スペインの旅「資本主義」~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スペインの旅「資本主義」

blogcopy4


スペインの旅「資本主義」


それでは今回からスペインの旅を通して考えていた「資本主義」についてお話ししたい。
(2月1日の記事でお伝えしたとおり、スペインの旅で考えていたことで特にお話ししたかったのは「人生」「質と美」「資本主義」の3つ。そのうち、「人生」、「質と美」についてはお話ししたので、今回の「資本主義」で最後の話になる。)


先日から幾度となくお話ししているが、
「この話はしない方が良いかもしれない」と思っているところもある。
でも、あえてお話ししたいと思う。


と言っても、これからお話ししていく「資本主義」についての話は専門家や評論家や学者が考える「資本主義」ではない。
一般的に言われている話をするつもりもない。
あくまで、私が考える「資本主義」についてだ。
少しきつめの話になる可能性があるため、そうならないように注意してお話ししていきたい。


私のブログの書き方は大きく2つのパターンがある。
1つは「あらすじ」を考えてから書くもの。
そして、もう1つが思いつくがままに書くというものだ。


今回は前者で行く。
ある程度の「あらすじ」は考えさせていただいた。
もちろん、書いている段階で、そのあらすじから離れることはあると思うが、基本線はある程度決めてお話ししていく。


実は先日から数日間、上海にいた。
今回の「あらすじ」を考えたのは上海のウォルドルフ アストリア 上海 オン ザ バンドというホテルの中でだ。


ウォルドルフ アストリア 上海 オン ザ バンド


ご存知の方もいると思う。
有名なヒルトングループの最上級ブランドのウォルドルフ アストリアのアジアに初展開のホテル。
それがこの上海のホテルだ。
私は上海でNo.1のホテルだと思っている。


<waldorf astoria shanghai on the bund>
shanghai3


shanghai1


waldorf astoria shanghai on the bundのサイトはコチラ


外灘(バンド)


上海に何度か行ったことがある方には釈迦に説法だが、
上海には「外灘(バンド)」という場所がある。
1920年代の租界時代の建築物が多く残る美しい外灘(バンド)

このホテルはまさにその場所にある。


<バンドの夜景>
shanghai6



ホテル自体はその街並とは異なり、古いものではない。
オープンしたのは、2010年4月。最近のホテルだ。


建物自体はこの街並みと同じように、歴史的な雰囲気を持つ。
1910年に建てられ、歴史的建造物にも指定されているもので、上海の著名人が集った上海総会のゴシック様式の建物をリニューアルしたものらしい。


歴史がありつつ、美しく、そして新しい。
そのようなホテルだ。


そのホテルの「Salon De Ville」という一室でこの話を考えていた。


<Salon De Ville>
shanghai2



アフタヌーンティーをいただきながら、コーヒーや紅茶、中国茶などを飲む。
とても居心地の良い場所だ。
日本のパークハイアットのアフタヌーンティーなども好きだが、それとはまた違った風情がある。


ゆったりとした時間を過ごしている方もいるし、
iPhoneやパソコンなどを活用し、仕事をしている方もいる。
打合せをしている方もいる。


この中国、上海の地で
スペインの旅について、振り返り、「資本主義」のことをお話ししていきたいと思う。


スティングの「Shape of My Heart」をギターの生演奏で弾いているのを聴きながら。


<バンドから見る上海の風景>
上海の代表的な風景だ。
shanghai4


shanghai5


<Sting-Shape of My Heart>



blogcopy2
[ 2012/02/21 14:43 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1171-76d7c0d1













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。