ブランドの基礎知識~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブランドの基礎知識

blogcopy4


「ブランドの基礎知識」


「あの商品はブランド力がある」とか
「うちはブランド力がないから」などと
ブランドという言葉はよく使う。


でも、改めて


「ブランドとは何か?」


そう聞かれると、ぼんやりとしか分からない方もいると思う。
そもそも、それはその方のせいではない。
ブランドについて説明している情報そのものが分かりづらいのだ。
その意味では今まで、ビジネス書や雑誌などで「ブランド」について、学んだことがある方でも、それが分からないのはやむを得ない。


ただ、分かりづらいものだからと言って、不要なものではない。
強力なブランドは圧倒的優位を獲得することができるのだ。


今回から、その「ブランド」について、お話ししていきたい。


そもそも、ブランドとはどういう意味か?
まずは辞書などにどのように書かれているのか?
それを一緒に見ていきたい。


まずはWikipediaのブランドに対する説明をご一読いただきたい。


「ブランドは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。
当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。
それが現在のブランドの概念と言える。
ブランドを冠して財やサービスを提供する側の意思を端的に表現するものとして、文字や図形で具体的に表現された商標を使用することが多い。」


ブランドの意味はこのとおりだ。
分かっただろうか?
一回読んだだけでは頭に入らず、「分かりづらい」と感じた方も多いと思う。


さらに、gooの経営辞書(グロービスが作成したもの)では、次のように書かれている。


「製品の構成要素のうち、最も重要なものの1つで、その製品や企業に関するあらゆる印象や体験の蓄積を意味する。アメリカ・マーケティング協会によると、「個別の売り手もしくは売り手集団の財やサービスを識別させ、競合他社の財やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもののこと」。


そのように書かれている。
こちらの方が少し分かりやすいかもしれない。
(この中のアメリカ・マーケティング協会の説明はブランドを比較的理解しやすく説明している)


でも、まだ分かりづらいと思う。


考えてほしい


そもそも、同じ意味だとは思えないはずだ。
Wikipediaの説明と、gooの経営辞書での説明は同じ言葉とは思えないのだ。
むしろ、違う言葉の説明としか思えない。
(どちらも正しいのだが)


それだけではない。
多くの書籍がブランドについて、説明しているのだが、その説明がそれぞれ異なり、一体何を意味するものなのか?
それが分からなくなってしまうはずだ。


しまいには、「ブランドとは色々な意味があり、よく分からないものだ」などと考えてしまうかもしれない。


でも、これでは
「強力なブランドが欲しい」と考えている企業や人にとって、大きな問題だ。
だからこそ、今回から、「ブランド」について、お話ししていきたい。
次回から、基本的な話をしていきたい。


blogcopy2
[ 2012/01/04 13:09 ] 売上増大 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1118-b65f4312













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。