消費者の感情~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消費者の感情

blogcopy4


消費者の感情



「市場は常に正しい」
そして「市場は感情が動かしている」



そう、投資の世界では言われている。


このことはこのブログでも書いたことがあると思う。


株式投資でも何でも良いが、投資をしたことがある方なら、経験があるだろう。


例えば、株式投資であれば、企業の業績はもちろん、「移動平均線」の動きや「PER」や「PBR」などによる割安感、その他様々な面から、実質的に優れていると考えられる株が必ずしも上がるわけではない。


実体と株価は連動するわけではない。
そう考えると、「市場は常に正しい」わけではない。
「投資で言われているのと違うじゃないか?」と思う方もいるだろう。


でも、あなたが投資に失敗したとして、
「あなた」が正しくて、「市場」が間違っているのかというとそうではない。


ある企業の株価が上がったとしよう。
実際に株価は上がった。
それに対して、あなたの分析ではその企業の株価は下がると考えていたら、その場合は市場が正しく、あなたが間違っていると考えなければならない。株価が上がったという「答え(結論)」が間違っていると言い出しても、仕方がないのだ。
まず、「市場」は常に正しいと考える。
そうでなければ、「投資」で成功できないのだ。


ただ、問題は中身が優れた企業の株価が必ずしも上がるわけではない。
あらゆる指標で分析したとしても、その分析結果の通りにならないのだ。


なぜ、そのようなことが起こるのか?
究極的に言えば、その市場に参加する投資家の「考え」、「心」もっと言えば「感情」が原因だ。


彼らの「感情」が物事を決める。


彼らの大半が株価が上がると考えれば上がる。
彼らの大半が上がると考え、大半がその株に投資するから、株価は上がる。
その意味では例え業績が優れていなくても上がる。


Facebook がまさにそうだ。
皆が「すごい」と感じているから、すごい評価を受ける。
でも、実際には売上は約37億ドル。
そして、純利益は10億ドルだ。
それほどではない。
明らかに「感情」が決めている。


実は、ビジネスも同じだ。


重要なのは消費者の「考え方」「心」


特に「感情」がかなりの割合を占める。


感情が世の中を動かしている。


投資対象企業の実体が直接株価に影響を及ぼさないように、
「消費」を決定するのに直接関係するのはお金ではない。


お金を持つことでも
仕事を持つことでもない。
給与が上がっても、それで必ずしも消費が伸びるわけではない。


「給与は少し上がったけど、将来は不安だ。
これがずっと続くわけではないだろう」



などと思ってしまえば、例えその将来の不安が現実にならないとしても、お金は使わなくなる。


最も重要なのは感情だ。


そのため、今回から、消費者の感情がどのような状況にあるのか?
それについてお話しして行きたい。


感情が世の中を動かしている。


■休みのご連絡
なお、明日4月12日木曜日から15日の日曜日までこのブログはお休みとさせていただきたい。
ご了承いただきたい。


blogcopy2
[ 2012/04/11 12:29 ] 顧客心理 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1219-6e9768a1













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。