成功する方法も失敗につながる~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成功する方法も失敗につながる

blogcopy3


「成功する方法も失敗につながる」


ブログ読者の方に実際にブログに書いた記事について、解説させていただくと、「そうやって使うんですか?」と驚かれることが多かった。


シンプルで単純な言葉。
「そんなの当たり前だろう」と思うような言葉が実際には凄まじい可能性を持っている。
前回のシリーズではそれをお伝えしたかった。


このブログの記事だけではない。
あなたにとって、「これは信頼できる」と思える情報や考え方。
そのようなものを実際に使っていただきたいのだ。
行動に移していただきたいのだ。


前回、お話しした「抽象的」とか「具体的」というのが分かりづらい方もいたと思う。
そのような方は「抽象的」とか「具体的」な話というのは無視してもらって良い。
それはともかくとして、信頼できる考え方、情報を実際に使えるレベルにしておくことは非常に重要なことだ。


非常に優秀なのに、何1つ変化を引き起こしていない方もいる。
逆に多くのことは知らないし、一般の方が当たり前だと思っているようなニュースも知らないが、それでも強烈な成果を出す方もいる。


正しい方法で行動する


究極的にはそこに行き着く。


あなたがあげたい成果にとって「正しい方法(正しい考え方なども含む)」だけ知っていれば良い。
それ以外の考え方や情報をどれだけ知っていても、それは成果にはつながらない。
そして、「行動」することだ。


正しい方法


「正しい方法」というのは100%成功する方法という意味ではない。
例えば、私の考え方の1つは「成功を強め、失敗を成功につなげる」ということだ。
その考え方を軸にし、体制を作り上げる。
その考え方を具体化させていけば、恐れるものは少なくなる。


成功をしたら、それを強めて行く。
失敗をしたら、それを成功につなげるように考えていく。
シンプルだ。
前回のシリーズでは、そのような根本的な考え方をサイトの掲載写真にまで具体化させた。
そのように徹底的に掘り下げることだ。
すると、何よりも具体的なものになっていく。


「成功を強め、失敗を成功につなげる」
仮にこれがあなたにとっての「正しい方法」の1つであれば、それを活用することだ。
それが信じられないのであれば、それは使わず別の「正しい方法」を使えば良い。


順番


あと、大切なのはその言葉の真の意味を知るということだ。
真の意味を知らずに上辺だけ理解していると、複数の考え方を用いた場合、順番を間違えることになる。
そして、順番を間違ってしまうと、その先はどんなに必死にやってもうまくは行かない。


例えば、あなたがハワイのハレクラニホテルに行くとしよう。
これも最初の飛行機での行き先をハワイではなく、フランスに着いてしまったら、空港から乗るタクシーの運転手に「ハレクラニホテルに行ってくれ」と行っても、着くことはない。
でも、ハワイの空港に着き、タクシーの運転手に「ハレクラニ」と言えば、大抵は分かる。
例え、その運転手が分からなくても、他の人は知っているはずだ。


「そんなことを間違える奴がいるのか?」


そう思われるかもしれない。
でも、ビジネスであれば、これはよくあることだ。


例えば、前回のシリーズでお話しした「極端」と「自然」だってそうだ。
「自然」とは顧客が自然(日常的)に考えていること、行動していること。
「極端」は平凡ではなく、目立つものだ。
そのどちらもビジネスには役立つ。成功につながる方法の1つだ。
でも、その順番を誤ると、失敗するのだ。
成功する方法でさえ、失敗につながってしまう。


例えば、アジアの「虫を食べさせる店」
露店などでよくあるだろう。
あなたは食べたことがあるだろうか?
それとも、気持ちが悪いと思うだろうか?
私は若干気持ち悪い。


その意味では「虫を食べる店」は「極端」なことだ。
でも、それを「自然」に近づけようと思っても無理だ。
多くの日本人が日常的(自然)に食べているものではないのだ。
実際には調査が必要であるため、断定はできないが、これは相当難しいだろう。


順番が違うとうまく行くものもうまく行かない。


でも、「自然」からスタートすれば問題ない。
顧客にとっての「自然」を追求していれば、顧客の日常の思考、日常の行動を押さえることになる。
当然、顧客が何を食べるのかは分かるし、それに逆らわないようにすることになる。
すると、日本人は虫など食べないのだ。
「虫を食べるお店」などの案は展開しないだろう。失敗は避けられる。


「極端」は注意を引きつけるものなのだ。
成功する要因の一つではあるが、成功する絶対条件ではない。
「これをやれば目立つでしょ」と安易に展開し、失敗するケースはこれが原因だ。


物事の根本的意味をしっかりと理解することだ。
すると、その順番も間違えることはなくなる。
まずは1つの言葉を理解し、行動に移す。
それを少しずつ増やすだけで、大きく成果が変わってくる。


追伸:ブログのタイトルを「売上増大法」から「売上増加」に変更させていただいた。


blogcopy2
[ 2011/12/20 13:14 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1102-1844be84













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。