スペインの旅「質と美」3~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スペインの旅「質と美」3

blogcopy4


スペインの旅「質と美」3


前回、アルハンブラ宮殿の歴史について、お話しした。


1492年キリスト教国によるレコンキスタ(領土回復)により、ついにグラナダは陥落した。
そして、数多くのモスクは教会へと変えられた。
それでも、アルハンブラ宮殿は残り、世界中の人々を今も魅了している。


そのようにお話しした。


2012年1月下旬
私はそのアルハンブラ宮殿を見るため、
マドリッドから、アルハンブラ宮殿のあるグラナダまで電車で向かった。


<グラナダに向かう電車に乗る駅の光景>
spain8


グラナダに向かうため、電車に乗った。
車内では私の少し離れたところに、40代くらいの男性が1人座っていた。


彼の右手にはiPad
膨大な書類を彼の席に広げ、その内容を確認しつつ、iPadの画面上のキーボードを活用し、何かを入力していた。
彼はグラナダに向かう、他の人たちとは少し異質だった。
彼以外は、皆電車の中で寝ていたり、しゃべったりしているだけなのに、彼は1人で黙々と仕事をしていた。


そうしているうちに、電車はグラナダに到着した。
イメージしているより、少し近代的な駅だった。
そして、街もイメージしていたものとは違った。
駅を出たところは次のような感じだった。


<グラナダ駅を出たところ>
spain9


ホテル


実は、日本を出発する時まで、どのホテルに宿泊するのかはよく知らなかった。
手配していただいた方からの案内はあったと思う。
だが、正直な話、仕事が忙しく何一つ確認していなかった。
話もしてくれたらしいが、しっかりと聞いていなかった。


グラナダでのホテルはパラドールだった。
そのことに旅行中に気がついた。


パラドールというのはスペイン特有の半官半民のホテルチェーン。
日本でも紹介されていることがあるので、ご存知の方も多いと思うが、歴史的な建造物である古城や宮殿、修道院などの文化財を修復して、ホテルとしているものだ。


歴史的な城や宮殿に触れ、中世を感じながら、一級の設備の整ったホテルに滞在できる。
それがパラドールの魅力だ。
(現在、スペインには90を超えるパラドールがある)


パラドールには過去と宿泊する機会がなかった。
でも、一度は泊まってみたいホテルだった。


グラナダでのホテルはまさにそのパラドールだったのだ。


でも、さらに驚いたことがあった。
実は、そのパラドールは世界遺産アルハンブラ宮殿の中にあるパラドールだった。


それはパラドールで特に有名なホテル
parador-de-granadaだった。
アルハンブラ宮殿内にある修道院を改築し、最新の設備が整ったホテルだった。


十年以上前に私が聞いたあるデザイナーの方の言葉


「アルハンブラ宮殿は凄かった。
あれを見ていたら。。気づいたら。。涙が出てきた」


その言葉を思い出しながら、その宮殿内にあるホテルに向かった。


blogcopy2
[ 2012/02/07 12:42 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1142-6f7ebf8c













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。