失敗し、失うことを恐れない~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

失敗し、失うことを恐れない

blogcopy4


失敗し、失うことを恐れない


「失敗が怖い」


このブログを読んでいる
起業しようとする方の中にはそう思っている方もいると思う。
その「失敗」を恐れ、その行動を起こすことができない。
そう感じている方もいるかもしれない。


逆に言えば、「失敗」をしても、何一つ失わないのであれば、挑戦するということなのだろう。


きっと、「失う」のが怖いのだ。
起業し、失敗し、全ての資産を失うかもしれない。
周囲の人の視線を気にする方は周囲の人から「あいつは失敗した」と思われるのが嫌なのかもしれない。
または、それまで築いてきたものを失うかもしれない。
そのようなことを考えているのかもしれない。


私の知り合いの中にも「起業したい」という方もいる。


彼らが言うことも同じだ。
「不安を感じます」
そう話してくる。


正直なことを言えば、クライアントでもなく、単なる知人の場合。
それに対して、いい加減なことは言わない。
アドバイスもしない。


少しだけ言えば、甘く見ている方には「きびしいですね」と話し、厳しく見すぎている方には「それほど大変ではない」と話すこともあるが。。基本的には話さない。


理由は簡単だ。
その方の人生が賭かっているからだ。
適当なことは言いたくはない。


それに、彼らは企業という枠の中では、誰かが助けてくれるが、たった一人、外に飛び出て、勝負するのは怖い。
そう感じているようだ。


でも、究極的に言えば、多くのことは大したことはない。


そう思うようになったきっかけは


ある「石」の話だ


このブログでも書いたことはあるが、
学生時代に五木寛之の本を読んでいた。
その時、その本に書かれていたのが欧州の「死」を考える石についての話だ。


その石を眺め、「死」を考えると「生」が輝くという考え方。
その考え方に出会ってから、何かが変わった。


「死」を意識する。
すると、一瞬一瞬の「生」を意識することになる。
そうすることで、「生」を精一杯生きるようになる。
同時に「死」の前ではほとんどのことは大したものではなくなる。


頭の中にそれがあるため、「大変だ」と言われることなど、大して大変なことではない。
大変なことも、永遠に続くわけではないし、仮に永遠に続いたとしても「死」で終わる。


だからなのかもしれない。
失敗も恐れなくなっている。
失うものなど、大してないと感じている。


今回は、その「死」にまつわる名言をお話ししたい。
英国のコメディグループ「モンティ・パイソン」による言葉だ。


「人生はゼロから生まれゼロに戻るのだから、失敗しても何も損はしない。」


最終的には全てゼロに戻る。


裸で生まれ、裸で死んで行く。
何一つ残らないのだ。
失敗してもそのゼロに近づくだけだ。


失敗し、失うことなど、大したことではない。


※それに今お話ししている「商品を生み出す体制」のシリーズなどでも、失敗に対する対策をお話ししている。
ぜひ、ご一読いただきたい。


blogcopy2
[ 2012/03/31 11:57 ] 名言 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1208-af6c79ff













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。