日本を代表する偉大な建築家の言葉~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本を代表する偉大な建築家の言葉

blogcopy4


日本を代表する偉大な建築家の言葉



今回、ご紹介するのは日本を代表する建築家。


村野藤吾


ご存知のとおり、20世紀の日本を代表する建築家だ。
彼は世界平和記念聖堂、迎賓館本館の改修、佳水園の設計など。
数多くの建築を手がけた。


彼が偉大な建築家となったのには「彼の決断」にあった。


Wikipediaを参考にして、お話しすると
1910年に福岡県小倉工業学校(現小倉工業学校)を卒業し、その後、八幡製鐵所に入社。
1911年から2年間にわたる従軍中に学問に興味を持ち、
1913年、早稲田大学理工学部電気工学科に入学した。


通常であれば、そのまま卒業するのが一般的だろう。
でも、彼はここでその道を歩くのをやめる。


「自分には向かない」


そう考えるのだ。
そして、1915年、同大学の建築学科へ転学。
27歳で卒業することになる。


まさに、この決断が後の日本を代表する建築家を生んだとも言える。


そして、彼は「死」の直前まで凄まじい。
彼は90歳を超えても創作意欲は落ちず、93歳の死の前日まで仕事をしていたということだ。
そのことは今も伝説になっている。


今回、最後にご紹介するのは
93歳まで走り続けた偉大な建築家 村野藤吾の言葉。
それをお届けしたい。
偶然にも今ご紹介している「スペインの旅 資本主義」に関連する言葉だ。


「時流に乗るな、
多数派に巻き込まれたら脱皮して必ず少数派になれ」



blogcopy2
[ 2012/03/10 15:29 ] 人物 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1190-7acbc939













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。