新年のご挨拶~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新年のご挨拶

blogcopy3


「明けまして、おめでとうございます」


本日から新しい年2012年がスタート。


そこで何を書きたいのか?


それを考えていたのだが、
頭に浮かぶのは
スティーブ・ジョブズの言葉だった。
有名なスタンフォード大のスピーチの一説。


「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる(予定の)ことを私が本当にやりたいのだろうか?」


ジョブズはそれに対する答えが「NO」の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があると考えていた。
自分が死と隣り合わせにあることを忘れずにいること。
それが重要だと話していた。


この意識を持って、この1年を送りたいというのはもちろんだが、それ以前に次のように考えてみようと思う。


「もしこの2012年が人生最後の年だとしたら、私は何をするのだろうか?」


ジョブズは死を意識しながら、決断を下すと、
ありとあらゆる物事はほとんど全て。。
例えば、外部からの期待の全て
己のプライドの全て
屈辱や挫折に対する恐怖の全て。


そうしたものほとんど全てが消え去り、後に残るのは
本当に大事なことだけになると話していたが、まさにそのとおりになる。


2012年を人生最後の年


そう考えると、本当に重要なことしか残らない。


他人の満足ではなく
自分が満足する人生
他人の最高ではなく
自分自身の最高の人生を送りたくなる。


莫大なお金を稼いでも、自分の生き方に満足していない方もいる。
高い地位を得ても、その地位に自分が満足していない方もいる。


残り1年だと考えれば
そのような生き方はできなくなる。


自分が情熱を感じるものを実現させること。
そのことに100%の能力を使いきって、生きる。


2012年を人生最後の年と考えるだけで
それだけの力を持つ。
逆に言えば、毎日を人生最後の日と考えていたのであれば
ジョブズは強力な力を得ていたことになる。


人生最後の年
そう覚悟を決めて、全力を尽くす。
すると、曖昧なものは消え去る。


絶対に成し遂げたい。


絶対にやりたい。


100%の情熱を感じるものしか、後には残らない。
中でも優先度の高いものしか、残らないのだ。


自分が素晴らしいと信じるものしか
後には残らないのだ。


それを今年は実現していきたいと考えている。


2012年
あなたが健康であることを
あなたの道の実現を
あなたのビジネスでの成功を
そして、あなたの2012年が素晴らしい年となることを心から願っている。


blogcopy2
[ 2012/01/01 10:35 ] ご挨拶 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1115-27c31b3a













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。