消費者の感情 7~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消費者の感情 7

blogcopy4


消費者の感情 7


このシリーズでは日銀の「生活意識に関するアンケート調査(第49回)」の「収入」と「支出」に関して、色々とお話ししてきた。


でも、それに対して
「数字が少しややこしいです」というご意見をいただいた。
いくつかの数字を横断して説明しているので、少しややこしかったかもしれない。


そのため、今回はこれまでの数字をざっとおさらいしたい。


「収入」


まずは「収入」だ。


こちらは1年前の収入と比べ、6.7%の人しか増えてはいない。
半数近くの方は減っているのだ。


全体としては、収入は「減る」方向に向かっている。
(これはここ数年は毎年同様の傾向だ)


それにもかかわらず、まだ起きてもいない「1年後の収入」についても、同様に半数近くの人は「減る」と思っている。減ったら増やそうと思っても良いのだが、現実はそうではない。
「世の中は厳しいし、仕方がないよね」と考えているのか、まだ起きてもいない未来の収入も諦めている。


■「現在の収入を1年前と比べると、どうか?」(2012年3月調査結果)

増えた     6.7%
変わらない 44.5%
減った   48.7%

■「1年後の収入を現在と比べるとどうなるのか?」(2012年3月調査結果)

増える    5.9%
変わらない 47.9%
減る    45.8%


「支出」


次に「支出」だ。
先ほど、「収入」は1年前の収入と比べ、6.7%の人しか増えてはいない。
半数近くの方は減っているとお話しした。
だが、「支出」はそれと違う動きを示している。
全体としては「収入」減にもかかわらず、「支出」は3割の方が増えている。


お金は入ってきていないのに、使う方が増えている。


だからこそ、預金などがゼロの割合は2011年には29%などということになっている。
金融資産が何もない階層は3世帯に1世帯近く。
バブル期には3.3%しかいなかったものが年々増えている状況だ。
しかも、生活保護受給者は約200万人だ。


もちろん、切り詰めようと言う意識はあるのだが、実際にはそう考えているだけで使ってしまっている。
それは「1年後の支出」が54%近くの人が「減らす」としていることからも分かるだろう。


■「現在の支出を1年前と比べると、どうか?」(2012年3月調査結果)

増えた    31.4%
変わらない  43.4%
減った    23.7%

■「1年後の支出は現在と比べるとどうなるのか?」(2012年3月調査結果)

増やす  4.0%
変わらない  40.9%
減らす    54.6%


以上が数字の概要だ。


「何で、こんな状況になっているんだろう。『貯金ゼロ』や『生活保護』になる前に収入が減ったら、お金を使わないようにすればいいのに」


そのように思うかもしれない。
そして、実際にあなたはそのとおり行動できる方かもしれない。


確かに、論理的に言えば、「収入」が減っているのだから、「支出」をおさえるべきだ。
だが、人は「論理」で動くわけではない。
「感情」で動いている。


生活するために仕方がないという方ばかりではないだろう。
「感情」を揺さぶる対象が目の前にあれば、それにお金を費やししてしまうのだ。
「お金を使わないようにしよう」と支出を押さえようと考えている方であっても、それにブレーキをかけることはできない。


多くの人は収入が減っている。
そのため、基本的には「切り詰めなければならない」と考えているが、
実際には切り詰められる方ばかりではなく、支出を減らすことができない方もまだまだ多い。


だからこそ、「生活保護受給者数」は増え、貯金がない世帯は3世帯に1世帯という状況になっている。


blogcopy2
[ 2012/04/24 13:17 ] 顧客心理 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1227-fa80e856













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。