ウォーレン・バフェットが語る「過ち」~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウォーレン・バフェットが語る「過ち」

blogcopy4


ウォーレン・バフェットが語る「過ち」


ウォーレン・バフェットの名言をここ最近、ご紹介している。


彼のことを好きになったのは私が「投資」にはまっていた時期のこと。
メアリーバフェットが書いたウォーレン・バフェットの投資に関する本などをよく読んだものだ。


投資について詳しい方にとっては釈迦に説法だが、
彼の投資は一般的にイメージされている「投資」とは違う。


よく言われている「優秀な経営者がいる最高の企業をまるごと買収し、経営者が事業に注力できる環境を整える」という大がかりな行動以前に、徹底的に経営の視点から物を見ているのだ。
(表現は違うが、ブルーオーシャン戦略なども含まれている)


何よりも私が彼に興味を持つのは


彼は経営者のように、その企業にどっぷりとつかって、客観的に自分の企業の状態が見えない立場ではない。
また、教授のように、客観的に企業を見えるが、自分の利益にも不利益にもならない、完全な他人ごとのような立場でもない。


ウォーレン・バフェットは投資家だ。
企業を客観的に見ることができる立場にあり、しかも、その評価が正しければ莫大な利益を生み、間違っていれば莫大な損失を生む主観的な立場でもある。
しかも、世界最高の結果を残した、
まさに世界最高峰の投資家だ。


だからこそ、彼の述べることはきわめて客観的であり、主観的であり、実践的なのだ。


その彼の言葉を今回はご紹介したい。


「新しい過ちを犯す前に、過去の過ちを振り返ってみるのはよいことです」
参考:「バフェットからの手紙」


「新しい過ち」はやってみないと分からない。
目の前の「今」は分からない「過ち」だ。


でも、「過去の過ち」は違う。
既に「失敗」すると分かっているものだ。
だからこそ、「過去の過ち」を見る。
そのシンプルなことを疎かにしてはいけない。


あなたの「過去の過ち」はどのようなものがあるのか?
そして、あなたはその「過去の過ち」を避けているのか?


「過去の過ち」を避けるように行動すれば、行動すればするほど成功確率が高まっていく。


この単純なことができない人や企業も少なくない。
だからこそ、チャンスはあるのだ。


追伸:海外に行くため、一時ブログを中断させていただきたい。
ブログの再開は5月8日(火曜日)の予定。


blogcopy2
[ 2012/05/03 16:02 ] 名言 | TB(1) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1237-05a5ae35


まとめtyaiました【ウォーレン・バフェットが語る「過ち」】

ウォーレン・バフェットが語る「過ち」ウォーレン・バフェットの名言をここ最近、ご紹介している。彼のことを好きになったのは私が「投資」にはまっていた時期のこと。メアリーバフェットが書いたウォーレン・バフェットの投資に関する本などをよく読んだものだ。投資につ...
[2012/05/05 13:10] URL まとめwoネタ速neo











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。