些細な差別化~ 売上増加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

些細な差別化

blogcopy1


些細な差別化


競合企業との差別化


そのように「言葉」にすると、
さも大がかりなものが必要だと感じてしまうかもしれない。
特に「頭」の良い人ほど、そのように感じてしまう。


でも、「この企業はやっぱり凄いね」と思わせるような差別化というのは
必ずしも大がかりなものだけではない。


些細な差別化は些細な効果を生み、
大がかりな差別化は巨大な効果を生む。
そのように考えてしまうかもしれないが、実際にはそうではない。
些細な差別化が巨大な効果を生むこともあるのだ。


数日前


ある方と銀座にいた。
カフェで数時間過ごし
その方と少し三越にあるレストランで食事をすることとなった。


ところが、カフェから外に出た途端、雨が降り出した。


一緒にいた方はもともと「今日は雨が降る」と思っていたのか、
普通に傘を持っていて、それをさした。


でも、私は違う。
常に折りたたみ傘を鞄にいれているので、
外出時に雨が降っていない時はまず普通の傘を持ち歩くことはない。
私は鞄にある折りたたみ傘を出し、さした。


そのような時、決まって嫌な気持ちになる。


「傘ぽん」


問題は「傘ぽん」だ。
「傘ぽん」というのは傘袋自動装着器のこと。
傘袋自動装着器全てが「傘ぽん」というわけではないが、新倉計量器という企業のものがその名称。
呼びやすいので私は全てそう呼んでしまう。


最近はどこにでもある。
私のよく行くスタバなどでも置いてあるし、
少し顧客サービスを意識しているお店であれば、置いてある。


手をぬらさず傘をそのスタンドの中に入れ、片手でその傘をひくだけで袋に入っているというあれだ。


悩み


でも、悩んでいたことがある。
それは折りたたみの場合、それが使えないということだ。
そのため、びしょびしょになったその傘をスーツ姿で持ち歩くことになる。
悲惨な状況だ。


折りたたみ傘は多くの人が使っている。
傘のランキングにも上位に入ってくる。
それだけ、折りたたみ傘を使う人がいるのに、それに対応をしているところは東京でもほぼない。


皆、びしょびしょになったその傘をお店の中で持ち歩くことになる。


「また折りたたみ傘を濡れたまま、持つことになるのか?」


そんなことを思いながら
三越に入ると、驚いた。


傘ぽんに「折りたたみ傘」専用の袋がついているのだ。
傘ぽんに折りたたみ傘用の袋をつけることができるものは元々あったのだが、それを店に設置しているのをはじめて見た。


「さすが、三越」


折りたたみ傘の袋をつけるということ自体、些細なことだ。
でも、私だけではなく、多くの折りたたみ傘を使っている顧客が不満に思っているものだ。
しかも、他社や他の店はやっていない。
些細な差別化だが、非常に大きなことだと思う。


差別化というとやたら大きなことをやらなければと思ってしまうのだが、細かいところを見て行けばいくらでもあるのだ。大きなインパクトを与える些細なこと。
積み重ねれば、巨大なインパクトになる。
それを改めて教えてくれた一瞬だった。


追伸 今回のことは非常に感動したのだが、希望を言えば、単なるビニール袋だったので、持つところ(取手)がついていると、持ち運びがしやすい。「傘ぽん」を作られている企業様に期待したい。


ちなみに傘ぽんはコレ


kp-96



blogcopy2
[ 2012/06/12 12:05 ] 売上増大 | TB(1) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://azabuconsultant.blog10.fc2.com/tb.php/1273-54187bd9


まとめtyaiました【些細な差別化】

些細な差別化競合企業との差別化そのように「言葉」にすると、さも大がかりなものが必要だと感じてしまうかもしれない。特に「頭」の良い人ほど、そのように感じてしまう。でも、「この企業はやっぱり凄いね」と思わせるような差別化というのは必ずしも大がかりなものだけ...
[2012/06/12 12:19] URL まとめwoネタ速neo











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。