ぐっすり眠る方法~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぐっすり眠る方法

blogcopy4


「疲れている」方へ


「俺は疲れている。少し休まないと。。」


仕事をしている最中、そう感じている方も少なくないと思う。


私が学生時代に好きだった本の中で今も印象に残っているものの1つが


デール・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」「カーネギー名言集」などだった。


何故か、お風呂に入りながら、何度も何度もあの本を読んだことを今も覚えている。


当時は社会人ではなかったが、
それでも、様々なことを教えてくれたのがあの3冊の本だった。


その中で今も記憶に深く刻まれている言葉の1つに
「私たちの疲労は仕事によって生じるのではなく、精神的(人間関係含む)なものが原因」というようなものがあった。


それが今も私の基本的な考え。
だからこそ、最も重要なのは「心」だと思っている。
強烈な気力があれば何とかなる。
でも、気力や精神力が機能しなくなれば、前に進むことができない。


ただ、精神的なものが原因であれ、肉体的なものが原因であれ、
「疲れている」というのは、良い仕事にとって妨げになる。


そんな時にオススメなのが


思い切り「寝る」ことだ


思い切り「寝る」。
そして、日々の「寝る」習慣を変えることだ。


「寝る」ことは毎日のこと。
それを変えることで、日々習慣的に「休む時間」が手に入るようになる。


漫画家の水木しげるが、
「適当にやらないとね、漫画家は、死ぬよ。寝なきゃ駄目」などと言っていたが、まさにそうだと思う。


漫画家というと、どれだけ大変な仕事かご存知ない方もいると思うが、あの仕事はきつい。
我々が一瞬で読んでしまう漫画の1ページ。
あれを描くのに、8時間かかっていたりする。
そのため、1日の労働時間も半端ない。
(漫画「ライアーゲーム」の作者も18時間労働だと言っている。)


その意味で、大変な仕事を長期間続けた水木しげる。
彼でさえ、こう言っているのだ。


寝ることだ


精神的な疲れにせよ。
肉体的な疲れにせよ。
普段よりも早く寝てみると、意外なほど好調になったりする。
寝るということは本当に重要なのだと私は思う。


常々、そう考えていたからかもしれない。


今日の日経新聞のPLUS1の記事は私の目をひき、隅から隅まで読んでしまった。


記事の内容は眠りの状態を測る機器を使って、夜の状態によって睡眠がどう変化するのかを測定したというもの。
呼吸や、脈拍、振動などを感知し、深い眠りなのか、浅い眠りなのかを測定したらしい。


「疲れ」をとるためには「深い」眠りにつく必要がある。


そのために必要なのは、「就寝1時間前に入浴する」こと、そして、「寝る前に軽いストレッチ」をすることということらしい。測定結果ではあきらかにその2つは深い眠りとなる。
当然、「疲れ」をとることにもつながるだろう。


逆に「浅い」眠りになってしまうのが
寝る直前までパソコンやテレビを観ること。
寝る直前まで飲酒
夜中にラーメンなどだ。


確かに飲んだ後、夜中にラーメンなどを食べ、満腹の状態で寝ると、あまり休まらない。
「夜中にラーメン」などを食べて寝ると、身体に負担がかかり、睡眠が浅くなるということだ。
寝る2~3時間前には腹八分目で食べるのをやめた方がいいらしい。


興味がある方はぜひ記事をご一読いただきたい。


「疲れ」をとり、
気持ちの良い状態で仕事をするためにも、ぜひ、素晴らしい「眠り」を日々の習慣にするよう意識したい。


blogcopy2
[ 2012/04/07 16:25 ] 独り言 | TB(1) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1215-6857a58e


まとめteみた.【ぐっすり眠る方法】

「疲れている」方へ「俺は疲れている。少し休まないと。。」仕事をしている最中、そう感じている方も少「道は開ける」「カーネギー名言集」などだった。何故か、お風呂に入りながら、何度も何度もあの本を読んだことを今も覚えている。当時は社会人ではなかったが、それで...
[2012/04/07 16:40] URL まとめwoネタ速suru











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。