売上増加トップページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

織田信長とマーケティング

blogcopy4


織田信長とマーケティング


「好きな戦国大名は?」


そう10人以上の人に聞くと、必ずと言っていいほど「織田信長」をあげる人がいる。


信長と言えば、今川義元との戦い


あの戦いはドラマなどにもよく取り上げられる。
当然、ご存じだと思うけど少しだけ話そう。


永禄3年5月。


今川義元は信長のいる尾張国へ侵攻していく。
その兵力は2万人とも4万人とも言われる大軍


対する織田軍の総兵力は5千人


今川軍が4万人だとしたら、8倍


圧倒的に不利な状況にあった。
あなたなら、どうするだろうか?
8倍の敵が攻めて来るのだ。


普通の人間なら、「逃げたい」と思うくらいの兵力の違いだ。


ところが、信長は逃げ出したりはしなかった。
それどころか、勝つのだ。


今川軍の陣中に攻め込み、義元を討ち取る。


有名な桶狭間の戦いだ。


日本の歴史の中でも、これだけの圧倒的な不利な状況を覆してしまう戦いはそう多くはない。


圧倒的な不利な状況に立ち向かう。
その状況を考えるだけで、感動する。


もちろん、信長の偉業はその他数多くある。
でも、僕はこの桶狭間の戦いはが好きだ。


今回は信長の名言をご紹介しよう。まずは読んでほしい。


「攻撃を一点に集約せよ、
無駄な事はするな」



圧倒的不利な状況でも諦めない。
しかも、勝利を勝ち取った男の言葉だ。


無駄なことをしてはいけない。
攻撃を一点に集約するのだ。
目的に向けた行動を集約していくのだ。


一点に集中し、それのみをやらなければならない。


米国を代表するマーケティング戦略家アル・ライズが述べている言葉がまさにこれと同じだ。
「利益を出し続ける会社にするためには一点に集中しなければならない」というもの。
つまり、「フォーカス」だ。


日本の歴史を代表する天才的な戦国大名、織田信長
米国を代表するマーケティング戦略家のアル・ライズ
「戦」と「ビジネス」という違いはある。
でも、どちらも「集中」すること「フォーカス」することが重要だと言っている。


競合が今川義元のように大軍でも、勝つための一点を戦略的に考え、そこに集中する。
それにより、勝率を確実に高めることが可能になる。


ぜひ、信長の考えとアル・ライズの考えである「フォーカス」を活用してほしい。


「攻撃を一点に集約するのだ」


blogcopy2
スポンサーサイト
[ 2012/12/01 19:27 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

勇気がわく言葉

blogcopy4


勇気がわく言葉


本日は日本を代表する芸術家
岡本太郎の言葉をご紹介したい。


正直、岡本太郎の作品は僕にはよく分からない。
でも、ある本を読んでから、岡本太郎に対する印象が変わった。


その本とは、


「自分の中に毒を持て」





あなたは既に読んでいるかもしれない。


この本の評価は非常に高い。
実際、アマゾンでも、100人以上のレビューがあり、その評価はほぼ満点に近い5がついている。


情熱的で、自分を信じている、凄まじい岡本太郎が伝わってくる。
それどころか、他人を意識するような小さな意識も吹っ飛ぶ。


勇気がわくのだ。


それが多くの方の意見だ。


今回はその書籍の冒頭の言葉。
それをご紹介したい。


僕はこの冒頭の言葉を読むだけで岡本太郎の強烈なパワーを感じる。
それではご紹介したい。


okamoto


blogcopy2
[ 2012/12/02 14:13 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

最も大きく栄える方法

blogcopy4


最も大きく栄える方法


今日は全く時間がなかった。
今(23時)に仕事が終わり、ようやくブログを書いている。


ということで、
いつもの「老子との対話」はお休みをさせていただき、
別の話をしたい。


以前もお話ししたことがあると思うが
「最も栄える方法」だ。


その方法とは
世界でも珍しい長期安定政権を築いた男
徳川家康の言葉だ。


家康は幼少の頃から人質の生活
ひたすら苦労の中で生きてきた。


信長も秀吉も成し得なかった天下統一を
実現させたのも、その苦労をくぐり抜けた精神力から来る慎重さや冷静さによるものかもしれない。


その家康が語るのが
「最も栄える方法」だ。


「人間はの、最も多くの人間を喜ばせたものが最も大きく栄えるものじゃ」


国だけではない。
僕たちのビジネスにも言えることだ。
「多くの人間を喜ばせたものが最も大きく栄える」


世界でも稀な長期安定政権を築いた男の言葉だ。
僕たちはビジネスだけでなく、生き方の参考にもしていくべきだろう。


blogcopy2
[ 2012/12/03 23:00 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

天才商人の言葉

blogcopy4


天才商人の言葉


本日も全く時間がなかった。
今(23時)もまだ仕事が終わらず、少し休憩し、ブログを書いている。


ということで、
老子との対話はできないので、別の話をしたい。


今回はある天才商人の言葉について、ご紹介したい。
その天才商人とは


近江商人


近江商人とは滋賀県出身の商人。
(実は僕の祖先でもある。)
鎌倉時代から江戸、明治、大正、昭和にかけて活動した商人だ。


大阪商人、伊勢商人などと並び、日本三大商人の一つと言われている。


明治時代以降は企業として発展


「高島屋」「大丸」「伊藤忠商事」「丸紅」「日本生命」「武田薬品」など
現在の大企業の中にも近江商人の系譜を引くものが多いと言われている。


でも、良いことばかりではない。
その商才は江戸っ子から妬まれ
伊勢商人とともに「近江泥棒伊勢乞食」と蔑まれていたらしい。


だが、


当時世界最高水準の複式簿記を考案し、現在のチェーン店の考えに近い出店を積極的に展開したり、徹底した合理化による流通革命をもたらした商人だった。


その近江商人の家訓と呼ばれるものが次のものだ。


「売り手よし、買い手よし、世間よし」


この「三方よし」は非常に有名
売り手や買い手が良いだけではない。


世間、つまり社会にとっても良しとなることが重要だと言っている。


これを読むと、おそらく松下幸之助の「企業は社会の公器である」が思い浮かぶ方も多いと思う。


実は松下幸之助もその商人、経営の原点は大阪船場の丁稚奉公時代の体験にあり、さらに言えば、その源は近江商人の商人道にあると言われている。


近江商人と松下幸之助の商人の道
「三方よし」をぜひあなたのビジネスを考える上でも
参考にしていただければと思う。


あなたのビジネスは三方よしだろうか?


blogcopy2
[ 2012/12/04 23:12 ] 名言 | TB(0) | CM(0)

老子との対話 19

blogcopy4


老子との対話 19


米国で人気のビジネス書著者 マルコム・グラッドウェルはその著書「天才!成功する人々の法則」で「天才」について語った。


詳しい話は本を読んでもらいたい。
その内容を簡単に言うと、どんな才能や技量も1万時間続ければ本物になると言う。
「1万時間の法則」
そう彼は話している。
世界の一流スポーツ選手、一流経営者などのケースをあげ、説明していく。


ご存知だろうか?


かつて、米国ではIQ140以上の知能を持つ1470人の天才たちがある場所に集められた。
常人のIQは100前後。彼らはまさに天才の集団だった。
興味深いのは、彼らのその後の人生を追跡調査していくというところだ。


その詳細は本を読んでほしいのだけど、結論から言えば、単に天才では成功しない。
その中にいたIQ190の全米1の天才も大成できなかった。


いかに能力があっても、下積み。具体的には約1万時間の下積みが必要だと言っているのだ。


「1万時間というとどのくらいだろうか?」


1日3時間で1年で1095時間。約1000時間だ。それを10年続けて1万時間だ。
これが成功のための重要な条件の1つだということだ。


何かを極めるには1万時間必要
1万時間が正しいかどうかは分からないが、膨大な時間を費やす必要があることについては僕も同感だ。


だから、正しい方法で積み上げていれば、年ととればとるほど、優れた人になる。


でも、実際はそうではない


多くの人は1つのことに1万時間も費やさずに人生を終える。
それに誤った方法で膨大な時間を費やしてしまう人も少なくないだろう。


正しい方法で続けることが重要だ。成果が出ない方法でひたすら時間を費やしても、成果が出ない。
それでは10年が無駄になる。


自分を冷静に見つめてほしい。
もし、「自分自身の成果があがっていない」ということであれば、自分のこれまでの考えや行動は正しくない可能性がある。
それに固執してしまったら、まさにその後の人生が無駄になる可能性もある。


成果があがっていないということは、自分の考えや行動に成果が上がる考えや行動がないということだ。
だったら、自分ではなく他人に目を向けることだ。単なる他人ではなく、成果をあげた他人。僕たちの過去には数多くの成果をあげた人々がいる。彼らは膨大な時間を費やし、成果をあげてきたのだ。その彼らの「考え」や「行動」「技術」などを学ぶことだ。
評論家ではない。実際に行動をし、成果をあげた人々の力だ。他の誰よりも信頼できる。
それらを利用し、正しい方法で1万時間行動する。


それをシンプルに式にすると、


(成果をあげた他人の考え、行動、技術など)+(自分の1万時間の下積み)


これが重要だと僕は考えている。
特に成果や結果を出す人は常人とは「気づき」が違う。その「気づき」も利用し、最高の効率で1万時間を費やす。


「でも、1万時間費やすのはそう楽ではない」


もちろん、そのとおりだ。
嫌いなことでは1万時間費やせないし、価値のないことにも費やせない。自分に無理して1万時間を費やすことなどできはしない。
10年間の時間1つのことをやり遂げるためには自分が好きなもの、価値あると感じるものが理想だ。
でなければ、一瞬だけ頑張っても、その無理は続かない。


老子はそれに対してこう言っている。


「つまさきで背のびをして立つものは、長くは立てない、大股(おおまた)で足をひろげて歩くものは、遠くまでは行けない。自分で自分の才能を見せびらかそうとするものは、かえってその才能が認められず、自分で自分の行動を正しいとするものは、何ごとも成功せず、自分の才能を誇って尊大(そんだい)にかまえるものは、長つづきはしない」
老子道徳経 上篇


無理をせず、他人に認められようとせず、自分自身であるべきだ。自分のペースであるべきだ。
そのためには自分自身が好きなこと、自分自身が価値あるものがやはり理想だ。


blogcopy2
[ 2012/12/05 14:07 ] 名言 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。