偉大な経営者が大切にする「平凡」とは?~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

偉大な経営者が大切にする「平凡」とは?

blogcopy1


偉大な経営者が大切にする「平凡」とは?


株式会社イエローハット。


ご存知のとおり、カー用品販売で有名な企業。
現在の売上高は約1,000億円(2011年3月期 948億円)の企業だ。


このイエローハットの創業者が鍵山秀三郎。
(現在は既に社長も退任。相談役も辞任されている)


その鍵山氏の名言を今回はご紹介したい。


鍵山氏が書いた「凡事徹底」から、まず彼の言葉をご紹介したい。
(「鄙事」とはつまらないこと)


kagiyama



徹底して平凡なことをきちっとやっていく


平凡なこと。


実はそれをきちっとやっていくことはそう簡単なことではない。


挨拶をする。
時間を守る。
人の目を見て話す。
使ったものは戻す。
整理整頓をするなど。


考えてみると、世の中にある多くは「平凡」なこと。
日常の仕事の中身も考えてほしい。
朝から夜まで、その多くは「平凡」なことで占められている。


でも、それをきちっとやれる方は多くはないのだ。


その平凡1つ1つから「微差」「僅差」が生まれる。
毎日、毎日、その「微差」「僅差」を生むのだ。
すると次のようになる。


鍵山氏の言葉だ。


kagiyama1


「平凡」をきちっとやりぬくことで「微差」「僅差」が生まれ、
それは「大差」になった。


鍵山氏の創った「イエローハット」は一部上場企業となり、
現在は中国7店舗・台湾4店舗・UAE2店舗・Saudi Arabia2店舗・韓国1店と海外展開も進めている。
それも、「平凡」が「大差」を生んだのだ。



blogcopy2
[ 2011/11/06 11:10 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1050-9c70f6c5













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。