独り言~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

独り言

blogcopy4


独り言


今日は進めている「消費者の感情」はお休みにし、別の話をしたい。


理由は簡単だ。


「書けない」


このブログを書く際、決めていることがある。
義務では書かないということ。
その意味で、今日は「書きたい」という気持ちがわかない。


ただ、理由は別にもある。
何かが見えそうで、見えないのだ。
何かが解けそうで、解けないのだ。
今日はそれを目の前のビジネスに照らし、考えたいと思う。


不思議なものなのだが、話すと何かが見えてくる感覚を与えてくれる人がいる。


その連中と話すと、「気づき」が生まれる。


そういう人が少なからずいる。


逆に「気づき」を与えれてくるどころではなく、「疲れ」を与えてくれる人もいる。
その連中と話すと、なぜか「疲れ」る。
自宅に帰ると、どっと疲れるのだ。
「気づき」もなく、「疲れ」もある。
私が人間が出来ていれば、そのような方の中にも何らかのヒントはあるのだろうが、まだその域にはいない。


その意味で、私にとって、「気づき」を与えてくれる人は非常に重要だ。


先日、飲みに行った


私も含めた4人の組合せもそうだった。


(その人たちに問題があるとまずいので、時間、場所、人、ビジネスが特定ができないようにお話しして行く。ご了承いただきたい)


そのうちの2人とは比較的飲みに行く機会がある。


定期的に開催していただいている
ある会があり、その時に深夜遅くまでその2人とはよく話す。


2人のうちの


1人は「情熱」の塊


もう7、8年の付き合いだ。
例えば、プライベートで一緒に飲んでいる時も、何かチャンスがあると思うと、さっと立ち上がり、その店の店員に近づき、「うちの商品扱っていただけませんか?」と売り込みをする。
「今は飲んでいる時間だから」と飲んでいる時は仕事をしないタイプではない。プライベートの時間でさえ、仕事をする。しかも、それを楽しんでいるような人間だ。


それに、学び方も「情熱的」だった。彼には経営戦略やマーケティングを教えていたこともあるのだが、「おー、すごいっすね」と雄叫びをあげながら、学んで行く。
「感情」と共に頭に刻み込むためだろう。
もう8年ほど前にした話なのに、未だにその時の話を克明にしてくる。


もう1人


彼は彼が社会人1年目の時に4ヶ月ほど仕事をご一緒させていただいた。
1人目の人とは違うが、
彼も「情熱的」という意味では一緒だ。
だが、一方で冷静さを持っている。その外見に似合わず、少しクールなのだ。
彼には話したことはないが、私の知っているある経営者の若い頃に似ている。


その冷静さがブレーキになることもあるが、それが彼の強みだと思う。
彼はその情熱的な部分と冷静な部分をうまく生かせるビジネス。
彼自身が心底惚れ、その冷静な部分をも活用できる、そのようなビジネスにはまったら、強烈な力を発揮できる人だと思う。


その2人に加え、


全く会ったこともないもう一人


最後の一人は異色だった。
一時海外に住んでいたらしい。
もちろん、海外に滞在していた日本人など、珍しくもない。


でも、変わっていたのは「○○歳でこうしようと思っています」と、人生の道も考えているところだ。
1年後も明確でない人が多い中、人生を「点」ではなく、「線」で考えるような、数年先の話もする特殊な人だった。
独特の視点を持っているのだが、同時に協調性も持っている方だった。


正直、その組合せは「どんな話をするのか?」と思っていたが、
これが


気づきが多かった


ビジネスの話ももちろんする。
でも、ビジネス以外の話をしていても、話の内容とは直接関係がない、私が関係しているビジネスのいくつかで気づく部分があった。


ただ、もやもやと見えない部分も残った。


自分が直面している問題及び
ビジネス全般に対し、何かが見えそうな、もやもやとした感覚も残った。
翌日、自分がイメージしていることを知人にも話したのだが、今も解けない。
その感覚は消えない。


でも、いくつか発見があった。


以前、ブログにも書いたが、
「気づき」があっても、行動できなければ意味がない。
これも事実だ。
でも、私は「気づき」さえあれば、何とでもなると思っている。
その意味で「気づき」や「考え」は財産だとも言える。


彼らには感謝したい。
「情熱」だけでなく、「気づき」も高まるのだから。


今日はその解けない問題のことも考えていきたい。


読者の皆さんには直接関係のない話だと思う。
でも、あなたの周りにも「気づき」を与えてくれる、貴重な方がいると思う。
そのような方をぜひ大切にしていただきたい。


blogcopy2
[ 2012/04/23 13:01 ] 独り言 | TB(1) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1226-905f0c34


まとめteみた.【独り言】

独り言今日は進めている「消費者の感情」はお休みにし、別の話をしたい。理由は簡単だ。「書けない」このブログを書く際、決めていることがある。義務では書かないということ。その意味で、今日は「書きたい」という気持ちがわかない。ただ、理由は別にもある。何かが見え...
[2012/04/23 13:16] URL まとめwoネタ速suru











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。