劇的な成果を上げるスティーブ・ジョブズの信条~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇的な成果を上げるスティーブ・ジョブズの信条

blogcopy1


劇的な成果を上げる
スティーブ・ジョブズの信条




「どうすれば、起業家として成功できるのか?」
前々回はこの質問に対するスティーブ・ジョブズの答えを説明した。
※スティーブ・ジョブズが語る「起業で成功する条件」はコチラ


さらに前回は「人生で一番大切なことは何か?」
それに対するスティーブ・ジョブズの答えをお話しした。
※スティーブ・ジョブズが語る「人生で一番大切なこと」はコチラ


そして、今回はジョブズの


「劇的な成果を上げる信条の一つ」だ


まず、その言葉をご紹介したい。
次の言葉だ。


stevejobs3


少し難しい内容だったかもしれない


そのような方のために少し説明をしたい。


例えば、あなたのビジネスで現在5つの商品を展開しているとしよう。
その商品の売上(及び利益)の%は
商品A 80%
商品B 10%
商品C 5%
商品D 3%
商品E 2%


だったとしよう。
当然のことなのだが、Aがその企業にとって重要な商品だ。
仮にスティーブ・ジョブズであれば「これはいらない」と言い続けることで商品を絞り込んで行くだろう。


彼がよく言うように、得意であるもの。
強みがあるものに集中していく。


でも、それができる企業は多くはない。
「新商品を開発しよう」と考えたり、他の商品に目が行ったりして、肝心の重要な商品に対する対応が手薄になることも少なくない。Aに注力しないのだ。
まだまだやれることがあってもだ。


「商品Eの売上が伸びていないから、そこに力を入れて行こう」などと考えてしまう場合だってある。
商品Aの売上を仮に2倍にすれば80%×2=160%にも関わらず、商品Eに力を入れる。
商品Eは2%で、それを2倍にしても4%なのにだ。


これは商品だけの話ではない。
実際、問題の核心や問題解決の核心が見えていないケースも多い。
「あれも問題だし、これも問題だ」と問題を複雑化し、核心となる問題が分からないケースも多い。


さらに問題の核心が分からないことに加えて、問題解決も複雑化する。
「あれもやらなければならないし、これもやらなければならない」
そう考えていく。
すると、先ほどのように商品Eにも力を入れたり、成功確率が全く見えない新商品を次々と開発したりしてしまう。


往々にして、複雑になりがちなのだ。


だからこそ、スティーブ・ジョブズは単純化することは困難だと述べている。


でも、それらの無駄なものを削ぎ落し、シンプルにしていくと、核心的な問題が見える。
そして、無駄なものを削ぎ落して行けば、その問題を解決する核心的な解決策(アクションプラン)も見いだすことができる。
そこまでたどり着くと、まさに劇的な成果を上げることができるということだ。


あなたのビジネスの問題の核心は何か?
あなたのビジネスの問題解決の核心は何か?
それらをシンプルにしていくことだ。


blogcopy2
[ 2011/10/10 22:37 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1007-76ee56ef













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。