにだ。
「不安」や「怖さ」を感じないという「行動、態度」は
やがて、その「習慣」を生み、そして、「性格」になる。


以前、お話しした「坂の上の雲」の秋山好古。
日本騎兵の父と言われ、陸軍大将にまでなった彼もまさにそうだった。
青年の頃は大人しいタイプの人間だった。
それが非常に質素な生活を送り、自ら贅沢を嫌い、自分自身の精神を強靭なものにすることにこだわった。そして、「恐れ」など知らない男になったのだ。


「そんな簡単に性格が変わるかな」


そう考える方も「洗脳」というものの存在はご存知だろう。
「洗脳」に関するケースを見ていても、間違いなく、人の考え方は単なる「思い込み」。
それを変えることは可能だということが分かる。


今日あげた偉大な人物らも
ある意味では自己洗脳をやっていると言える。


やっていることはシンプルだ。


自分の理想とする「行動」をし、
それを「習慣」にし、
そこから「性格」を作るということだ。


自分の考えを流れに任せていたら、
失敗や障害の数だけ「俺はなかなかうまくいかない」と卑屈で弱くもろいものになっていく。
自分の考えは全ての出発点だ。
そこが弱くなると、行動も弱くなる。
行動しなかったり、するとしても継続できなかったりする。
結果、人生も弱いものになる。


彼ら超一流の人物らも磨き上げている出発点だ。
実際、そこを鍛えると、大きく世界は変わる。


blogcopy2
[ 2012/09/05 11:51 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。