映画「グッド・ウィル・ハンティング」の名言~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画「グッド・ウィル・ハンティング」の名言

blogcopy4


映画「グッド・ウィル・ハンティング」の名言


今回は映画の名言をご紹介したい。


「グッド・ウィル・ハンティング」
第70回アカデミーの脚本賞を受賞した作品だ。


この作品も多くの方がご覧になっていると思う。


主演はマット・デイモン
私は最高に彼の雰囲気が好きだ。
特にボーン・アイデンティティーなどは素晴らしい。
そして、助演がロビン・ウィリアムス。彼はこの作品で助演男優賞を受賞した。


驚くのは、この作品の脚本がマット・デイモンとベン・アフレックだと言うことだ。


今でこそ、マット・デイモンもベン・アフレックも非常に有名。
でも、無名時代のマット・デイモンがハーバード大学在学中の授業のために「若き数学の天才についての話」を作ったのが始まりだ。
それをベン・アフレックに見せ、共に書き上げ、それがアカデミーの脚本賞をとるまでの作品になった。(ベンに見せてから、完成まで5年もの年月がかかったということだ。)


無名だった彼が授業用に書いたものがアカデミーの脚本賞だ。
まるでシンデレラのような話だ。


その作品こそが「グッド・ウィル・ハンティング」


あらすじを少しだけ話すと、


マサチューセッツ工科大学の数学教授ランボーが学生達に数学の難問を出す。
マサチューセッツはご存知のとおり、世界屈指の名門校。
その学生たちですら悪戦苦闘する難問だったが、それを簡単に解いた若者がいた。


それはマサチューセッツの学生ではなかった。


同大学に勤務するただのアルバイト清掃員ウィルだった。


ランボー教授はウィルのその非凡な才能に眼をつけ、彼の才能を開花させようとするが、彼は喧嘩をし、鑑別所入りを繰り返す少年だった。


そこから気になる方は映画をご覧いただきたい。


そのウィルには親友がいた。
その親友がウィルに次のように言う。
実際のスクリプトからご紹介するとこうだ。


Fuck you, you don't owe it to yourself man, you owe it to me. Cuz tomorrow I'm gonna wake up and I'll be 50, and I'll still be doin' this shit. And that's all right. That's fine. I mean, you're sittin' on a winnin' lottery ticket. And you're too much of a pussy to cash it in, and that's bullshit. 'Cause I'd do fuckin' anything to have what you got. So would any of these fuckin' guys. It'd be an insult to us if you're still here in 20 years. Hangin' around here is a fuckin' waste of your time.



「20年経ってお前がここに住んでたら俺はお前をぶっ殺してやる。
お前は俺たちとは違う。お前は自分を許せても俺は許せない。
俺は50になっても工事現場で働いていてもいい。
だがお前は宝くじの当たり券を持っていて、それを現金化する勇気がないんだ。
お前以外の皆がその券を欲しいと思ってる。
それを無駄にするなんて俺は許せない。」



これをどのように考えるかは人によると思う。


「マサチューセッツの難問を解けるような奴は
頑張るべきだろう。
なんで、その才能を活かさないのか?」



そう思うかもしれない。


でも、私はウィルだけではなく、
どのような方にとっても宝くじの当り券はあるのだと思う。
でも、多くの方はそれを現金化できない。


おそらく、友人の言うとおり、現金化する勇気がないのだ。


自分の中にある宝くじの当り券のありかさえ探そうとしない。
自分の中にその答えがあるのに、自分自身を見つめるのではなく、自分以外に目をむけてしまっている。
ひどい状況になると、宝くじの当り券を現金化した成功者の連中の書籍や情報を読んだりもしているのに、自分自身の宝くじを現金化する勇気がない。
そのような状況にいる方も多いのだと私は思う。


現状に満足していない方にも、宝くじ自体がないわけではない。
宝くじの当り券がないわけでもない。
その人の才能という当り券を探すことをしていなかったり
当り券に適した道に進むという「現金化」ができていないのだ。
私はそう思っている。


これだけ考えさせられる言葉を書けるマット・デイモンだ。
彼が無名の時代から這い上がり、宝くじの当り券を現金化し、今や成功を手に入れているのも当然だろう。



blogcopy2
[ 2012/02/26 14:51 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1177-a03f2db6













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。