スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か?(総集編21ー最終回)~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か?(総集編21ー最終回)

blogcopy1


「スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か?(総集編21ー最終回)」


「スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か?」
今回、総集編の最後。
ご紹介するのは第21回から最終回だ。


ポイントは次のとおりだ。


まず、お伝えしたかったのが


「外部で表現するもの」


「外部で表現するもの」として、「外部で内部の強みを表現する」と説明してきた。
内部に存在しないものを外部で表現してもそれは表面的なものでしかない。
その意味で外部で表現するのは内部にあるものだ。


でも、可能であれば、次のことを意識してほしい。
表現するのは、あなたのビジネス、あなたの製品が持つ「強み」だ。
「外部で内部の強みを表現する」ことは非常に重要だ。最大限表現してほしい。


そして、「外部で表現するもの」はもう1つあった。
それが


「外部で使い方を表現する」こと


iPhoneなどの製品を購入する前の段階であれば、ヨドバシやビックに行って、その製品を体験する時間は限られている。
1日中、使いまくって、その良さを体験するわけにはいかない。


彼らはまず、ショップなどで見る(視覚)。それが魅力的なものであれば、触る(触覚)。そして、使うのだ(使い方)。


説明書を読んで使うわけではない。
その意味で直感的に使えるものでなければならない。
だからこそ、「外部で使い方を表現する」のだ。


これは見込み客をベネフィット(利益)に近づけるということだ。
言い換えれば、ベネフィットをイメージしやすくするということ。


仮にあなたがiPhoneを「電話、メール、インターネット、スケジュール管理」に使いたいとしよう。
それがその人にとってのベネフィットだ。
その場合、実際にショップでiPhoneを手に取り、電話やメールやインターネット、スケジュールを難なく使えれば、そのベネフィット(利益)のイメージは非常に明確になる。
購入した後のイメージが購入前に明確にイメージできるのだ。


「ベネフィットが重要だ」ということは様々な本で言われている。
でも、それが重要なだけではない。そのベネフィットをイメージさせることが重要だ。
その方法の1つが「使い方」を外部で直感的に伝えることだ。


購入前は説明書など読まない。そもそも、購入後だって説明書を読まない人もいるのだ。
直感的に利用方法がわかれば、「ベネフィット」も直感的に理解できる。
この重要性は何もiPhoneなどの製品に限ったことではない。ビジネス全般で言えることだ。
(例として、スタバなどの店舗や組織の話もさせていただいた。)


この「外部で内部の強みを表現する」ことに加え、「外部で内部の使い方を表現する」ことはそう簡単なことではない。
外部を担当する人(部署)と、内部を担当する人(部署)が異なると外部と内部はつながらないのだ。


だからこそ、外部で内部の強みを表現し、外部で使い方を表現し、さらに芸術レベルにする。
それは経営者ジョブズにその意識があったからこそ、成し得たのだと私は思う。


デザインのブルーオーシャン


ブルーオーシャンと言うと、製品そのもの、サービスそのもので考えてしまうかもしれない。
競合の存在しない、競争のない市場。それを製品やサービスで展開していくイメージだ。
でも、それだけではない。「視覚」などの世界でもブルーオーシャンは実現できる。


「工業デザイン」の範疇でデザインを極め、SONYはその強みを発揮していた。
でも、アップルはそこからさらに一段上を目指した。
「工業デザイン」ではなく、白く、明るく、美しい「芸術品」を創り上げようとした。
「近代美術館におさめられてもおかしくない」レベルを追求した。
あなたの製品やサービス自体をブルーオーシャンにできない場合、人の感覚に影響を与える部分でブルーオーシャンが狙えないかをぜひ考えて欲しい。


そして、最後のポイントは


自分の好きなことをやるということ
言い換えれば、自分の本質を生きるということだ。



ジョブズは10代の頃
ボブ・ディランなどの音楽を狂ったように聴き、
シャイクスピアやディラン・トマスなどの詩や文学にはまり
禅の世界、瞑想にはまり、導師を求め、インドに行き、出家さえも考えた。
さらにカリグラフィーで西洋書道という芸術にはまった。
それらは「勉強だからやらなければならない」とか「仕事だからやらなければならない」というものではない。
彼が愛したものであり、彼が好きなものである。
まさに本質と言えるものだ。


その多くが彼がアップルで実現させたことに共通している。
「芸術」「音楽」「禅のシンプルさ」など、その多くがだ。


これが最強だ。
自分のやりたいこと、自分が満足すること。それらを人生をかけてやり抜く。
それ以上に幸せなことはない。ジョブズは「偉大な仕事をする唯一の方法は自分がしていることをたまらなく好きになること」と話した。
私もそう思う。真に「偉大な仕事」はそれでしか成し遂げられないのかもしれない。


「自分の好きなことでなくとも、やり抜き、大手企業の社長など、高い地位を得た人はいる」


このように考えてしまう方もいるかもしれない。
でも、社長になることと「偉大な仕事」は別物だ。
例え、世界的企業の社長になったとしても、それはその人が「偉大な仕事」をしたことにはならない。


世界的企業の社長にまでなる方は自分の仕事を愛していると思うが、もし好きでない仕事で世界的企業の社長になったとしたら、それは幸せなことではない。
他人には評価されるが、自分は満足していない状況だ。
人生は限られている。時間は有限だ。
自分の好きなことを我慢し、他人が好きなことをやっていても仕方がない。
それは本当の意味での成功とは言えないし、本当の意味でその人の本質を表現して、成功したとは言えない。


「たまらなく好きな仕事をする」というと甘っちょろいと思うかもしれない。
気ままに仕事をするというイメージに思われるかもしれないが、そうではない。
好きではない仕事を毎日10時間やるのとたまならく好きな仕事を毎日10時間やるのでは「情熱」だけではなくあらゆる面で違いを生む。
何よりたまらなく好きなことであれば、毎日10時間どころではない。毎日24時間そのことを考えるようになる。
それは毎日毎時間働いているようなものだ。情熱はわき上がってくる。


自分の強烈な想い、それを満足させるようにして、他人も満足するようなビジネスを創り上げる。
これこそが、もっとも偉大な仕事ができる1つの方法だと私も思う。


スティーブ・ジョブズは「偉大な仕事をする唯一の方法は自分がしていることをたまらなく好きになること」と話し、さらに「まだ見つけていないなら探し続けなさい」と話した。

「もう、若くないから」などということを考える方もいると思うが、「自分の好きなことをやる」「自分が満足することをやる」というのに若いも若くないもない。
それを諦めるのであれば「自分が好きでないことをやる」「自分が満足しないことをやる」人生になる。


年齢は関係ない。
全ての人にとって、時間は貴重だ。
だからこそ、自分がたまらなく好きな道を歩くべきだ。
もちろん、経済的な問題はあるが、自分の本質に近づけば近づくほど、情熱は高まり、仕事の質は高まり、生活をも豊かにする。
そして生活の質が高まると、それは仕事にも素晴らしい影響を与える。
グッドサイクルが回り始める。


ジョブズの言葉のとおり、その道を選ぶと、仕事との関係は年を経るにつけてどんどん良くなっていく。


第21回から最終回については下記のとおりだ。
まだ、読まれていない方は、ぜひご一読いただきたい。


スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か? 21

スティーブ・ジョブズは世界最高の経営者か? 22

スティーブ・ジョブズは 世界最高の経営者か? 23

スティーブ・ジョブズは 世界最高の経営者か? 24

スティーブ・ジョブズは 世界最高の経営者か? 最終回


blogcopy2
[ 2011/11/29 15:27 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1079-640ffa67













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。