ヴァージングループ創業者が語る「英雄」とは~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァージングループ創業者が語る「英雄」とは

blogcopy4


リチャード・ブランソンが語る「英雄」


今回はヴァージングループ創業者
リチャード・ブランソン
彼が「英雄」について語る言葉をご紹介したい。


「英雄」と言うと、どのような人をイメージするだろうか?


逆境をモノともせずに前進する。
そのような人をイメージするかもしれない。


だが、そうではない。


彼が語る「英雄」とは次のものだ。


「英雄とは、自分のできることをした人だ。凡人は自分のできることをせず、できもしないことをしようとする人だ」


難しいことに挑戦する


確かに難しいと言われることに挑戦したり
逆境を乗り越えるような姿は美しく感じるかもしれない。
私もその気持ちは分かる。


長い年月、苦労を続け、ようやく成し遂げる。
そのようなものは素晴らしい。
そう感じるのも無理はない。


だが、我々の目的は長い間、苦労をすることではない。
長い間、ストイックになることでもない。


成果を出すことだ


成果を出すのであれば、
自分が勝てる土俵で勝負するべきだ。


自分のできることで成果を出す方が
自分のできない、難しいことで成果を出すより、よほど近道だ。
それは卑怯でも何でもない。


以前ご紹介したウォーレン・バフェットもまさに同じことを言っている。


「私たちはある程度の成功を収めることができましたが、
それは、飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに
精を傾けたからであり、2メートルのハードルをクリアできる能力があったということではないのです」

引用:バフェットからの手紙


自分が勝てる勝負をするのだ。
自分のできる勝負をするのだ。
いや、自分が容易に勝てる勝負をするのだ。


自分が難しくて、できないことはするべきではない。


そのためには自分のできることを知ることだ。
その中でも30センチのハードルに感じられるような「強み」を知ることだ。


そこからすべてが始まる。


追伸:5月11日および12日もお休みとさせていただく予定


blogcopy2
[ 2012/05/09 17:27 ] 名経営者 | TB(1) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1239-5d0e2c31


まとめtyaiました【ヴァージングループ創業者が語る「英雄」とは】

リチャード・ブランソンが語る「英雄」今回はヴァージングループ創業者リチャード・ブランソン彼が「英雄」について語る言葉をご紹介したい。「英雄」と言うと、どのような人をイメージするだろうか?逆境をモノともせずに前進する。そのような人をイメージするかもしれな...
[2012/05/09 17:39] URL まとめwoネタ速neo











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。